~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年06月05日 (火) | 編集 |
えー、何しにサンダルフォンが出てきたのかと思ったら、どうやら試験官役だったらしい。

前回書いた「天使になりすましたヤツ」っていうのは、実はサンダルフォンになりすましてましたんですな。
サンダルフォンと話してると、隣の席にそっくりなヒトが座ってる。
メタさんか?と思ったけど、それなら話に入ってきそうなものだ、とか思っていたら、正面にいてしゃべってた方が偽者で、隣に座ってたのが本物だったという……。
目の色を確かめようかと思ってじーっと見たら、違うヒトだったんでした。
「たまたま低いのが入り込んで来てたので使わせてもらった、話してた内容は私がしゃべらせていたからホントのことだよ」
とか……。

えーと、言っていいですかね。
このヒト、メタさんよかよっぽどこえぇ~(゜Д゜)

でね。そのよっぽどおっかないヒトがね。
「身柄を預かることになった」とか言うわけですよ。な、なんでですか。
「試験をさせてもらおうと思って」
試験って……要は、さっきの偽者当てクイズみたいなことですか。で、不合格だとどうなるですか。
「ん~、ま~、受かるまで元のステーションには帰れないかな」
ええ~~~。
そういえば、宇宙ステーションに入る時、なんか入りづらいようなかんじだったんだよな。改築されたせいかと思ってたけど。見た目は同じ場所に見えるけど、違うのか…。
「あまりに成績が良くないようだと、教育方針を改めてもらわなくちゃならない。あまり兄に心配かけるのは本意じゃないんだが…」
……ぬう。いや何となくわかりますよ。甘やかされ過ぎだっていいたいんだろう!?
「他にもいろいろ予定があるとかで、条件として1日以内と期限を切られてしまったので少々駆け足になる。まあ合格するまでやるわけだから何日かかるかは君次第だがね。もうひとつの条件としてザドキエルを今までどおり付けるが彼は見るだけで手伝いはしない」
するとさっそくお腹が痛くなってきた。ぬぬう、生理日を使うとはやるじゃないか!
レイキシンボルを結ぶと手を当てるまでもなく痛みが散る。
ザキさんは後ろで「まあこの程度だよ。今までの復習だから大丈夫」

その後もちらほらと、インナーチャイルド的なのが出てきたり、なんだかんだとイメージを流し込まれては対処して、その対処の仕方もバイオレットフレイムだったりレイキだったりOSに返すのだったり、ちょっとずつ正解と思しきやり方を変えて出してくる。

「……おかしいなー」
なにがですか。
「割と及第点取るなぁ。あんまり高得点なのもウソくさいけど、人間として程よい点数っていうか」
「だから言ったでしょーが」ザキさんが背後でアクビしながら、「何も全員が全員スパルタ式が効くってもんでもなくて、『愛』をマスターすればあとはある程度勝手に思い出すタイプもいるんだよ。
始めはメタトロンもスパルタで行こうとか言っていたけどね、説き伏せるのにどんだけ苦労したか」

……そーでした。
なんか時々「私がいない時の天使同士の会話」みたいなシーンが流れ込んでくることがあるんだけど。
「あの子には愛を教えてやるだけでいいんだよ。今突き放したらあの子はまた自分の価値を見失ってしまう、それじゃ今までの不器用な父親たちとまるで同じじゃないか。
何よりあんた自身がそうしたくないんだろう、無理して厳しくしたっていいことなんかないんだよ」
ってザキさんが訴えてるイメージが延々流れてきてたことがあって、確かにメタさんはちょっと距離を置こうとしていたようなんだけど、それ以来かなりベッタリになりました。
「愛の循環ワーク」ができるようになったのはその後のこと。

……さておき。
とりあえず試験は通過したようで、メタさんとも無事再会したわけですが。
メタ「で、今後の予定だけど、前にも言ったようにテキスト何ページ開いて~とかいう教え方はしない」
はあ、そうでしょうね。
「全てにおいてOJT(On-the-Job Training)だからな!」
げげっ。マジでぃすか。

で、さっそく宿題が出ましたorz
これ……マジで書かなきゃダメ?
「OJTに出るにも名刺が要るからな。自分の属するエネルギーの所在をきっちり認めないことには」
名前はどうでもいいとかいつも言ってません?
「それは他人から呼ばれる時の話!自分はきっちり持っておかないと」
ここに書かないと認めたことにならないのか~…。
「じゃあ、あまり長く待たせるなよ」
あれ?
せっかく再会したのに。また居なくなるんですか~?ちょっと~~??

ザキさんは
「無理に認めなくってもいいよ~。なんならまた目も耳も塞いで筆談生活にする?また通訳してあげてもいいけど~」
とか、呑気にサディスティックなこと言ってるし……。
ガブさんは
「書けそうもないならもうちょっと材料たまるの待ったら」
というので、まあ焦らないことにします。
意を決して長々書いてたらミスって消えたしorz
スポンサーサイト
テーマ:天使
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。