~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
2014年01月18日 (土) | 編集 |
先日、このブログの「闇ステーション」カテゴリを読み返していたのですが。
なぜか。

昔の記事は無邪気にいろいろしたりしてて(?)面白かったり。

んで、この辺の記事が目につきました。
チャイルド釣り

ガーゴイル釣り

闇ステーションというのは、なんていうのかな…
闇世界に作った宇宙ステーション出張所みたいなもんで、闇に迷い込んで出られなくなったエネルギーを保護・浄化して、宇宙ステーション経由でその人の行けるとこへ導くなり、闇にかえりたかったら別に止めないけど…みたいなとこで、施設そのものは既に閉鎖になってて、今は「闇の花園」になってお花畑化してます。
闇の花園についてはカテゴリ内に記事があるのでそちらを。

「釣り」っていうのは闇世界で迷ってる人を紫のランタンでおびき寄せて(?)闇ステーションへ拉致する…もとい、ご案内するという行為でして、
今、たまたまヘミシンククラスタの方のブログも過去分から読んでるんですけど、あの釣りってやつはヘミシンクでいうところのレトリーバルだったのかね?と思いつきました。

自分の過去記事をわざわざ読んだりして、こんなことを思いつくってことは…
そういえば宇宙ステーション自体最近行ってないしなぁ。呼ばれてんのかな?

と思っていたら、当日ワーク担当だった(毎晩カード引いて出てくる人とワークすることになっている)みしゅろんが
「よく気がついたね!!」
ですって。(いまだかつてみしゅに褒められたことってなかった気がス)

このところ、「座るだけでなにもしない」瞑想法が、とても気持ち良くて深く入れるようになり、寝落ちもしないので、宇宙ステーションとか意識してなかったんですよね~。

じゃあ、久々に行ってみるか。
以前だと頭のチャクラから出て上に上がる、シータで言うところの「上昇法」で行ってたんだけど、それで行こうとするとみしゅが
「入口変わったんだよ。こっちこっち」
っつって、連れていかれたのはハートの内側でした。
「意識が拡大したから宇宙ステーションも意識の外側じゃなくて内側になったんだよ」
ふむーん。
(入口変わった時点でお知らせしてくれてもよろしいんじゃないでしょうか…?とちょっと思ったり)

その時は、メタすゎんの執務室とかサンダルフォンのカフェとかでいつものみなさんに挨拶に行っただけで終わりました。

しばらくして、そういや釣りはどうなった、って思い出したところ、即、闇の中へ放り出されたらしく、紫の松明を持って佇んでました。
やっぱやるのね(。-_-。)
既に明かりに誘われて数十人ばかし周りに集まってきてます。

さて…以前だとここで闇ステーションへ誘導してたんだが、闇ステはもうなくなってるし、ヘミシンカーじゃないからフォーカスいくつとか知らんし(数字は一桁までが限度)。
と思ってたら、どうやらシータで言うところの第7層へ直で送っちゃっていいということらしかったので、松明の火を集団の周囲にバーっと巡らしまして、その炎が螺旋状に集団を包んで巻き上げるようにして「神の光の元」へ送りました。

炎に包まれた人たちは当然パニックですw
私も集団の真ん中にいたんですが炎は熱さはないものの、ビジュアル的にはショッキングなものがあったかもしらん。
「落ち着け落ち着けーい、炎からはなれて内側へ詰めなさーい、闇からの脱出がこの程度の浄化で済むなら安いもんだと思えやー」ってゲキを飛ばしていたような(鬼)

んで気がついたらまた1人闇の中に松明持って佇んでいる。
あれ~一緒に7層へ行ったつもりだったんだけどな~…まだレトリーバルする人が残ってんのかな~、人の気配はしないけども…
と思ってふと上空を見上げると、
巨大な爬虫類が背後で鼻息荒くしていました。
いわゆる「志村、うしろうしろ~!!」状態だったわけですね。

曰く、さっき釣りした人たちのネガティブ想念を食って生きてきたのに、私が上へ上げてしまったので、どないしてくれんねん、ということのようで、むっちゃ怒りモードいわゆる激おこのようでした。
ハイハイ、っつって爬虫類の周りも油をまいて火をつけ、螺旋状に燃え上がらせて7層へ送りました。

今回はこの辺で終了ということでした。
たまにはやっといたほうがいいのかも知らんね、レトリーバル。
スポンサーサイト

2014年01月06日 (月) | 編集 |
夢ともビジョンとも何ともつかないんだけど、今朝起きる直前に見ました。

マンガを描いている。もーバリンバリンの少女マンガ。キラキラのトーンとか貼りまくり。
高校生のヒロインと、ヒロインをスカウトしに来るメガネ&無精髭の男、ヒョロヒョロしたゲイの少年、おせち作りを教えてくれる上品なばあちゃん、高層マンションに住んでる社会人男性。
みんなで寄ってたかってヒロインをちやほやするwというもの。

絵面からしてだな…
ヒロイン: ラドりん
ヒゲメガネ: ラファエル
少年: みしゅろん
ばあちゃん: サンダルフォン?
社会人: メタすゎん?

て感じかな…。
高層マンションのベランダからめっちゃ星が見えて、「なんだか怖いくらい」とか言わせてたのは覚えてる。

というか各キャラの顔とか超覚えてるんだが…。
目が覚めてから、何だかやたら気分が高揚するといいますか、いわゆる「ワクワク」というんですか、仕事始めの朝にしては、めっちゃワクワクで出勤しましたさ。

2014年01月02日 (木) | 編集 |
これ初夢っていうのか?2日の夜見るのがはつゆめだっけ?
とりあえず、山羊座新月元日の晩ってかその翌朝に夢見ました。

・会社帰りに花火大会をやってたので写メを撮りまくる。なんか星座モチーフの花火が始まり、バーンと大爆発したあとにその星座の形の火花が現れるというやつで、牡羊座と乙女座を写真に収める。山羊座は写真撮れなかった(パッとしなかったため撮らなかったのかもしらん)。
「ああ、火星座だから爆発すんのね」と夢の中では思ったけど、乙女座火星座ちゃうよね。

花火を見ていたらスピ系の店の看板を発見し、フラフラ入ってみると、いろんな仏像や神様グッズを宗派問わずざっくり山盛りにしている。
店主がオーラソーマのポマンダーの蓋に粘土を飾りつけて客に通販するという(なんで?)ので、何だかそれを手伝うことに。粘土をアンコールワットとかそういう形に盛り付けたいらしいがうまくいかないという。でも粘土を手にしてアタフタしただけで終了。
(既に出来上がっているものに別の何かをつけたそうとしている?その必要はないということ?)

・数年ぶりに週刊モーニングを買って帰宅、それに載っていたマンガ。
宮崎あおいが映画の撮影をしているが、ビルの屋上から宙吊りになったりいろいろ無茶をさせられた挙句、監督(古田新太)に怒られ助監督(ココリコ田中)にナメられして、結局映画は降ろされたか企画がポシャったかする。
女優たちは牛小屋みたいなとこでゴザしいて雑魚寝している。宮崎が不貞寝していると、森三中村上が
「やっぱ、納得いくもの作ろうと思ったら自分で企画しないとさぁ。若くて才能あるけどまだ芽の出てない監督を引っ掛けて撮らせるんだよ。どっかにいないかねぇ」
「そんなんそうそう都合良くいるわけないじゃん」
最後のコマでその若者のシルエットを匂わす感じで終了。

・深夜にそのマンガを読みながら、小腹が減ったのでシリアルを大皿で食べる。

2014年01月01日 (水) | 編集 |
あけました。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年一発目のカードを引きまして、メッセージをいただきましょう、ということでひいてみました。




何と、ラドりんでございました。
何でゴーグルを装備してんのかというと私だけが楽しい裏設定によるものなので今は割愛w

では今年のメッセージをお願いします。

「ぬーん。今年はの~、やっぱりちょっとそろそろ表立って活動した方がいいと思うんだスな~」

…やっぱりそうなりますか。
「既に何件かオファーがあることだスしな~」

「まー、こっちはこっちでセッティングさせてもらうんで、あーたはやりたいと思ったことをやってくれたらいいんだスわ」

そうですか…
ていうか全然ブログ向けのメッセージじゃないし。
超個人的メッセージだし。

まあいい。今日は新月だし(しかも山羊座)お仕事関連の言挙げにはいいかもしらんね。