FC2ブログ
~ 内なる炎を燃やせ 燃焼系人生ワークブログ ~
2007年03月15日 (木) | 編集 |
以前も書いたけど、食生活が少しずつ変わっていっている。
まずは乳製品断ち。毎日果物にかけて食べていたヨーグルトをやめて、果物には豆乳をかけることに。
ゴハンは以前から母が玄米や五穀米を炊いてくれるし。
あとはコーヒー。
となると、もうスタバなんかにはいけませんなぁ……。
あまりにガチガチに禁止してしまってはつまらないので、スタバでは豆乳か無脂肪乳にしてもらうことにして、コーヒーは一日一杯以内ならいいことにしている。
でも、別に飲まなくてもいいよねぇ、ってかんじになってきた。
どうしても、疲れて、座って休憩したい、となったときには、グレープフルーツジュースとかスープ類を注文するようになった。
チョコレートよりも、素朴なクッキーっぽいものの方が食べたくなる率が多くなっている。
牛肉や豚肉、揚げ物の類も、そんなに食べたいと思わなくなってきたし、たまにいただいても少~しの量で満足。
別に家族同士示し合わせて、食生活をいじってるわけではないんだけれども、みんな全体に食べる量が減ってきていて、だから外食しようとすると店選びが大変(笑)

高次の存在と繋がりが深い人は、よく、食生活に口出しされたりしているじゃないですか。
私はそういうことはないんだよな。どころか、おやつ出されてるし。宇宙ステーションで、ザドキエルの庭でまったりしてる時に、お茶とケーキが出てきた(笑)お茶はストレートティー、ケーキはパウンドケーキ風の素朴なヤツ。お茶が熱々でおいしかった。
この場で飲食することの意味ってなんなの?と聞いたら
「単純に、エネルギー補給。精神の安定もはかれるし。お茶がおいしいとホッとするでしょ」
ふーむ…食べることでそういうものを得たい、あるいは得られると思ってる、ということだな…自分の作ってるイメージですからの。あと、一緒にものを食べるというと、「同じ釜の飯を食う」的な、相手との絆を深くしようとする意味もあるかも。
これが、三度の飯より瞑想、っていう人だと、瞑想のイメージが出てきたりするのかも。
その時はメタトロンらしいのも来ていて、まくまく食ってお茶で流し込んで去って行ったり(笑)
スポンサーサイト