~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月15日 (日) | 編集 |
週末は宇宙ステーションへ行っていろいろやっとりました。

師匠は、以前はステーションから扉を抜けて洞窟へ行って会っていたのが、統合しかけ状態になって普通に一緒にうろうろするようになりまして。
正確には、天界で変な飲み物飲んだあとから、一緒に行動できるようになったようです。

んで、師匠がいたどでか水晶のある洞窟には、今はドラゴンが住んでいます。
しばらく前、宇宙ステーションへのエレベーターを降りた時、足元にちっさい生き物がいるかんじがして、どうも爬虫類的なものらしい。
どうしようと泡食って、とりあえず師匠のところへ持っていったら、その洞窟が気に入って住み着いたというわけです。その洞窟はもともと天井に大穴が開いているので、出入りも自由に出来るし。
今はでっかくなってます。セレスタイトのブルーに近い色をしているようです。

宇宙ステーションではなぜか天使族のエリアをうろついているわけですが、こないだ、こっちに来ている他の人間に会えんもんか、とザドキエルさんに聞いてみた。
……ちょっと困った顔されましたが(すまんね)
私はまだ保護監察中の身らしいのですな。

んで、見学だけならという条件で、他のエリアへ連れてってもらうことに。
そのエリアへは空飛んでいかないといけない。
こうもり羽根では飛んでいたはずなんだけど、こうもり羽根が折れて別の羽根になってから飛んだことがなかったんで、うまく羽根が使えない……(というか宇宙空間で羽ばたいたところで飛べないだろう)
で、まあ、なんだかんだであちこち見学させてもらったようだ(うろ覚え)。監視つきだったので誰かと話したりはしなかったけど。
フードコートみたいなとこで、カレーっぽいもの食べたような気がする……。


統合うんぬんの時に師匠が「レムリアのことも思い出せるかも」とかエサをまいていたので、久々に宇宙図書館へ行ってみた。
以前はレムリアのことを見ようと思っても何も見れなかった。
しかし今回はちょっと出てきたような。
ヘリコプターから撮ったような空からの映像で、ヒーリングテンプルが見える。レムリアンシードの柱で囲まれた円形広場。断崖のへりにあって、すぐ横は海。
「世界ふしぎ発見」で見たハワイのフラの聖地みたいな立地だと思った。


師匠はどうやら名前で呼んで欲しいらしい。
しかしどうしても「師匠」って言っちゃうんだよねぇ。もう習慣ですから。
ブログの表記もその名前にすれば慣れるのも早いかも、と言ってみたけど、それはイヤなのだそうで。
なのでブログ上はこれからも「師匠」で行きます(^^;)
スポンサーサイト
テーマ:天使
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。