FC2ブログ
~ 内なる炎を燃やせ 燃焼系人生ワークブログ ~
2009年01月10日 (土) | 編集 |
ヘミシンクをさっそく夜聞いてみましたが、なんか微妙……
手足がぽかぽかになって、身体的にはリラックスしたのだと思うのですが。
誘導する男性の声が、大きくなったり小さくなったりするのは仕様……か??
それが、螺旋階段を上がって雲の上に出たところで、以降指示が何もないまま終了。
なんとなく腑に落ちなくてぐぐったら、「啓示の場」がどうの、階段を降りるのという記述が…啓示の場というのは雲の上がそうなのだろうが、そんな単語は聞いた覚えがないよ。
ヘミシンクっつうのは説明書きによると、右耳と左耳に違う音信号を聞かせることで、脳の中で「第3の音」を聞かせるのだという(おおざっぱすぎ?)。
ということは今なっている音は、実際鳴っている音なのか、脳がだまされて聞かされている音なのかわからないわけだ…とか思うとなんだか落ち着かない気持ちに(笑)
そのせいで誘導が聞こえなくなるとかいうことはあるのかね……?あるいはCDプレイヤーが古いからとか、ヘッドフォンが古いとかか。しかしこのために新しい機器を揃えるのもどうかと思う(CD一式そろえちゃったのならともかく)。今度はPCで再生して試してみよう、と思いました。

アクアマリンの柱状結晶が欲しいとほざいていたのは池袋みねらりの前でしたが。
みねらりではアクアマリンもたくさんあったけど、出会いはなし。
が、ここ数日急に「ぐわっ!!あくあまりーん!!!」となった。
……あるんですよ?うちにも、それなりに。
でも今まで選んだのはどっちかっつうと「色」重視というか「形や透明度は二の次」なところがあり、「それこそ水のようにクリアーでシュッと6角形の結晶がほしー!!!」となって、ぐぐって出てきた写真を眺めて唸ったり、ぽちっと行きそうになって唸ったり、「丸甲さんのフェア最終日行ってみるか……それともあそこのお店なら高いけどありそうで云々」とか唸ったり、落ち着かないったらありゃしない。
いやいや待て。おかしいぞ。
職場のトイレで紫の炎を召還しつつ「何で急にアクアマリン……?」と考えていたら、誰かがゴホゴホ咳をしながらトイレに入ってきた。

!!
喉のチャクラの問題!?

とピーンと来た時、メタさんは正面でニラニラしていて、ザキさんはその横でブンブン棒のながーいのを振り振り「もう火消していい~?」とか言ってる。
なんか急にステーションモードに……というか、ステーションっぽい場所じゃないけど。
「そ、ここ『啓示の場』だから」
そうか、階段降りてないもんな。

喉のチャクラには、両手を合わせると金色の円盤状のものができるので、それをチャクラの円盤に重ねると、少しスッキリ。
年末に引いた風邪が何だかずっと喉にだけ残ってて、4日の新年会の時は「ちょっと鼻声」程度だったと思うんだけど、会社が始まったら声がガラガラになってしまったのです。
やっぱそういうときはチャクラ掃除なんだねぇ……。
その後、アクアマリンの画像を見てみても、特に何もなし。冷静に「キレイだね~」っつって見ていられる。

ヘミシンクは、PCで再生してみたらちゃんと誘導が聴こえました。大きくなったり小さくなったりもせず。
CDプレイヤーのヘッドフォンの接続に問題があったらしい。部屋でヘッドフォンで聞く事なんかないからなぁ。
が、階段を上ったあとから降りはじめる間の記憶がないorz寝落ちか!?
今回はちゃんと階段を降りてこられたからいいか……。
スポンサーサイト