~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年01月18日 (土) | 編集 |
先日、このブログの「闇ステーション」カテゴリを読み返していたのですが。
なぜか。

昔の記事は無邪気にいろいろしたりしてて(?)面白かったり。

んで、この辺の記事が目につきました。
チャイルド釣り

ガーゴイル釣り

闇ステーションというのは、なんていうのかな…
闇世界に作った宇宙ステーション出張所みたいなもんで、闇に迷い込んで出られなくなったエネルギーを保護・浄化して、宇宙ステーション経由でその人の行けるとこへ導くなり、闇にかえりたかったら別に止めないけど…みたいなとこで、施設そのものは既に閉鎖になってて、今は「闇の花園」になってお花畑化してます。
闇の花園についてはカテゴリ内に記事があるのでそちらを。

「釣り」っていうのは闇世界で迷ってる人を紫のランタンでおびき寄せて(?)闇ステーションへ拉致する…もとい、ご案内するという行為でして、
今、たまたまヘミシンククラスタの方のブログも過去分から読んでるんですけど、あの釣りってやつはヘミシンクでいうところのレトリーバルだったのかね?と思いつきました。

自分の過去記事をわざわざ読んだりして、こんなことを思いつくってことは…
そういえば宇宙ステーション自体最近行ってないしなぁ。呼ばれてんのかな?

と思っていたら、当日ワーク担当だった(毎晩カード引いて出てくる人とワークすることになっている)みしゅろんが
「よく気がついたね!!」
ですって。(いまだかつてみしゅに褒められたことってなかった気がス)

このところ、「座るだけでなにもしない」瞑想法が、とても気持ち良くて深く入れるようになり、寝落ちもしないので、宇宙ステーションとか意識してなかったんですよね~。

じゃあ、久々に行ってみるか。
以前だと頭のチャクラから出て上に上がる、シータで言うところの「上昇法」で行ってたんだけど、それで行こうとするとみしゅが
「入口変わったんだよ。こっちこっち」
っつって、連れていかれたのはハートの内側でした。
「意識が拡大したから宇宙ステーションも意識の外側じゃなくて内側になったんだよ」
ふむーん。
(入口変わった時点でお知らせしてくれてもよろしいんじゃないでしょうか…?とちょっと思ったり)

その時は、メタすゎんの執務室とかサンダルフォンのカフェとかでいつものみなさんに挨拶に行っただけで終わりました。

しばらくして、そういや釣りはどうなった、って思い出したところ、即、闇の中へ放り出されたらしく、紫の松明を持って佇んでました。
やっぱやるのね(。-_-。)
既に明かりに誘われて数十人ばかし周りに集まってきてます。

さて…以前だとここで闇ステーションへ誘導してたんだが、闇ステはもうなくなってるし、ヘミシンカーじゃないからフォーカスいくつとか知らんし(数字は一桁までが限度)。
と思ってたら、どうやらシータで言うところの第7層へ直で送っちゃっていいということらしかったので、松明の火を集団の周囲にバーっと巡らしまして、その炎が螺旋状に集団を包んで巻き上げるようにして「神の光の元」へ送りました。

炎に包まれた人たちは当然パニックですw
私も集団の真ん中にいたんですが炎は熱さはないものの、ビジュアル的にはショッキングなものがあったかもしらん。
「落ち着け落ち着けーい、炎からはなれて内側へ詰めなさーい、闇からの脱出がこの程度の浄化で済むなら安いもんだと思えやー」ってゲキを飛ばしていたような(鬼)

んで気がついたらまた1人闇の中に松明持って佇んでいる。
あれ~一緒に7層へ行ったつもりだったんだけどな~…まだレトリーバルする人が残ってんのかな~、人の気配はしないけども…
と思ってふと上空を見上げると、
巨大な爬虫類が背後で鼻息荒くしていました。
いわゆる「志村、うしろうしろ~!!」状態だったわけですね。

曰く、さっき釣りした人たちのネガティブ想念を食って生きてきたのに、私が上へ上げてしまったので、どないしてくれんねん、ということのようで、むっちゃ怒りモードいわゆる激おこのようでした。
ハイハイ、っつって爬虫類の周りも油をまいて火をつけ、螺旋状に燃え上がらせて7層へ送りました。

今回はこの辺で終了ということでした。
たまにはやっといたほうがいいのかも知らんね、レトリーバル。
スポンサーサイト

2010年07月24日 (土) | 編集 |
以前出てきた人に總二郎さんというのがいまして……
・50代くらい?のおじさん
・吹雪の中の一軒家に独り暮らし
・楡居の「本」を隠し持っていた
というくらいしか情報はなく……
りゅーらさんとこに「そーいちろーさん」がいて、やはり本を持っていた……というので驚いたというくらいで、その後は放置だったのですが。

唐突に「そういえばどうしているのかねぇ」という気になり……

というのも、宇宙ステーションで暴れてるのがいるというので、捕り物になり、宇宙ステでは最近専ら「レイ」の人で居るので、まあ、難なく捕まえまして。
その時に腕がびゅーんと伸びてそいつを捕まえたので、そういえばこの技メタすゎんも持ってたよね、確かそーじろーさんのところで見た……というので思い出した。
なので捕り物のその後はメタすゎん他にお任せして、そーじろーさんちへ行ってみたのでした。(そういえばその件はその後どうなったんだか?今の今まで忘れてた)

部屋は以前訪れた時と変わらない様子。
こっちは以前と違う「レイ」の人の姿なのだが、あちらからしたらさしたる差はないみたいで、「おー、ひさしぶり」とか言って普通に迎えられた。

そーじろーさんは、何でここに住んでんの。と聞くと、この「場」を守っているというような答え。
何から守ってんの?
「楡居が道はずさねぇように、すっ飛んでかねぇようにここで踏ん張っとかないといけないんだ」

……むむーん。そうだったんですか。

でもさー、正直、この吹雪の中じゃ不便じゃない?
この近くに家が出来たんだよ。庭付きだし、そーじろーさんの好きそうな家だと思うんだけどな。遊びに来る?

というわけで闇ステの家に連れて来たら、やはり気に入った様子。
縁側で「木がたくさんでいい庭だねぇ」とか言ってる。
ここに来る時はいつも夕方なのに、この時はピーカンの青空。そーじろーさん仕様?
気に入ったんならここへ越して来ちゃえば?楡居の為にあそこを守るって言っても、誰かが人知れずひっそり頑張って現状を維持する、っていうのも不自然だと思うんだ。あそこが重要なら本人含めみんなで何とかするし。
と言ったら納得したようで、闇ステの和室に住むことに。

吹雪の家は空間丸ごとシータヒーリングっぽく「神の光に返す」としてみました。

その後、そーじろーさんは体調を悪くして臥せってしまい……
結構無理をしていたようで、この家に来たら安心して張っていた気が緩んだのだろう、とのこと。
見た目そんなに「老人」という風でもなかったのですが、エネルギー的には相当消耗していたんでしょうか。
うちの副人格たち(人形さんたち)総出で介護をする。
「こんないい家で最期を迎えられるなんて」とか(おいおい)
「以前は『踏ん張っていても報われることなんてないんだろう』と思っていたが、心のどっかで『迎えが来てくれるに違いない』とも思っていた、ちゃんと報われるもんなんだなぁ」
とか、フトンの中から庭を見ながらずいぶん楽しげに長いこと語っていましたが、急に静かになったかと思うと、あずあず(アズラエル)とミカ先生がフトンの端を持ってフトンごと運んで行ってしまいました。
そ、そんな速やかに連れて行かなくても……

うーん、「報われないだろう」という思考パターンを握っていた人格、ということなんですかね……
解放されて嬉しそうにしていたので、まあ、よかったのだということに

と、そんなことがあって翌朝起きたら、千葉県震源で震度5弱の地震……
ちょっとビビる(汗)

そのあと吹雪の跡地に行ってみたら、お花畑になっていました。
うーん。そーじろーさん、引越しさせないで吹雪だけ止めてあげればよかったのかな?と思ったけど、そーじろーさんが居たままだと出来なかったとか何かあるのかな?




2010年07月17日 (土) | 編集 |
何の気なしに前々回記事にリンク貼った守護霊さん鑑定記事が思わぬところで機能していた(笑)

それとはまた別なんですが、自分でも記事を読み返してみて、「チャイルド釣り」もこの頃だったんだねぇ~と思っていました。
そういえば何だか「何処へでも行ける切手」の歌詞とも被るなぁ……
闇には「捨てられてしまった子供たちの楽団」とか「ガーゴイルにされてしまった女子」とかが暮らしているんですよ。
チャイルド釣り、まだ必要なのかねぇ……?と思ったり。

数日前、以前「サブパーソナリティ」として出てきた人が、闇ステに現れて
「今まで私は生きていることの恩恵にあずかりながら、感謝もなく不満を漏らし食べ物を貪り、なすべきことも怠ってきた」
「私は闇で迷っている人をお手伝いするために旅に出ます」
と大勢の前で床に手をついて言い出したのです。
自分は「ちょ!!キミが悪いんじゃないよ!!それは私のせいなんだから」とか横から言うのだが、何しろ人垣が何重も取り巻いてしまって混ざれず、結局旅に出る方向で話がついてしまう。
何とか人垣をかきわけて、「ちょくちょく帰って来い」とか言って石をいっぱい持たせたりするのがやっと。

なのでチャイルド釣りは彼女の仕事なのだろうと。

メタすゎん「彼女は自分の『ワクワクすること』をしに行ったのさ。
さて、あなたのしたいことは?」

ううーん……なんだろう。今ワクワクするのは……
とりあえず木の新芽が出てきたりしたらワクワクすっかな……





2010年05月27日 (木) | 編集 |
いろいろポツポツとあるので、ザックリ箇条書き。

「人間界に影響を及ぼしてはいかん」的な思考パターンがありました。
だからヒーリングもやっちゃいかんというブレーキが無意識に……
ぬふーん。こりもまたウリエルくさい。もーえーっちゅーの。オレが人間じゃっちゅーの。
これ浄化したからヒーリングもOKよね、ということで、改めてせっせとセルフワークをしております。
あと、ケヤキの挿し木、1つの鉢に植えていたのが窮屈そうになってきたんで、1本ハイドロ鉢に植え替えたら、根もだいぶカットしたし枝も少し傷つけてしまったんで、そちらへもせっせとヒーリングしたり。
これが元気に育ってくれたら、ヒーリングへの許可が下りたという実感になりそうですが……そういうプレッシャーじみたエネルギーを与えてはいかんかなぁ。今のところ、葉っぱが数枚萎れた程度で、元気にしているようですが。エネルギーはごんごん吸っているようなので、やはり必要なのかなあ……というかんじです。


宇宙ステーションの、普段行かないエリアへ行ってみたら、水族館ばりのでっかい水槽が出来てて、ウミガメだのエイだのがわっさー泳いでました。
ラファ先生「これどうよ?」
うーん……。水族館自体は好きなんだけど、この水槽はちょっとおっかないな……。子供の頃、動物図鑑の、海洋生物のページがおっかなかくて開けなかったのと同じ感覚だ。
ラ「ふふん( ̄ー ̄) じゃあ、ワークしないとだね」
……どSですねorz
ガラスに手を触れると、ガラスがにょろ~んと柔らかくなって、気がついたら水槽の中に入ってました。
およ。外から見てるとおっかないんだが、水ん中入ってしまうと気持ちいいというか、居心地いいんだな。
「外で傍観者しているのがイヤ」ってことか……ってことで、これも浄化浄化。


闇の花園へ久しぶりに行ってみたら、何か「闇」でなくなっていました。
暗いんだけど、空から光がツブツブ状に落ちて来ているというか、滲んでいるというか……
とりあえず、ケヤキの周りに白とピンクのマーガレットを植えて来ました。


[続きを読む...]

2009年11月08日 (日) | 編集 |
そういうわけでサミエルのボトルが来ているわけですが。
サミエルってサマエルですよね。
はい堕天使キタ。

実は以前ちょろっとサマエルが妄想に出てきていたことがありまして。
最近、似顔絵のリハビリ練習をしていた時に、ちょっと目の釣り上がった冷たそうな表情の人が出てきまして。
話してみると「ラファエル」ですと言う。

いやいやいや。違うなー。
ラファ先生こういう顔しないと思うなー。

と思っていると
「ちっ」
みたいな反応。
やっぱし違うんかい~~(゜Д゜;)
その後改めて聞いてみると「サマエル」と答えました。

そのあと、「闇ステーション」に来るというか呼んだというので、会いに(というか見に)行きました。
レミレミがルシ様の名前を餌に呼び出したとか言ってたような……。

しばらくしたらなんか、「千と千尋」でいうところの「2~3人飲み込んだあとのカオナシ」みたいな人が来まして……。
ラファエルを出せ、とか言うのですが、というか時々闇ステでラファエル指名の人が居るのですが、ラファ先生を闇ステに連れてくるわけにはいかないので……
千尋よろしくカオナシの前にしょっぴかれる「レイ」の人。
で、レイの人のオーラに当たると黒いところは変換されてしまうので、カオナシもゲ●吐いてヒトガタに戻りました。
その後はしばらく闇ステで静養だかバイトだかするようなことを聞きまして、2ヶ月かそこらくらい?放置していました。


今朝目が覚めたら、ステーションの自分(レイ)の部屋で寝ていて、誰かが横で一緒に寝ていて、誰なのか探ろうとすると、ラファ先生のようで、昨日の延長かなと思ったのですが……
やっぱりなんか違和感あると。
ラファ先生ってそういう……なんていうの?親密なかんじはしないのですよ。

「ちっ」
なんでラファ先生のフリするんですか……。

なんだろうな、ボトルの上層のオリーブグリーンがラファ先生の雰囲気をかもし出すんだろうか。でもオラソマ的にはラファ先生ロイヤルブルーだしなぁ……。
オラソマなアプローチが当てはまる人とはまらない人がいるのか?

そういえばこないだのオラソマのリーディングで
「サミエルは『神の毒』なんですよ」
「そういわれるとボトルも毒っぽい~~」
というやりとりがあり。
「神の毒」と「神の癒し」で対だったりする?

それにしてもアレだな……なんかこう
悪魔っぽい
ヒトに来られると、やっぱアレですよね……。例えばメタさんとかメタさんとか
「呼んだ~?^^」(布団の上からのしかかりつつ)
呼んでませんが、呼んだのかな……(ーー;)

結局3人で愛の循環やりますた。

昨日のラファ先生もサマエルが化けていたのか?と聞いたら「それは違う」と言う。
まあ、一応化けられていてもわかるようなので……そういうことにしとこうか。

例によって、ほんとかどうかはしりません。



2008年05月03日 (土) | 編集 |
ここしばらく、あまり星占い系がピンと来なくなっていましたが。

筋トレの4/28~5/4分。
「去年の9月、そして12月に起こった出来事をきっかけとして
今度は「本題」に突入する
という感じです。」
だそうで……。
来週分を見たあとで「そういえば今週はどうだったんだっけ」と思って見返したんですが、9月と12月って何があったっけ?と、過去ログを見直してみました。
こういう時にブログは便利やな~。

そしたら……。
9月は「ラドりんの似顔絵屋さん」が始まった。
12月は初めてオフ会で対面で似顔絵を描いた。
そして、今週は、ラドりん関連の宿題があって、繋がり方を見直さされた。

本題突入なのか……。

「似顔絵屋さん休んじゃったし、あまり描かずにいると手が鈍りそうだし、もっと上達しなくちゃだし」と思って、アンディ君をモデルに落書きをしたりしていました。
うん……正しい使い方だよね。この手の人形の使い道としては。
そしたらいつの間にか似顔絵描きモードになっていて……。それも、何やら興が乗ってしまい、見えないヒトたちのイメージ画を次々描きまくり。
天使系のヒトたちは一度描いたヒトは今まで出てこなかったんだけど。メタさんも最初に描いたのとそう違わないかんじで描いたりしてました。
ふーむ。どうやら宿題はクリアできたらしい……

[続きを読む...]

2008年04月22日 (火) | 編集 |
闇ステーションで、メタさんがOLさんたちに教えていたことで、肝心なのを書き忘れてた。
「闇に忘れ物があるなら取りに戻るのは自由。でもこれからは『愛』に同調するのを忘れないこと。愛に同調していればそれが道しるべになって、何時でも行ったりきたりできるから」

……で、また、何度かガーゴイル釣りをしまして。
釣るだけ釣って、闇ステーションへ送ったらダッシュで逃げる、なんてこともあり(ひでぇ)
何回かやったら、何となく区切りがついたようで、ここ数日は闇への強制連行はなくなっている様子。やれやれ。
で、各部屋を回ってみたら、メタさんは机に突っ伏して寝てるし、ザキさんまでベッドで寝てるし。

なーんか、隠密行動してるっぽいな……。(寝てると見せかけて)
というか私に見えてないだけで全然隠密じゃないのかもしれないが。

起きた頃を見計らってもう一度行ってみる。メタさんと一緒にザキさんちに行ってみると。
……なんで、風呂上がりで缶ビール飲んでるレミレミがいるんですか。
ザキさんちにはおっきい大理石のお風呂があって、常に紫のお湯が張ってあるのです。闇ステーションの入浴剤もここのを使ってるみたい。
ザキさんは起きぬけでぼえーっとしてるし。
メ「何よ、おまいら……けだるいな~(´・ω・`)」
レ「まあまあ、一仕事終わったしさ。まだこれからだけど」

けだるい2人は置いといて……。
メタさんによると、闇ステーションはガーゴイルOLが何人か従業員になったらしく、わりと人員が確保できたのでひと区切りとなったのだとか。
「最低限機能するようにしておかないと、こっちの連中を送り込めないからな」
あ、そう~。
送り込んでどうするんだろう……。

……関係ないけど、花粉症のシーズンから鼻うがいを模索していまして。
はじめ湯呑みでやっていたけどうまくいかなくて、次に「ハナノア」なる器具と洗浄液のセットを試しました。これもまあ、悪くはないのだろうが、私には向かなかった。
どうしても飲んでしまうのよね。
件の「ハナノア」のサイトによれば、飲んでしまうのは上を向きすぎだからで、正面を向いていればOKとのことでしたが、上向いていないと液が入ってこない。却下です。
で、ヨガの鼻うがいは、片鼻から入れて反対の穴から出す、のだそうで、こっちの方がやりやすいかんじ。
これには「ネティポット」というジョウロのような容器を使うのだそうです。
専用のじゃなくても、急須とかしょうゆさし(笑)とかでいけそうだと思ったので、何かいいのがないかと思ってキッチン用品コーナーを探していたら、こういうオイル用ポットがありました。ステンレスだしいいかもと思って買って使ってみました。
そしたらこれがいいのですよ!!
喉を通しても、反対の鼻穴へ通してもバッチリ洗えるし、角度がバッチリ決まって飲まずに済む。
オマエは今日からオイルポットではない!ネティポットや!!とプログラミング(笑)
ちゃんと鼻うがいが出来るとむしろ喉の浄化になるのか、タンっぽいものが出ます。
花粉症シーズンが終わったので数日サボってましたが、久々にやったら密かに鼻つまってたみたいで通りが良くなかったです。やっぱ毎日洗う方がいいのかな。
多分一番小さいサイズ(350ml)なので、液はぬるま湯をこれにめいっぱいにティースプーン一杯の塩、でOK。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。