FC2ブログ
~ 内なる炎を燃やせ 燃焼系人生ワークブログ ~
2007年03月05日 (月) | 編集 |
さてさて、ザドキエル経由→師匠に会いに行った時の話。
以前行った、どでか水晶のある洞窟に突然ワープしてました。
一度行くと、次からは道のりはショートカットできるらしい。
で、やっぱり明るすぎて何も見えねぇ!ししょー!いるんかいー!?
「静かに。この子が驚くだろうが」
と足元から声が。ありゃ、そんな近くにいたんですか……。「この子」というのは例のでか水晶のことみたい。

目が慣れてきたせいか、ちょっと周りが見えてきた。
初老の男性がしゃがみこんで、岩を慎重に削っている。
……そういえばちゃんと師匠の外見を認識したのは初めてだぞ。それでも普通に「あ、師匠」って思うもんなんだな(まあ自分で作ってるイメージだから)。
石掘ってるんですか?と覗き込むと、左手を広げて見せる。透明な細い鉱物が何本か。互いに触れ合うとしゃらしゃら音がする。
シンギングクォーツか?それともベリル?それともこないだtianに入ってた、良薬か劇薬かっていうミゾナイトか?
……これから必要になるものなんだろうか?(とか、また石買う口実を……)
ま、お元気そうで何より……。

その後、他のガイドスピリットにも会えるらしきことになった。
またいきなり場所が変わって、師匠と一緒にダイニングっぽい部屋に入ると、細長いテーブルに2人か3人ほど人が座っている。私は右側、師匠は左側にその人たちと並んで座る。
この人たちもガイドさんなんですかい……?
一人はちょっといかついめの体型なのはわかったけど、他の人たちはいるのがわかる程度、シルエットくらいしかわからない。
私の隣には、私より少し小柄な女の子が座っている。なぜかこれは守護天使だなと思う。こないだ水晶に彫ってもらったのの、太った方(笑)に雰囲気が似ているし。
確認しようと思ったけど、またしてもカラータイマーがぴこんぴこんしだしたので、未遂に終わる。くぅ。でも言葉を交わしたような気もするので、もしかしたら確認したのかもしれない。
守護天使は何回か、相手してくれる担当が入れ替わっているんだけど、どれも女の子っぽいかんじなんだよね。今把握しているのは名前も女の子風だし。しかし現れ方がさりげなさすぎじゃよ……もっとばーんと出てきなよ……。


……と、まあ、こんなことを、土曜の晩から日曜の朝にかけて、ごろんごろんしながらやってたのでした。3本立てじゃよ……。
一人上手万歳(笑)
スポンサーサイト




2007年03月05日 (月) | 編集 |
忘れるといけないので早めに書いておこう。
というわけで前回の続き。

ミカエルんところでカラータイマー点滅しだした時、あわてて訊いたのが
師匠、あの後どうなりました?
ってこと。
もっと早く訊けorz
師匠、居ることは居るような気がするけど、結局あの後会話らしい会話はしていない。脳内ぐるぐるリフレインはなくなったので、思い残しはクリアになった……と思うんだけど。
「彼はちゃんとそばに居るよ。光の源に居る割合が多くなったけど。光の世界とあなたの世界と、片足ずつ突っ込んでいる状態だと思えばいい」
何しろタイマー点滅中だったのでちゃんと聞き取れたのかわからないけど、こんなような回答だった。

で、現実の、ベッドの上に戻ってきたわけで。
寝る前に、何となく、ザドキエルとも話をしておかないとな~、なんてなことを思った。
ザドキエルは私がスピ系に足突っ込んで、ドリーンさんの本読んで自動書記ごっこみたいなのを始めてからずっと、筆談通訳をしてくれていた、ということになっている。
そのわりに、ザドキエルからメッセージをもらおう、とか、そんなにしてこなかったような……(ヒデェ)。
絵に描いたりはしたけど……あれはザドキエルだって知らずに描いていたからな~。
というわけでちゃんとお話しとかないと、という気になった。ので、呼んでみた。
そしたら「あそこで待ち合わせしましょう」と言う。
珍しい。筆談通訳の契約が終わってからも、ザドキエルが話しかけて来る(と思われる)時は筆談だったんだけど、今回は直にセリフが出てきた。
あそこって、宇宙ステーション?そかそか、あそこでね……と思いながら、寝てしまった。

朝、目が覚めて「うわ、やべぇ、約束したのに寝ちゃったよ」と思って泡食ってステーションへ。こんな泡食った状態でも行ける時は行けるようで。
ステーションに入ったところで、自分の容姿がどうなっているのかチェック。トイレが見つからないので、そのへんのステンレスっぽい壁にうつす。
……。蝙蝠羽根は生えているけど、爬虫類、ではない。人型だ。
しかしこの、コルセット&バッスルでボンキュッボンなドレスは一体!?
上半身は肩丸出しのビスチェ、下はヨーロッパ貴族みたいなスカート。服もメイクも黒一色。しかも背中に蝙蝠羽根。
どんなコスプレだよorz
なんか、爬虫類とは別ベクトルで、武装してないか……?
そのまま廊下を歩くと、爬虫類の時より明らかに浮いてる……周りの視線を感じる。
うへぇ。

また、適当な扉を選んで開ける、と、ちょうどザドキエルの部屋。
部屋の大きさはミカエルの書斎と同じくらいだけど、こちらは開放的なリビングというかんじ。大きなテーブル以外調度品は少なめで、大きな窓が開け放たれて庭だかサンルームだかに通じている。
一人一人に、部屋の割り当てがあるのか?「アンジェリーク」で言うところの守護聖の執務室なのか?それとも私のネオロマ属性脳に合わせてこういう形式にしてるのか……?
ザドキエルはパステル調のスーツを着ている。

あとから気がついたけど、アレですか……?面会するには、一度絵に描かないといけないんですかね……?と、それは置いといて。

[続きを読む...]
テーマ:天使
ジャンル:心と身体