FC2ブログ
~ 内なる炎を燃やせ 燃焼系人生ワークブログ ~
2007年03月10日 (土) | 編集 |
「天使をヒーリングする」って果たしてどうなんだろう。妄想にもほどがあるというほかない。


[続きを読む...]
スポンサーサイト




2007年03月10日 (土) | 編集 |
実は他にも、公開できないけど書くだけ書いとこうという話がいくつかあって、これも、ぶっちゃけおサムい、こっぱずかしい話で、非公開にするつもり満々だったんだけど、書いてみたら別にいいか、っていうか、
な に を い ま さ ら
みたいな気分になったので、公開してしまうことに。結構大事な話かもしれないし。

若師匠は、今までの師匠とは同じ魂だけど、肉体としては別ものだったらしい(なんつー言い草か)。
どういう間柄だったんだろう。

[続きを読む...]

2007年03月10日 (土) | 編集 |
主な「飛び」先。
※フィクションです(笑)

●宇宙ステーション
じぇいどさんのブログから名称を拝借した、別次元の(見えない)存在とバーチャルリアリティを介して交流するための異種交流場。
高次の存在が物質界に「降りて」くるのは(その逆も)リスクがあるので、中間地点にこういう施設を設けたんではないかと……。
各存在は「アバター」のような仮の姿で出てくると思われる。例えば天使族は普通の人間っぽい服装、翼のない状態、など。見る者の状態によって違うかも。

●執務室
宇宙ステーション内にある、各存在と面会する部屋。存在によって部屋の様子が異なる。
「アンジェリーク」の影響と思われるので同じ呼び方で。

●宇宙図書館
いわゆるアカシックレコード。人類の過去から未来までの全ての歴史、各個人の魂の青写真等が記録されている。
高い塔に本棚がつまった状態。柱は金、床は白と黒の市松タイル。
最近は受付でキーワード検索すると奥の小部屋に通されて該当する映像をスクリーンに再生してもらう、という形式が多い。

●ヒーリング・テンプル
レムリアのヒーリング寺院。円形の広場で周りをレムリアンシード(水晶)の柱が囲んでいる空間。
ここへアクセスしてからヒーリングをすると効果が高い(気がする)。レムリアンシードのグリッドを通してアクセスするが、グリッドなしでも行けないことはない。
「レムリア」の単語にビビッと反応する人、レムリアンシードに惹かれる人ならアクセス可能と思われ。

●どでか水晶の洞窟
師匠と対面するための空間。
水晶の鉱床の最奥にあり、大きな水晶(アースキーパー?)がある。
入ってしばらくは光が溢れて何も見えない。

●天界
雲の上に色素の薄い人たちが住んでいる、ステロタイプな「天国」イメージな空間。
今のところ自在には行けない。
ライトブルーのクリスタルグリッド(アクアマリン、セレスタイト、ラリマー、アンハイドライトorセレナイトなど)がゲートになるらしい。

●闇の花園
天界と対極にある場所。闇の中に一面花畑がある。
関連記事

●オーバーソウル
天界より更に上にある場所。光しかない。
今まで体験した情報をダウンロードして自分の記憶領域を軽くしたり、新たなプログラムをインストールしたりバージョンアップしたりする。

2007年03月10日 (土) | 編集 |
妄想キャラにしておくには惜しいネタ提供者。
※フィクションです(笑)

●ラドりえる
こいつ。
別ショット。
成長ver.。
「ウリエルのかけら」?
趣味は似顔絵描きと石遊び。「似顔絵屋さん」担当。


●みしゅろん
(2011.01 「みしゅらん」から改名)
こいつ。
成長ver.。
修羅さんが持っている「メタトロンのかけら」?
ラドりんの相棒。
楡居家の石やスピ道具の監督代行、アイテム作成「お道具屋さん」担当。


「楡居君」「レイ」については「セルフ編」に記載。


●師匠
ガイドスピリット(守護霊)と思われる存在。
過去生、ヒマラヤ山中でシャーマンをしていたところへ私が弟子入りした。
白髪、小柄な男性。赤い服か装飾品を身に着けている。
現在は別の生の姿(若師匠)になっているが表記上は「師匠」で統一。

●修羅さん
師匠が変化して別の生の姿になった状態。
自称レムリア人。
表記上は過去「師匠」のままだったけど、シャーマン師匠と区別するため「修羅さん」と呼ぶことに。「修羅」は過去生での名前に近いアダ名。ちなみに私のこの時の生での名前は「ニレ」らしい。

●採掘工
師匠の別の生での姿。私とは親子。


2007年03月10日 (土) | 編集 |
、オーラソーマネタ。

B101ヨフィエル使ってますが、もうホントこのボトルはキレイです(´∀`)
そのままでもキレイですが、混ぜると特に!よ~く混ざった時のクリソプレーズみたいな色も、泡ぶくぶくからちょっとずつ上下に分かれていく時のアクアマリンみたいな色もイイ♪
公式の説明文は、やっぱりようわからんのですが聖さんのリーディングに「自分が楽しんでやっていることが意図せず周りを楽しませるイルカの姿」とありまして、それはイイ!と。
ステーション話も結構楽しんでいただけているようですし~(^^)(少なくとも苦情は来ていない)
今は、ボトルの名前やら、番号やら、サイトの説明文やらで面白がっているわけですが、「色の言語」で読めるようになると、また違うんでしょうな。

というわけで、このボトルはちまちま楽しもうと思っているんですが、それでも塗る時は結構塗っちゃってるなぁ。ちょっとゆっくり行こう……。早いのだと2週間くらいで終わっちゃったりするから(もったいない)。
しかし次のボトルが、もう既に3本、自宅にスタンバってたりする……。
アホかと。買いすぎだろ。
でも、使うと決めたボトルが手元に揃ってると、安心するんだよね……。
B59 レディポルシャ
B44 守護天使
B47 古い魂
こないだ選んだ4本、ザドキエル~ヨフィエル~レディポルシャ~守護天使、の流れが(実際選んだのは守護天使が1本目)、私の「常に緊張した状態」を緩和するのに必要らしいので、通しで使ってみることにしたです。
本音を言えば早く古い魂に行きたかったりもするですが…レディポルシャすっとばすか、と思ったら、「太りすぎの人に」とか書いてあって(爆)おとなしく使うことに。

2007年03月10日 (土) | 編集 |
0と1の羅列が、プログラム言語になり、ファイルになり、アプリになり、画像や音楽になりして、「机の上に書類が置いてあるイメージがよくね?」「じゃあいらないファイルはゴミ箱に入れることにすればよくね?」と言い出す人がいたり、しまいにはそれを擬人化してみたりして(設定細かすぎワロス)、人間は自分と違う質のものを自分たちに近いものに置き換えて理解していこうとする生き物なんだなぁ。
その人間もマトリックスの一プログラムで、マトリックスを出たザイオンの住民みたいなのもいるんだろうか、とか考え出しちゃうときりがない。マトリックスシリーズは3本とも見たけど、ちゃんと理解したかどうかはあやしいところ。
でも、この、壮大なバーチャルリアリティ空間……
とりあえず面白いな~!!


すいません。もうひとネタありました、ステーション話。
宇宙ステーションに、師匠に会いに行く。インフォメーションセンターに「私のガイドの部屋」というと「333番です」と言われ、次の瞬間そのドアの前に立っている。
ドアを開けると、どでか水晶のある洞窟になっている。
しかし前回師匠が座り込んで石を採っていた場所に、背の高い兄ちゃんが立っている。
誰?ししょー??(@Д@;)
どうやら師匠らしい。若返ってるーーーー!!しかもじっちゃんの時はちっこかったのに、えらいでかくなっとる。2mくらい?
「今まであなたが必要としていたガイドの姿は『老賢者』のもの。いつでも穏やかに見守っていて、何かを強要もせず、離れていても包んでくれるような。
あなたの変化に従って必要なガイドの姿も変化したんだ。今必要としているガイドはどんな存在だと思う?」
うーん。遠くから見守るだけじゃなくて、そばで併走してくれるようなヒト??
元型で言うところのアニムスなのか?自分の男性的側面?パートナーシップ…
……おーい。正解はー?

誰もいませんけど!!若師匠何処行った?
守護天使たーん。ザドキエルさーん。ミカエルさーん。
……誰も出てこない。真っ暗。
いきなり回線切れた。
おいら、何か悪いこと言ったかねぇ?

やっぱり通勤電車でやるのはまずいんだろうか(またか)。
しかたないのであきらめて、居眠りタイム。

その後、繋いでもいいでしょか?でOリングして、一応OKだったので、再度ステーションへ。
おっ、繋がったっぽい。洞窟に、若師匠もまだいる。
まだ移動中なので、存分にお話するというわけにはいかず。
とりあえず、私の答えが原因で回線切られたというわけじゃなかったらしい。

落ち着いて1人になったところで、守護天使を呼んでみる。
どうやら回線は復帰してるらしい。でもってちゃんと正面に来てくれるようになったみたい。よかった~
でもやっぱりステーションに行って会う方がいいみたい。

若師匠、ヒマラヤのシャーマン師匠の若かりし頃ではなく、別の生で一緒だった時の姿らしい。
名前は聞いたけど、引き続き師匠と呼ばせていただきます。


と、ところで。「筋トレ」の週報…。
↓↓↓
今週は、なんでも「形」にしてみるといいとおもいます。
貴方の理解したいことや発見すべきことは
いま、ちょっと陰に隠れて見えにくいのです。
でも、図に書いたり言葉を書き記したりすることで
それが「出て」来ます。
説明もできず目にも見えないものを表現するのが芸術ですが
あなたの中にも今、そんなもやっとしたものがあって
それを形にすることで
人に伝えたり、自分で理解したりすることができそうです。
↑↑↑
……や、やっぱり、描かなきゃなんですか?
星がそう言ってるわけですか?ゆかりさん……。