~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
2007年03月16日 (金) | 編集 |
会社帰りに師匠が「あのカード引いてみよう」と言うので、Universal Fantasy Tarotを引いてみました。
タロットに限らず「読み」全般にあまり自信がないので、「(宇宙ステーションで)誰かに使い方を聞こうか」と言ったら、「あのカードは天使の領域じゃないし、今は経験から学ぶ時、参考書もなくていいから自分の感覚で読め」と言う。
今のところステーションで会う相手も天使と師匠以外心当たりないし(あ、そういやアバンダンティアには会いに行ったっけか……それはまた後日)、うろ覚えのまま実占。
自分と師匠との関係を。
これが、また……。

結果から言うと、若師匠を「光の源に帰す」ことになりますた。このときみたいに。

近い過去は太陽だけど未来は死神・逆で「破壊しねーと再生できねーよ」だわ、
顕在意識では棒の9:「守りに入りたい」なのに、潜在意識では剣の3:「やっぱ手放さないとだよな~、痛いけど><」と思ってるわ、
何を手放すべきか?で補助カード1枚引いたら運命の輪。即座に「輪廻」という言葉が浮かぶ。すなわち、
「『愛の送受信機』が受けた分離・喪失の傷を癒したから課題1個クリア。オーバーソウルに帰還し進捗報告せよ」
っちゅーことっすかねー。

なので、前もってその場に呼んであった天使さんズにお任せしまして、もう一度若師匠を光に帰す儀式を。
愛を教えてくれてありがと~(;_;)。いってらっさ~い。

つうか……光に帰してもらうために、カード引かせましたね。おい。

そのあともう一度「今の状態」を引いてみますたが……
恋人・逆だの正義・逆だのの末、結果が剣の10(体に10本剣が刺さってる)ですよ。
ええ、如実に心境が出てますた。
だってさ~。
やっとしゃべれるようになったと思ったらまたすぐ会えなくなるんだもんよ~。
光に帰っても、別にいなくなるわけではないらしいんだけど、話はあまりできなくなる。しかも今回は、ラブラブになったと思ったあとだったんで、余計さびしい。
薄々は感じていた気もするんだよなぁ……何かをクリアしたら帰る、っつうのが筋かもなぁ……と思いつつ、気づかないフリをしていたかも。
ってか、帰りたきゃ勝手に帰ったらいいんちゃうん!?「ちょっと留守にするよ」って一言言やぁこっちだって納得するわけですよ。……たぶん。

そういうわけで、昨日は剣の3&剣の10状態でやさぐれ気味ですた……。

それでも未練がましく、宇宙ステーションで師匠の部屋の扉を開けてみた。
いつものどでか水晶のある洞窟……なんだけど、いつもいる位置に師匠はいなくて、水晶に天井からさしこんだ光が当たってキラキラしているだけだった。
天井に穴を開けたのは私だ。
いつぞや、洞窟の外側の、山の斜面に出たことがあった。川の流れる気持ちのいい渓谷で、岩壁を隔てた向こうにいつもの洞窟があることがわかる。
岩の向こうから師匠が「こっちからもだいぶ掘り進めたんだけど、もう手が届かないからそっちから掘ってくれ」というので、なぜか持っていたノミとトンカチでガンガンやって、岩に穴ぼこをあけた。その時の穴が天井に開いている。
もともとこの洞窟は、水晶の光でまぶしくて何も見えなかったけど、水晶の光を外に出すとともに、外の光も水晶に当てることができた。

……実はこれがメインの課題だったんじゃないか。これをクリアしたから帰ったのか?
もしかして師匠は、どでか水晶の意思だったのかな?
これからは私にここを守れとでも言うんだろうか。

闇が深いと何も見えないように、光も強すぎると何も見えない。
2つは同じもの……
てなことが脳裏に浮かんだ。
最近行くブログ行くブログ、こんなことが書かれてる。ミカエルとルシファーの話が最たるものだな。


あんまり寂しいのでメタトロンに来てもらった。
実は若師匠とメタトロンは、雰囲気がよく似ている。
背が高いところとか、一人称が「俺」だったり「私」だったりするところとか、話が長いところとか。
だいたい、名乗られたわけでもないのになぜ、この存在をメタトロンだと思ったのかもよくわからないわけですが。
まあ、とにかく来てもらった。

「あのカードは『闇』のツールだな。あの外科手術はエンジェルオラクルでは難しい。
光と闇、どちらも扱えるのが人間の特権だ。人によってはどちらかだけを選ぶ者もいるが、あなたは両方やりたい方だろう。
石も、使いようによって、どちらにもなりうる。だから、あなたには合っているんだ。
以前エネルギーの使い方の話をしたろう?
(されました。ヒーリングの時、クライアントによってテーマを決めてエネルギーを使い分けるという話を、長々と)
闇に対するイメージを浄化しなさい。一見好ましくないように見えるカードでも、冷静に読み取れば悪い意味などない。闇も同じように、恐れる対象ではない。
大切なのは光と闇のバランスだ。天秤が逆さになっていただろう(正義・逆位置のこと)。バランスを取りなさい、ということだ」

この調子で、だーーっとしゃべるんスよ。
それでも、この時は、場所が宇宙ステーションじゃなかったせいか、私がしんみりモードだったせいか、穏やかな感じだった。

「彼は、あなたといたいからここに来てる。だから、自分からはなかなか帰れない。
時々あなたが送り出してあげるのがいいんだよ。
大丈夫、じきに戻ってくるさ。もっと大きくなって」
次は3mくらいになってますかね。

そういえば、思い出した。
最初のスプレッドで、最終結果が「剣のキング」だった。
最終結果をコートカードで出されても困るなぁ、と思っていたんだけど。
もしかして、剣のキングになって戻ってくるんですか?
剣か……剣なのか……。

そういえば、もいっちょ思い出した。
オーラソーマのメタトロンボトルも、クリア&ディープマゼンタで「光と闇」ってかんじだね~。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
光と闇のメッセージ。
いろんな所にいろんな言葉できていますよね~。
私にもきてたっぽいのですが、比喩に使われたのが
粘土で…orz
親子が粘土で遊んでるお話しになってるのですが
ブログに上手く書けなくて、放置です(^^;
言いたい事は…

光は外に光ってて、闇は内側に光ってる。
だから両方とも同じ光なんだよ。

みたいな感じでした。
これを粘土で遊ぶ親子で表されても困るのですが
私が幼稚だからですよね~(爆)
2007/03/16(Fri) 08:47 | URL  | アッキー☆ #-[ 編集]
まさにまさに…です。私もこのところずっと光と闇について目にしています。
ミカエルとルシファーが双子、元は一つだったとか。そして今、また一つに融合するときだとか。

『神との対話』にもありますね。光(愛・生命)だけでは光とは何かを感じられない。だから闇が作られた。すべては私が作りだしたものだから、元は愛からのもの。闇を見て経験することで、愛を選択できるのだから、恐れることはない、と。

師匠が戻ってきてくれる日が楽しみですね。ぜひ3mで^^
2007/03/16(Fri) 10:07 | URL  | KYOKO #-[ 編集]
>アッキー☆さん
ほうほう♪粘土遊びの話がどんなふうに光と闇に繋がるのか、知りたい~と思っていたら、アッキー☆さとこに書いて下さってて嬉しかったです。
いやいや、幼稚なことないですよ~、というか、子供のシンプルな言葉にこそ真理がある、ってことですよね~!


>KYOKOさん
光の闇の融合、は、相当重要案件のようですね~、上のヒトたち的に。
石も、最近はクリアなのと黒いのをペアで持つことが多いです。
「神との対話」はかなり、目ウロコをはがしてくれた本でしたね~。
師匠は最終的にいったい何メートルになるのやら(^_^;)
2007/03/16(Fri) 12:35 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可