~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月27日 (金) | 編集 |
ちょっと発見が。
むかーし参加した石グリッドのワークショップで、グリッドの読み方の法則として「右側にある石が過去に携わったこと、左側にある石がこれから着手することをあらわす」という説明を受けました。
「タロットは逆だった気ガス」と漠然と思いつつ、深くは考えず、そういう流儀なのだなと思っていました。
で、先日みゃみゃさんに石チャネリングのお話を伺っていたとき、「送る手は右手で受ける手は左手だっていうけれど、『愛を送る練習に』という石は左手に持てと言うし、『回路を調整します』という石は右手に持てと言う、一見逆のように思えるのだけど」というようなお話があり。
なじぇゆえに石の時は逆っぽくなっちゃうだス~?と改めて思ったのですが。

わかったよ。
石のグリッドは「クライアントの体に並べるもの」として、「石の下にある人体からの視点」で見るんだ。
実際に体に並べなかったとしてもそのように作用するんだな。

なので、向かって右側の石は左手で「既に受け取っている」エネルギーであり、左側の石は右手から「放出しようとしている」エネルギーなのだな。

そういえば昔、石のエネルギーを気功っぽく感じるのにやっきになっていろいろ握り比べていた頃、石のエネルギーを感じようとするときは右手に石乗せて左手をかぶせるようにし、逆に石に自分の名前を名乗ったりするときは、左手に乗せて右手をかぶせて言葉のエネルギーを送るイメージをしていた。
最近そういうことをあまり一生懸命やってなかった……
だから「エネルギー送りたい石を左手」だったんだなと。

たいしたことじゃないけど、自分としては「ウォーターーー!」くらいの(笑)
スポンサーサイト

2009年02月26日 (木) | 編集 |
せっかく写真撮ったのに画像のupが出来ませんぞ。

今部屋にグリッド作ってあるんですが、私的に「目玉」のある石が旬な感じでして、目玉というか渦巻き?オーシャンジャスパーとか、ああいうマーブル模様の石。人によっては気持ち悪いと思うかもしれませんが……。
で、そういう模様の石を中心にしたグリッドを部屋においてあるんですわ。

そしたらおとといあたりから急に右目が痛くなってきた。
花粉症はまだ鼻水ずるずるとかまでいっていないけど、目がかゆかったりくしゃみは出たりしていて、うっかりこすってしまったかな、と思っていましたが、1日経っても治らないので、早めに職場を出て眼科へ行ったら、ものもらいのなりかけというか、細菌で炎症を起こしているということでした。
3日後にまた来てくださいと言われたのですが、土曜日じゃん。会社の近くまで行かなきゃいかんのかぃ(家から遠いので)……と、まあ、それはさておき。

で、帰宅したらTVで「レーシックの器具を消毒しないで使ってて感染症」というニュースをやってたり……

なんか、「目」がテーマなのか?
何か、目を背けていることがあるとか……

2009年02月24日 (火) | 編集 |
週末は2日とも遊びまわってリフレッシュしてきました~~

土曜日は、海へ。
ランチのあと、海沿いを一駅分散歩して、ビーチコーミングなどしてみたり。
波で磨かれたのか、つるつるキレイな石があったので、思わず持ち帰ってしまった。
拾った貝殻はコケ盆栽の器に。
早咲きの桜並木を見て、無農薬野菜とかお魚とかの即売をのぞいたりして。
たくさん歩いたのでさすがにちょっとくたびれましたな。

日曜日は初めてのスタポ
ツーソンの石を見て、ハマダヨーコ氏の「石磨き」ワークショップへ。
約2年ぶりでしょうか、久々に拝聴する名調子、その場にいるだけでもシアワセになりますね。
石磨きっても、研磨じゃなくて、あらいぐまのようにきゅっきゅきゅっきゅ磨くのです。すぐれものの浄化グッズの紹介もあったのですが、これは注文してみてから書こうかなと。
持参したレムリアンシード玉やいつもしている翡翠の指輪がピカピカに。
またまたのわさんとご一緒させていただきました。ファミレスで話し込んで何気に終バスを逃したり(笑)

で……
石屋へ行って手ぶらで帰ってこれようか、おりゃー
というわけで、またしてもいろいろお迎えしてしまったのでした。
ボツワナアゲートのかわいらしいタンブルがたくさんあって嬉しい。
キラキラのフローライトとか。
そして性懲りもなくレムリアンシードを……

そろそろいい加減にしろよという声がしそうな(^^;)

2009年02月21日 (土) | 編集 |
先日購入したフラワーエッセンスは、マウントフジの「ボケ(レッド&ホワイト)
どうも二元的なものの統合をするらしい。パンフレットを開いた途端目に飛び込んできたので、これにしました。
マウントフジは保存料に米酢を使用しており、このお酢の味がキビしいという意見をネット上で目にしていた記憶が、蓋を開けた瞬間よみがえりました(笑)
しかし直接飲んでみても、意外と悪くない。むしろいける?下戸だからブランデーベースより向いているかもしれない。
お箸の国の人ですから~~(はい?)

というわけで、朝晩コップの水一杯に入れるだけですけ毎日飲んでおります。
効いているかどうかはまだわからんのですが、ステーションの様子がちと「?」なかんじ。

しばらく続いていた「青いバー」でのバイトですが、こないだからその「川の対岸の館」じゃなくていつものステーションに居る感じだったので、メタさんに「バイト行かなくていいのかな」と聞いてみると、
「だいたいわかってきた頃だと思うんだけど、ある一定期間その場所に行かされるというのは、『そのエリアにエネルギーを注いで下さい』ってことなんだよね」
ああ、前の「闇ステーション」の時もそんなかんじでしたな。あのあとしばらくしてから闇ステーションの温泉旅館行ってみたら仲居さんがいっぱいいて忙しそうで構ってもらえなかったよ。
「ある程度エネルギーが注がれたってことで」
するとオーナー役のウリ様ものほ~んと現れ、革ジャンのおっさんじゃなく、やっぱり少女とおっさんの中間風。
あのバーのイメージっていうのはカモフラージュと言うかフィルターと言うか、わかりやすいように作っていたんだね。
しかしあの「対岸の館」は一体何なんだ。当初天使系のヒトはルシ様とメタさんしか「行かない方がいい」という話だったのに、ウリ様とかザキさんとかも出入りするようになったし……

ウ「つまり、あるエリアにエネルギーを注げ、っていうことは、我々の活動出来る場所を作って下さい、ってことなんだよね」
メ「カーヴィングの天使が来た時、小さい方は持ち歩けって言われただろ?あれも、あなたの周りのフィールドを天使の活動域にする為だったわけ」
ステーションに行くようになったのはあのカーヴィング天使手にしてから2ヵ月後くらいだから、時期的には納得がいくような。(→2007年3月のログ

例によってホントかどうか知りませんよ。

で……
金曜日あたりからかな?
ステーションでの自分の姿がアンディ君っぽいオノコになっておるのですが……
なじぇゆえに?

2009年02月20日 (金) | 編集 |
ケヤキ鳥、「これで完成ということにしよう」となった日の晩。
一緒にワークっぽいことをしてみようと思って、寝る前にメタさん玉と一緒に布団に持って入りました。
何となく、2つ重ねて首に下げるといいような気がして、そのようにしてみる。
で、そのまま横になりました。

すると、布団の右側から、メタさん玉&ケヤキ鳥の上から、右手でぐわっと胸の真ん中を押される感触。
重たっ!!
どんだけ力入れんねん!!!

久々のエンパワメントでした……。フヒー
で、そのまま寝落ち……。
しばらくして目が覚めて「しまった、まだ首につけたままだった……」っつって、はずして寝なおしました。

2009年02月19日 (木) | 編集 |
とーんでゆーくー、みなみのそーらーへー(また若者に通じないネタを……)

……これが目の前を飛んでたら、ちょっとイヤかも(^^;)
というわけで、この時作っていた、ケヤキの謎の物体。

0902161.jpg

0902162.jpg

勾玉もどきな部分に目を開ける際、迷いが生じて手元が狂い、穴が広がってしまって、こういう顔(@_@)に。
後ろの大きい羽根は下で繋がっています。
見てお分かりかと思いますが、あまり磨きはかけてません。何となくつるつるにしなくてもいいかなと思ったのです。

……自分が言うのもなんだけど、こうしてみると、
意外と写真うつりはいいのかも?(笑)
紐をつけてはみたけど、本来、こうやって置いておくものなのか?

一応、「自身と繋がるためのツール」を目標に作りまして、きっかけはメタさん勾玉と引き換えにということでしたが、これが必要なのはメタさんであるわけがなく、自分がワークする用なのですからして、しばらく身につけてみました。

メタさん勾玉は静かで、こいつは騒がしい……と以前書きましたが、石でもパワーグッズでもそうだけど、体感として強く感じるもの=いいエネルギー、とは限らない、というか、自分の持つ周波数とのギャップが大きいほど「強い」と感じるのだろうし、「荒い」エネルギーだから強く感じるという場合もあるだろうし。ばちーんと強く感じるのが良いのであれば静電気だっていいことになってしまう。
逆に、繊細で精妙なエネルギーほど、身体には感じなかったりして。
石にはまりたてのころは、エネルギーというものに触れ始めて間がなく、好奇心とかもの珍しさとかが先に立って、とにかくエネルギー的に主張が大きい石は「これパワーある!」と思って買ったりもしていたわけですが、その頃はその頃でいろんな周波数を経験するという意味では、まあ無駄でもなかったのだろうと思いますが、今思うと危なっかしい選び方だったかもなぁ、と(笑)
さすがに、触るとくらくらするような石はやめておきましたけど。
最近は見た目で選んでます(笑)

で……「自己ヒーリングだとエネルギーがよくわからないので、あまりやる気になれない」という話を時々見かけるのですが、「感知しやすいエネルギー=良いエネルギー」とは限らないとすれば、「ヒーリング=エネルギーを感知すること」という認識は、ちょっと違うのではないかな……と。
「エネルギーを送りつけること」くらいは、誰にでもできるのですが、「エネルギーを送ること」と「送ったエネルギーが『ヒーリング』足り得ること」とは別だと思うのですな。
ま、それは余談ですが……。

で、「自分と繋がるツール」に自分のエネルギーとのギャップを覚えるというのも、ちょっと「なるほど」と思えることでしたな。
まあつくりが稚拙だからというのもあるのでしょうが。

いわゆる「スピ系」の目標とするところというか、今の生活をよくしたいであるとか、病気の治療だとか、お金儲けだとか、各々目標はあるだろうけど、それには結局、自分を知る、自分と繋がる、自分を越えていく、というところをいずれは通過しないといけないのかな、と。
しかし自分の中にはもろもろいろんな見たくないものとか、触れたくない過去の苦い経験とか、いっぱいたまっているわけです(^^;)
なもんで、まず先に、いわゆる高次の存在、守護天使とかガイドとかに繋がりましょう、って話になるのかなと。
そうするとそのガイドのヒトが「おまい、ここにこれあるけど、ここにこれあると自分と繋がれないけど、どうする」って、その触れたくない部分をちくちくつついて来る。それを内観とかエネルギーワークとかでちょっとずつほぐしてって、自分と繋がっていく、という作業を、意識的にやる場合もあれば無意識にこなす場合もあるだろうけど、それがいわゆる「癒し」とか「自己統合」とか、人生の向上になっていくのかな。

というわけで、このツールで自分と繋がろうとするには、ちょっと直接的すぎというか(笑)抵抗があるのかもしれないスな。
しかし、触っていて嫌な感じがする、というわけでもなく、むしろ心地良かったりはするので……これがエネルギー的に馴染んだら、また何か変わるかもしれない。
そういう意味ではちょっと面白いものが出来たかも、と思ったりして。

2009年02月17日 (火) | 編集 |
またまた遊んできました。
のわさんに石屋さんに連れてっていただきました。この時のリベンジです(笑)いやリターンマッチというべきか?(どっちも違う気が)
ランチのあとお店に向かったら、開店時間にも関わらずお店は閉まったまま。
のわさんが電話で確認してくれたところ、開店が遅れているだけのようだったので、先にお茶してから行くことに。
でもおかげで初めての街で、雑貨屋さんなどゆっくり見てまわれて楽しかったので結果オーライでした♪

ファミレスでのわさんのベリルコレクションその他を堪能してからお店へ……ビーズもいろいろシェアしていただいてしまい、ありがとうございます~~
石屋さんは、なるほど、なんというか自由な雰囲気(笑)
ちっこいタンブルをちょこちょこ……だったんだけど、選んでいるうちに結局数が増えてしまい……全体的にお高め設定なお店だったんですが、タンブルは近所のお店とだいたい同じくらいの質(に見える)でこちらの方が少しお安い、というものが多かったので。
加えてフラワーエッセンスまで手を出してしまいました。だってマウントフジの現物置いてあるお店ってなかなかないんだも~
のわさんはオニキスやアゲート、ジャスパーなど次々に惹かれて、折り合いをつけるのに苦心されていたのですが、私は「めのうはいいよね~、ジャスパーはいいよね~」と横で煽ってみたり(笑)
こういう時周りの人は誰もとめてくれません。「一期一会」などと言って煽るばかりです。味方は自分のお財布だけなのでくれぐれも注意が必要です。
しかもやっと決まって私の会計が先に終わるのを待っている時に、レジ傍の棚のトルマリンブレスが目に留まってしまうという……(^^)
お店の方は「喜んで使えばお金が友達連れて戻ってきてくれますよ」とセールストーク(笑)そうなるといいですな~

ジャスパーとかトルマリンとか、いつもののわさんのチョイスと違う……というか、さっきのお茶中に「私トルマリン苦手かもしれないです」という話をしていたばかりだったんですけど(笑)
「むしろ楡居さんの好みっぽいんですけど……」
私のせい?σ(^^;)伝染った?

いやでもあのブレスはいい買い物ですよ(無責任に)

その後、すっかり行きつけとなった、先月誕生会をしていただいたカフェでケーキが食べたいということになって、そちらへ移動中にKYOKOさんから「これから行けそう」コールが。
ご旅行帰り直後のはずだったので、駄目もとで前夜にお誘いメールをしておいて、朝ブログを見たら「今日の3:00に帰ってきました」とあったので、ひえ~、これはまた今度かな……と思っていたのですが、「区切りのいいところまで仕事をしてから行きます」というお返事だったのが、これから行けそうメールでは「仕事終わりました!」となっていて、ひえええ。
しかもよくよく聞けば3日分のお仕事を片付けてしまったとか……
そしてカフェの最寄り駅に降り立ったところで、のわさんがみゃみゃさんに電話を入れたら、ちょうど着替え終えたところだった、とか……
またしても「怒涛の時間調整」がかかりだしましたね?
これだけでは済まされず、既にKYOKOさんみゃみゃさんとこにも書かれていますが、
・先にお店に入ってようかと思ったら満席
・予約入れてもらって「KYOKOさん迎えにいくからちょうどいいか~」なんつって駅に引き返し中に
・石屋さん出現(またか
・しかも20%OFFの看板
・しかもどれもなかなか良いし
・お値段もほどほど(しかも2割引)
・ほどよい大きさ&分量のペリドットさざれがあるジャマイカ
というわけで、KYOKOさんも合流してわいわいと物色。のわさんはこのお店の存在には気づいていたそうなのですが、私は3回も前を通っていながらさっぱり気が付かず……オラソマのボトルまでずらっと並んでいるのになぜ見逃していたのか?
私はちょうど探していたペリドットとガーネットのさざれ(この組み合わせがしたかったのさ)、ペリドット&クンツァイトのちょい大きめさざれをGet。
こないだから探していた「ペリドットとガーネットの小粒なの」がここで事足りてしまった。粒大きめのさざれは「やっぱペリはいい値段すんな~」とか言いながら漁っていたタンブルと、見た目にあまり変わらないんですけど。細かいグレードの違いはあるのかもしれないが……

みゃみゃさんも「棚にあったやつは組み合わせがいまいちだったけど、レジ横によさげなのがあったので」と、トルマリンブレスを……
おそるべし、トルマリンのレジ横攻撃(笑)コンビニで、レジのそばのみたらし団子やきな粉棒をつい手にとってしまうというアレです。
「お腹すいた~」ともらしつつ全員買い物が終わり、のわさんが最後に袋を受け取ったちょうどその時、みゃみゃさんの携帯の着信音が。予約していたカフェから席が空いたというお知らせでした。しばらく袋をつまんだままの体勢で移動するのわさん(笑)

何かもうこのくらいのシンクロは毎度のことなんですかね……。
また危険なお店が増えてしまいましたよ。
しかし、こういうことがあると、「おいら、まだ石を買っててもいいのかな」と思ってしまうま……。
いや、石を買い続けたいから、大義名分の為に、そういうシンクロを「引き寄せ」してるだけなのか?うーん。

日曜日に良く見たら、クンツァイトさざれ、なかなかきれいなのが入ってましたよ。


ほら、これもんですよ。
kunt2.jpg
緑のはヒデナイトですね。白いのは多分スポデューメンでいいんだろう。

こんなのも混じっていましたが……。君はクンツァイトなのかい?もしかしてピンクオパールって名前じゃないのかい?
pinopa.jpg

ペリドットとガーネット、クンツァイトのさざれのこまいやつでこんなグリッドをしてみた。
grid.jpg
アルミ缶ってかわいいよね。池袋でも標本用アルミ缶を売ってるブースあったけど、買っておいてもよかったかな。
これはリップバームの容器です(笑)エタノールでしっかり拭き取りましたから大丈夫です。
石がこまいので、ピンセットでちまちま並べました。今私の生活にはピンセットが不可欠です。それもスクリーントーン貼るのに使うような先のとがったヤツ。

これは特に新しい石ではないけど、池袋みねらりで買った国産水晶に安定用の粘土がいっぱいついてきたので、ちっこいのを立てるのに使っております。にょきにょき。
nyoki.jpg

増殖したトルマリンは、こんなことに。
torumarin.jpg
キレイでそ。でそ。

これはこのとき買ったソーダライトですが、昨年のカラオケ会でファミレスのテーブルに並べてたら、青いところが増えたような……。
sodalite1.jpg

これは反対側。青いところが、というより、白いところの質感が変わったのかな?
sodalite2.jpg

2009年02月14日 (土) | 編集 |
ケヤキで作った謎の物体ですが。
握ってみると、大変騒がしい(笑)
バリバリ言うとります。

「MAGATAMA木工所」さんの作品は「象牙メタさん玉」を筆頭に、とても静かです。
はじめて手にしたときも「うわーっ」というような激しい感動はなく「ああ、来たね」という感じ。アミダで奇跡的にもぎとったメタさん玉ですら…。
で、自分で紐をつけてみると、子供に服着せて「わあーかわいー」みたいなかんじで(子供いませんが)
すーっと馴染んでしまうみたいな感じで、それがかえって不思議なくらい。

ケヤキの方は、言ってみれば、メタさん玉を餌に「作らされる羽目に」なったわけです。
羽目に、といいつつ面白がってやってるわけですが。
というか、こう書くと本気で「天使って人間に何かやらせるんだー」と思われてしまうようなので敢えて「」つきにしてみた。ギャグですからね。

MAGATAMA木工所さんの「創造の種」のアレンジ作品を扱うショップで、「種」を餌に精霊を釣って何かに住まわせるという実験が持ち上がっているそうなのですが……
何か釣る以前に全力で釣られてる私(´Д`;)

ま、いいか…(ノンポリ)

ケヤキは写真撮る前にヒトサマの意見を聞いてきます(笑)。今日も今日とて石屋さんツアーさ~(ツアーて)

よく「楡居やのわさんの石の選びっぷりがわからない」と言われるのですが(爆)
以前行った、たくさんのトルマリンやタンブルの中から選ばせてくれたお店の人にまで「どういう基準で選んでいるんですか?」と聞かれたり。
「ハイッ!!すべてハイヤーセルフを通じロード・メタトロンの指示によって決定いたしております!アセンションのツールとしてふさわしいか否かqjmw.adgw◎h@」とか答えられたらどうするんだろう(笑)(嘘ですよ)
普通に「なるべく結晶の形がわかるのとかー、透明感あると嬉しいとかー」と答えましたが。

のわさんとは「服屋さんとか雑貨屋さんとかで、これかわいい~、っていうのと一緒ですよねー」と話しているんですが、やっぱり普通じゃないのか?(笑)

2009年02月12日 (木) | 編集 |
新たにお迎えしていたりします。

週末に石屋さんをぶらぶら。思うところあって、小さいものをぷちぷちと。
ペリドットの小粒のが必要な気がしていて、さざれでも買おうかと思ったのですが、いざさざれパックになっているのを見ると「こんなには要らないよな……」となり、結局ちっこいタンブルを。
で、ヴェスビアナイトのタンブルがあるのを発見。えー前からあったっけ?以前同じ店でのわさんと探したはずなのに、今になってこんなに山盛り……。その時のわさんはかわいらしい原石をめでたくお迎えしたので、目移りしないように隠れていたのか?(笑)それとも新しく入荷したのか?吟味の末3つほど。

別の店でラピスネバダのタンブルを、これまた模様を吟味して4つほどいただく。
何だか見比べちゃうと選べなくてまとめ買いというパターンに陥ってる……まあ、安かったので。

ラピスネバダって今までノーチェックだったので知らなかったのですが、要は「ネバダの石」という意味らしく、同じ石でもネバダ州意外で採れたものは「ソーシュライト」というらしい。やれユナカイトだのゾイサイトだの、アクチノライト、アパタイト、ダイオプサイト、スキャポライト、フェルドスパーだのいろいろ混じってて、紫の部分はフローライトだったり……
⇒参考
もうこうなると「効能」を把握するのも大変だ(把握する気がないとも言う)
何となく翡翠色のグリーンの中にもにょもにょと薄紫がたなびいてたりするのが気に入りました。

あと、代官山某店のフラワーオブライフの彫られた水晶。

オーシャンジャスパーのスフィア、何個か気になったのがあったけど、オーシャンジャスパー自体はもう何個も手元にあるので……保留。
好きなんだよねぇ。

あと、紫音さんちで持ち主募集に出ていた、サファイアのブレスレットを。
そういえばサファイアってあんまもってなかったな、と……。昨年の横浜ミネラル・ザ・ワールドで、イエロー(というかほとんどクリア)の小さい結晶を2つ手に入れたのだけ。コランダムというくくりなら、ルビーは3つくらいあるんだけど。
青いのは昔タンブルがひとつあったけど、あんまりワークしないまま人手に渡ったし。
何より解説文に「妄想の過ぎる人の落ち着き用に」とあったので(笑)

2009年02月10日 (火) | 編集 |
年明けに一時缶詰めになっていた「川の対岸の館」に、またしばらく缶詰めな模様。
ステーションの入り口に黒塗りの車がとまってて、それに乗って館に行くと、玄関前でメタさんが待っている。
玄関を入ると左右2つずつ扉が向かい合わせになっていて、初めのうちは左手前の扉の部屋で缶詰めだったんだけど、今度は右奥の扉へ入るよう促される。
扉を開けると胸がつきそうな、狭い急階段。白く塗られた壁が青い照明で照らされている。階段をのぼった先の扉を開けると、そこはバーになっていて、木の内装に、やっぱり青い照明。カウンターと、テーブルが4つ程度の小さいお店。
で……そこのオーナーがこれから来るから面接を受けろというのですが(笑)
バイトですか?

テーブルにメタさんと並んで座って待っていると、オーナーらしきヒトが現れる。革ジャンとか着てそうな、なんか若作りな、昔ワルやってました風なおぢさん……
(´Д`;)おっかなひ
目の前に白い紙を一枚置かれて、そこに手を乗っけろという。
しばらく右手を乗っけると、オーナーはその紙をデコに当てて何やら読み取っている。
それが面接かい~~
「ふーん……まあ、メタ君の紹介じゃあしょうがないかなぁ」
とか言ってる……あのー、無理に雇っていただかなくてもいいんですが(汗)
「んじゃ、まあ、明日から来てみてよ。んじゃ、お先」
そうですか、何やればいいのかわかりませんけど、よろしくお願いします。あ、あのー、失礼ですが、オーナーさんのお名前は……

「んあ?
ウリエルだけど」

なぬ!!うーりーさーまー!?
あの、「少女だかおっさんだかわからない」(なんだそりゃ)のほほんなウリ様?これが!?

「目ん玉チェックする?」
というのでお言葉に甘えて目の色を見せてもらう。ウリ様は金色っぽいブラウンなはずなんですが……
すいません、暗くてよく見えないです……。

そういうわけで、その「青いバー」でバイトすることになったようです。
普段は左手前の扉の部屋のソファで寝泊りして、そこからそのバーへ通って、開店前は店を雑巾がけして、店が始まるとひたすら皿洗い。
リアルでもこのくらいマメに掃除や洗い物していたら部屋がぴかぴかなんだが……(やれってか)。
たまにメタさんが来ると、先輩が「フロア代わって」と言ってくれて、カウンターでちょこっと接客(という名の休憩)させてもらえる。

何だかなー、これ(笑)かれこれ先月くらいからかよっているんですが。


あと、ケヤキでカリコリ削っていた謎の物体が一応完成ということになりました。写真は後日。
というか……何とも微妙なできばえ(´・ω・`)
勾玉部分に穴を開けようとしたんですが、迷いが生じて、穴が大きくなってしまい、変な顔に(顔?)。
よっぽど作り直そうかと思ったんですが、「このまま進めんかーい」という無言の圧力を感じ(笑)何とか形にしました。
まだまだ磨き込んだりする余地もありそうなのですが、自分では「出来た」という感じなので良しとします。

2009年02月06日 (金) | 編集 |
「やあ、みしゅらんだよ。
むふ、これ、ボキのワンドだよ。」


「‡You_Dear_Light‡ちゃんからもらったんだよ。言っちゃなんだけど、ラドりんのより、数倍カッコいいよねぇ。」
09020609.jpg

「あいた!」
09020608.jpg

「何するんだよぉ、ラドりん」
09020607.jpg

「フフ、こりでやっと互角に戦えるにょ……みしゅよ」
09020606.jpg

「え……、たたかう の……?」
09020605.jpg

「……吠え面かくなよ、ちびっこ。」
「かわせるかにょ?でぶちん。」
09020604.jpg

「……いつ止める?」
「そのうちくたびれてやめる。」
「それもそうだな。」
09020603.jpg

「ちかりた~~」
「青春だね、ラドりん」
「疲れるの早っ!」
09020602.jpg

ちなみに、ウリ様はメガテンのフィギュアです。
さっきの不自然な2ショットは合成です(笑)

「……う○こ踏んでるよ。えんがちょ」
「う○こではない。オーラです。」
「……う○こ……」
「何度言ったらわかるのっ!オーラだってば!おーーーら!!」
09020601.jpg

メガテンフィギュア、同じ時期(第3集)にウリエルとメタトロン同時に入れてるのは何の罠かと思ったよ(笑)普通大天使2つ入れないでしょ。
「ダブルで来いっ!!」と思って2つ買ったらウリ様は当たったけど1つはシークレットだった……
メタさんが欲しかったんだよ、かっちょいいんだよ……メカだけど。今思うとあのメタさんのデザインがステーションでのイメージにも大きく影響してっぽい。似顔絵とも髪型似ているし。似てない?(笑)

カメラを取り出しついでに(笑)人形ブログも更新。

2009年02月05日 (木) | 編集 |
少しだけ別の見方がありそうな気がしてきた。

こないだの「火あぶり」云々の話について。
ルシファーが地獄の業火に焼かれて云々というのを読んだり、殉教話を読んだりした時に、自分が思うことって、たいてい、
「そんなんしなきゃいいのに~~」
なんだよね。

「サイレントヒル」で出てきたのは、無実なのに難癖をつけられて火あぶりにされてしまうというシチュエーションだったので、殉教とはまたニュアンスが違うのかもしれないけれども……それは、おいといて。

禁教狩りの場合、火あぶりにせよ、みゃみゃさんとこに貼られていた穴吊りにせよ、棄教すると命は助かるわけです。
その、立ち読みした小説も、火あぶりの際縄は緩く結ばれていて、逃れることは出来た……と書かれていまして。
で、私は「そんなんしなきゃいいのに~、そこで命を張ったって神様は喜ぶのかねぇ~?」と思ってしまうわけです。
うーん、これってむしろ「火あぶりにした側」の視点なんじゃないの?

殉教するんでもさ……
「私は今肉体を脱ぎ去り神とひとつになるのだ、炎の熱さと苦痛よりも喜びの方が勝っている、ハレ~ルヤハレ~ルヤ~」と思えながらだったらいいんだけれども、
「私は神の教えを広めたかっただけなのになんでこうなるわけ~、ちょっと~!!何とか言えよ!ミカエル~~!!」とか思いながらだったら、それは、今回は助かっておいた方がいいんじゃないの、未来生に遺恨を残すだけじゃないの、と思ったり。

なんていうのかな。
私は何かあることに非常にこだわりを持って「これこれこうなんだよ!ここだけは死んでも譲らないね!」っていうのとか、あるいは「これだけは私には認められない!性分なんだからしかたない!」っていうのとかを見ると、何か殉教者を見るような気分で「そうかぁ~、それが楽しくてしているのならいいけど~、そのこだわりが元で苦しんでいるとしか見えないのにそのままでいるのはいいのかなぁ~」と思っちゃうらしいね。らしいね、って他人事みたいに言うのもどうかと思いますが。
自分の好きなものやりたいことにこだわる、とかだったらいいと思うんですよ。そういうところにこだわれる人には、むしろ憧れるんだけれども……。

オチはありません(´・ω・`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。