~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月10日 (金) | 編集 |
日常的にお世話になっているワークの話を、いい機会なのでまとめておこうかと。

普段はたいてい、レイキとハンズオブジーザスのあわせワザ。時々MAP、ヒーリングテンプル
「プレアデス覚醒への道」(アモラ・クァンイン著)に載っているワーク、簡易的なクリスタルヒーリング、紫の炎系もちょくちょく。
最近はワンドを使ったりLBRP(小五芒星術式)をしたり、西洋魔術っぽい方面へも興味が出てきてるかも。

あとはイメージワークというんでしょうか。つまり、いらなくなったエネルギーを天使に取り除いてもらうとか、過去生を覗いて必要なメッセージをいただくとか、そんなことを。イメージと言えば聞こえはいいけれども、物心ついたときからマンガ描いていたので、脳内でネタや妄想練り上げるのはお手のもの(笑)。でもこれで体調が良くなったりするんだから面白いですなぁ。
最近出てきたイメージで、チャクラを体の中の段差と捉えて、小さい自分がアクションゲームよろしくその段差1つ1つにジャンプで飛び乗ったりよじ登ったり、というやり方が、ちょっと面白いかもと思って時々やってみてます。バランスの悪いチャクラだと段差の床が薄かったり狭かったり傾いていたりして落っこちてしまうので、イメージで床を広くするようにしたり。
ゲームやSF系のマンガ・アニメって意外とイメージングの補助に使えるであります。

私は6:4か7:3くらいで左脳派人間らしく、色をイメージするチャクラワークは苦手。
誘導CDも時々使いますが、今手持ちにあるCDだと、越智啓子さんのCDは色をイメージさせる方法。ナレーションは好きなんだけど。ワイス博士のは、チャクラのある体の位置を意識するようにさせるやり方で、まあまあかな。
ドリーンさんのチャクラクリアリングCDでは、各チャクラを浄化することによって得られる効果をアファメーションにして唱えさせるというやり方で、相性としては一番いいかもしれない。左脳派人間には言葉を使うやり方があっているんだな~と改めて思ったです。
(とはいえ、CDとしては、医師本人の声で誘導してもらえる越智先生のが一番いいかな~と思ったり。)

スポンサーサイト

2006年11月10日 (金) | 編集 |
これより前の日付の記事は旧ブログからのよりぬきなので、旧ブログからお越しの方はスルーして下さい。

よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。