~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年07月21日 (月) | 編集 |
心療内科での治療についてや会社とのやり取りその他、自分用覚え書き。参考にできる部分があればしていただければ。
いわゆる薬自慢トークも含まれるので苦手な方はスルーしてくだされ。

症状は以前も書きましたが、電車に乗って、会社の最寄り駅で降りようとすると、体がこわばって動かなくなる、フラフラしたり胸が締め付けられたり、熱っぽくなったり。

1軒目の会社近くのクリニックは予約不要のところで、
・うつの症状が出ていますね(簡単なチェックリスト診断あり(あてはまる、あてはまらない、どちらともいえない式))
・2、3か月くらい休んだほうがいいんじゃないですかね?
・家族と相談して、話がついたら診断書はいつでも書きますよ
・家から遠いし電話で言ってくれてもいいですよ
・(「家では何ともないんですが…」) あるある。9時5時鬱とか普通にあります
とのこと。休職という話が出ると思わなかったので(帰宅後や休日は元気だし)、動揺してしまい、半休の予定を全休に変えて逃げるように帰宅。

会社と家に診断内容を報告し、2日後に、以前から予約していた別の地元のクリニックの診察があるので、そこの先生の診断と併せて今後の対応を決定する、という方針に。
やはり、家族に報告するのが一番抵抗ありました。「休め」って言ってもらえたから安心しましたけど。というかむしろ「今の仕事だといずれこうなるだろうと思っていた」的なことは言われましたけど……。

薬はパキシルCR、リーゼが処方されました。3日ほど飲みましたが2日目くらいから眠気がすごい。

2軒目のクリニックは、要予約&あらかじめ問診票をDLorプリントアウトして記入する、という方式。
結構詳しく書きました。職場の状況とか、家族構成や家族の性格とか。でも全部読んでもらえたかは不明wほぼ口頭で話したし。で、
・ご家族は休職に反対されてないんですね?
・今月入って(会社へ)何日行けてるんですか?半分行けてないんじゃ決まりですね。はい(サラサラ)診断書。
・パキシルも悪くないですけど、別の、もっとガツンと効くのがありますから(こえぇな)それで早めに治しましょう。リーゼは多いですね。(「薬飲んだら眠くて…」)ああパキシルは眠いですよ。
・今度の薬は吐き気がする場合があります、出ない人もいます。なので胃薬も出しときます。

この日診断書が出まして、薬がレクサプロとロフラゼブ酸エチル、胃薬としてガスモチンが処方されました。基本、後発医薬品がある場合はそちらへ代替えしてもらってます。
パキシル・レクサプロともに、いわゆるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、ロフラゼブ酸エチルはベンゾジアゼピン系の緩和精神安定剤、一般的な商品名は「メイラックス」とのこと。

翌出勤日が、またまたたまたま産業医の来社日だったため、上司や総務部長、産業医と面談して、翌日から休職という運びに。
薬が効いていたためか、電車からも降りることができ、面談中も普段より落ち着いて話すことができていたように思いました。
休職中は、健康保険組合の申請が通れば傷害手当金が出るということで、それを命綱にするのかなと思っていましたが、総務の話ではまず有給休暇を使って休み、その後手続きすることになっていて、手続き期間として半年は猶予があるので、追って手続きするとのこと。
あと会社との連絡は、クリニックの受診後に上長に電話なりメール連絡をするようにという約束に。この辺は各職場内というか上長との間で柔軟に取り決めをするようです。
業務の引き継ぎについては、2年ほど前に他部署へ1ヶ月言っていた時に作成した資料を軽く手直しして渡すだけですみました。

産業医からは、できれば毎月の面談は行いたい、無理なら電話やメールでもOKとのこと。この産業医の先生がまたうら若い女子で、相武紗季ちゃんみたいな美しい先生で、昨年までのおっさん先生だったらもっと厳しいし会いたくないなと思っていたんだけれど、紗季ちゃんとだったらOKよ~会社行ってもいいよ~と思っていたのですけど、その後上司から「会社へ来るのは、会社や産業医から言われたからじゃなくて、あくまで主治医がもう行ってよいと判断してからの方が良いということになった」ということで、上司と人事部長の方から自宅最寄り駅まで来てくれて、有休消化後の手続き等の確認の面談をしてくれることに。
紗季ちゃん…(´・ω・`)でもやっぱ今まだ大きな駅とかに行くと体調悪くなったりするので、会社行くのはちょっと早いのかもね。

幸いレクサプロの副作用として心配されていた吐き気はなし。胃薬があったためか、たまたま体質とあっていたからかは不明ですが、初めの1週間間違えてガスモチン2錠を1錠で飲んでいたら、数年ぶりに口内炎が出来てしまったので、やはり胃薬がガードしてくれていたかも。
ほかに貧血用の鉄剤プラス胃薬も飲んでおり、胃や肝臓への負担はかかっているでしょうな~
でもって眠気は相変わらずひどいので、まずロフラゼプ酸エチルを減らしてもらい、「昼間必ず予定を作って外出してください。スポーツジムへ行くとか、買い物に行くとか」とのことでしたが、毎週診察+薬代が出ていくので、なるべくお金を使いたくないと思い、近所をウォーキングしたり図書館へ行ったりする方向で。
それでもやっぱり眠たいです~と訴えると「エビリファイ」が追加になりました。脳内のドーパミン系神経の調整に働くとのことで、医師の説明では「やる気がでます」とのこと。
ちなみにレクサプロの説明は「不安を減らします」と。
もっと突っ込んで聞けば詳しい答えは返ってくるのでしょう……。まあ、いいかな。

あまり患者本人がネットとかで薬について調べるのはよくないような。医学的なことだけ書いてあるサイトを読んでもようわからんし、「この薬はよかったです」なんてことはわざわざ書く人は少ないですね。「飲んだ1日目から吐き気がひどく…」とか「薬がやめられなくて不安」なんて記事がほとんどなので、薬を飲むこと自体に不安を持ってしまうという……
薬は飲まないに越したことはないけど、体に症状が出てしまったからには医学で治すほか今のところないんですね、ヒーリングでたまたま治ることはあるかもしれないけど、まずは薬で日常生活を送れるようにするということも必要かなと。逆に考えれば薬があれば症状は出ないのだから、とポジティブに捉えることが大事かな。

あと心療内科の印象ですけど、私は数年前勤務時間超過で産業医(前述の厳しいおっさんの方)に行けと言われて近場の予約不要の心療内科行ったんですけど、質問に5秒以内に答えられないと話題を変えられてしまい、「何が目的なんですか?」と言われたりしたので「おっかないところ」だと思ってしまったのですが、その時は自覚症状もないまま行ったので仕方なかったかな~と。
そういうところは、あんまり話はしたくない、薬だけ出してほしいという人には向いているかもですね。
で、その時はたしかデパスが出て、飲んだらやっぱりなんだか調子がよくなった。なので「脳細胞にデパス飲んだ時の状態を記憶させる」みたいなコマンドをした覚えが。
今回も「自分にとって最適なセロトニン濃度を記憶させる」ようコマンドしてみました。はてさてどうなりますか。

スポンサーサイト

2014年07月21日 (月) | 編集 |
昨夜珍しく眠れなかったのだけど、その時ちょっと気づいたことがあったのでメモ。

うちの両親のあるあるでよく漫才みたいなことが起こるわけでして、
母「(アナ雪はまり中の為)メイジェイがTVで……」父「名人?何名人?」
母「堺雅人が……」父「堺正章?」
っつっていまいち話が通じなくて、妹となんなんだろうあれは、って笑いながら話していて、
「知ってる単語に変換しないと気が済まないのだろう」
ということになりました。まあ個々の文化の違いとかあるからそれはそれで良いのですが。

それを昨夜思い出していて、あっ、と思ったのでした。

会社を休んで何をやってるかっていったら、家事をやるか、家の周りをウォーキングするか(あやしい)、YouTubeはしごかくらいのものでして、YouTubeの中でも、人の声がするのが好きなので「スピリチュアルTV」をBGMっぽく流していたりします。(2時間とかあるから真面目に視聴するには長い)
で、いわゆる「覚醒者」っぽい人がゲストに出てきてインタビューする番組とかがあって、なんかいらっとするなと思ったら、ホスト役の人がたいていゲストの言葉を言い直すんですよね。たとえば、
ゲスト「かくかくしかじか、な体験をして……」
ホスト「それは何々教でいうところの○○みたいなことですか?」
ゲスト「よくわからないけど、そうかもしれないですね~」
てなかんじ。
もしかしたら○○とは似ているだけで違うものかもしれないじゃない?
あと、視聴者がUstreamのチャットに書き込む質問も
「ハートを開けば幸せになれるということですか?」
とか、ゲストの言葉を全然反映していない質問だったりして。

はいキタコレ。これ父やスピリチュアルTVへの苦情ではなく、私へのメッセージです。

初めて聞く言葉、よく意味のわかっていない言葉を、自分の中の辞書のそれに置き換えてしまったら、成長はない!
相手の体験についてインタビューを聞いているのだから、その相手の体験を自分も知りたいはずなのだ。
改めてその言葉を、自分で体験しなおせ!

ということなのです。
やり方はたぶん、「かくかくしかじか(相手から聞いた言葉)という体験を私にわかるように最高最善に見せてください」
みたいなのでいいんだろうと思い、今まで引っかかっていた言葉についてオーダーしてみました。
結果はまだ不明ですがとりあえずメモ。






2014年07月18日 (金) | 編集 |
「アナと雪の女王」のDVDがうちに来たので遅まきながら鑑賞しました。
いやあよかったです。映画館で見るとたいてい絵を目で追うのでいっぱいいっぱいでストーリーを楽しむとこまで行かないので、自宅で茶飲みながら見るほうがじっくり見れますな。

で……たぶんもうスピ系かじった人はみんな散々考察したのでしょうが、
「頭に入り込んだ魔法を消去するのは簡単だ。楽しい思い出に書き換えてしまえばいい。
心に刺さった魔法は『真実の愛』で溶かす以外には消すことができない。」

製作チームにシータヒーリングのセミナー行った人の一人や二人いるんだろうなという感じw
前回書いた顕在意識と潜在意識のズレに関係するところなのでメモっておこうと。

シータヒーリングを例にするのであれば、シータでは思考の核レベル・遺伝子レベル・歴史レベル(過去性など)・魂レベルの中の思考パターンを書き換えることができる、とされています。
思考パターンを見つけるにはリーディングと掘り下げ、書き換え後の内容については創造主が決めるということになっています。

しかし、本当に根深いブロックというのは、おそらく顕在意識がヒーリングによって自分を消去しにかかることを想定して、潜在意識の深いところに隠れており、怒りや不安などの強い感情を隠れ蓑にしている。
そういう場合、言葉による掘り下げを行っても、潜在意識は平気でそれっぽいフィクションを作って出してきます。
シータの本だったか別の本だったか(ジェーンアンドゥの本だったかも)にも、クライアントがありもしなかった親によるセクハラ体験をねつ造しており、過去にかかったセラピストの誘導に問題があったかもしらん、という例が出ていました。(ていうかその記憶を引っ張りだすだけ出しといて解決しないセラピストじゃ困りますな)

あと「アナ雪」のように、楽しい記憶が実はブロックの元だったということもあったりするわけですな。
そのためかどうか知らんけど「アンフィニ」のセミナー動画だと、この記憶は自分にとって楽しい思い出だから取っておこう、とかいうんじゃなくて、とにかく全部手放せ、と説明していたような。

そして最近私的にわかったのは、顕在意識が「ここを変えたい」と思って創造主にせっせとオーダーしていたのだけど、潜在意識的には「変えたくない」と思っていたという部分。
脳波がシータ波になっていれば顕在意識の思考はオフにして創造主と繋がれるというのが理屈ですが、その時点で潜在意識にあるブロックを見つけらられないと、創造主へ通るオーダーは潜在意識のそれが優先なので、まあ、通らないわなということなわけです。

じゃあ、フィクションでない、ほんもんのブロックを見つけるにはどうするんだよということですが、シータの手法でいうなれば「体内リーディングをちゃんとやれ」という前回の回答がありました。
あとは、こまめに掃除をして徐々に洗い出すとかくらいかなぁ。


しかし、あれだな……
『真実の愛』を示すのに、『自己犠牲』以外の方法はないものなのかね……



2014年07月14日 (月) | 編集 |
今仕事を長期に渡って休んでいます。
8月末までの予定。

なんでかっていうと、職場に物理的に行けなくなったためです。
朝、自宅は普通に出て電車に乗るんだけど、会社の最寄り駅に着くと体が動かなくなって降りられない。
仕方ないので終点で折り返して、遅刻して出勤することもあれば、半日休んだり1日休んだり。
出勤できた日も、職場にいる間はフラフラしたり胸が苦しくなったり熱っぽくなったりして。
止むを得ず残業になった翌日なんかは、2日続けて体が動かず布団から出られないことも。

上司と産業医に相談した結果、とりあえず内科その他へ行って異常がないことを確かめ(脳のMRIまで撮って面白かった)、その後心療内科へ行きましょうということに。
まあ……内科的には異常はないと思うわけです。
だって家にいる分には元気だからね。
土日も遊びまわってたし。
ちょいと検索したらそういう職場でだけ出る症状ってのはあるらしい。適応障害とか。
たいてい、新しい仕事内容や配置が肌に合わない場合にそうなるケースが多い。

仕事内容うんぬんに関してはコンプライアンス的な面でここには書けないけども、まあ人が足りないとか、いる人もきちg……メンタル的問題を抱えたままだったりとか、下の人間が何年経っても実らないとか、サーバ管理なんぞ知らんよとか、原因っぽいことはいろいろとありまして。
毎年上に訴えてはいるんだけれどもねぇ。

というわけで心療内科行かざるを得なく……
行きたくないとなれば退職するほかないし、そうほいほい退職できるならさっさとしているわけで、ヒーリングで何とかなるならやはりとっくに以下略
しかしあれなんですよね。やっぱりちょっとなんか仕組まれ感があるんですよね。
・最初に上司に相談した日が偶然、月1で産業医が来社する日だった。
・クリニックの予約が2週間後にしか取れず、その前にどうしても駅で動けなくて、駅前の予約不要のクリニックに飛び込んだ結果、そこの先生プラス元々予約していた2軒とも休職をすすめてきたため会社手続き的にもスムーズだった
(人事部長が「私は休まずに治してねぇ」みたいに武勇伝的なかんじで話していたので、一人の先生の診断だけだと説得力に欠けた可能性がある)

しかし実際「休みましょう」ってなると思ってなかったんですよね……せいぜい薬出される程度かなと。
「家にいる分には元気なんですけど……」って念は押しましたけど、「あるある、9時5時鬱とか普通にあります」みたいな。

そんなわけで患者になってしまったのですが、あれっ薬効いてるなと思ったのは、会社でもクリニックでも家でも、自分の症状に関して話そうとすると、意に反して涙が出てしまって困っていたのですが、SSRI系の薬を処方されてからは、話をしていても涙が出ることがなくなったので、
あ、自分、セロトニン濃度低かったんだ~~~
というのがよく理解できましたね。

患者になってしまった以上スピ系もお休みかな~と思ったのですが……
今回、こと願望達成ワークに関して、失敗の原因としてわかったことがあり……
願望を伝える相手が、ハイヤーセルフなり創造主であった場合、「自分の潜在意識」を置き去りにしている可能性がある
ということでしてね。
願望をハイヤーセルフなり創造主に伝えられるのは、潜在意識、ホオポノポノでいうところの「ウニヒピリ」であり、顕在意識でいくら祈っても潜在意識との統合が取れていないと叶うわけないやん、ということです。
ほんで、潜在意識との連携をしつつワークするためには、シータヒーリングでいうときちんと「体内透視」を行えということのようです。ブロックのある個所を体内透視で見つけてワークすれば、体内のブロックと潜在意識は繋がっているため、潜在意識とともにワークすることができる、ということらしく、やはり基本は大事なんですな。
この辺のことはまた改めます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。