~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
2007年06月26日 (火) | 編集 |
嫌な夢を見て起きて、逃げるように宇宙ステーションへ行ったはいいけど、ここもなんだか不穏な雰囲気な上、待ち構えているのが鬼教官ふぉんふぉん(^^;)
ふぉんふぉん…そろそろその役割分担ことわった方がいいんじゃないか……?
で、こないだの旧職員室だった大部屋のドアを開けると、床が消えていて、遥か下方に海面。えーと…これやっぱりアトランティス…?
聞く暇もなく後ろから突き落とされる。ひぇえええっ、と咄嗟に背中の羽根が開いて上昇。いつのまにそんな技を。
例の水色の塔のそばをふよふよ飛んでると、上空に天使が女性を抱えているのが見える。あれはメタさんがアトランティアンを連れ出したとこだろうか。
すると津波が起こって塔を飲み込もうとしている。アトランティアンの肉体はまだ塔の上のはず…本当にあの状況で助かったりするもんだろうか。
でも、アトランティス系の情報を見聞きしても「痛み」とか「悲しみ」とかを感じないのは、その瞬間に魂はその場にいなかったからなのかな、と思う。

次の瞬間、宇宙ステーションの一室に居る。
ベッドに寝かされていたアトランティアンの女性がちょうど目を覚ましたところ。
貴族の寝室のような、壁や柱が金ぴかに塗られた内装。眼がチカチカする。アトランティアンが不思議そうに部屋を物色するのを、私は斜め上からの視点で見ている。
確かにいきなりこんなとこへ連れ込まれたら痛みだの悲しみどころじゃないなぁ。
部屋の脇にある扉を発見、開けようかどうしようか迷っていると、扉の外から「入りなさい」の声。
扉を開けるとメタさんの部屋で、今生の自分がいる……。
ってことは、これはラドりんの視点だスかね~?

そこで回線がぷっつり切れて、イメージも強制終了。くっそー、いつもいつもいいところで~。
で、目を開けると普段どおりの自分の部屋なんだが……目をつぶろうとするとやっぱり不穏な空気~~。人の顔がいっぱい出てきたり、床から手が伸びてるような気がする。
ヤバいよヤバいよ~。金縛りとかはないのであくまで内的なアレなのだろうが、よろしくないですぞ~。
色々手段を講じてみるも、芳しくない、というか落ち着いてアファメーションとか唱えられない。もう一度宇宙ステーションへ避難してみる。おっ、行けたっぽい、誰か居る…と思ったらそいつが真っ黒い魔物に変身して襲ってくる。
うにゃ~、もうダメぽorz
すると、すんでのところでメタさんが上空へ引っ張りあげてくれた。

上空でホバリング中のメタさんにしがみついたまま話をする。
うー、メタさ~ん、私何か憑けちゃったんですかね~?
「エゴが最後の抵抗をしているな。スキルを取り戻したら、あんなことやこんなことがあるかもしれないぞ、おっかないぞ、ってな」
ぐはぁ(´Д`)んもー、人間の意識のなんと厄介なことよ。
「紫の炎を使いなさい。私ごと燃やしてもいいから」
えええ……
んじゃお言葉に甘えまして……と、ブンブン棒で紫の炎を自分に向かって起こす。
うはー、メラメラ燃えてます。熱くないけど。メタさんには火はつかないみたいで、ホッとする(ネガティブなものだけを燃やす炎らしいので)
しばらく燃やしていると、どこかで「Congratulations!」という機械っぽい声が。……むむ?もう浄化できたのか?

いつの間にか宇宙ステーションの廊下に立っている。
茫然としてると、アトランティアンの女性がやって来た。
「カイラースの祝福を」と言ってこちらに両手を広げる。すると両手の間から水色の光がぶわーっと広がって、何か音楽が流れてくる。
メロディアスな、とても美しい曲。ちゃんと日本語の歌詞もついて、男性の声で歌ってるのが聞こえるんだけど、歌詞の内容はもちろん忘れましたorz
カイラースって……チベットの聖地じゃないですか!?って、この人に言っても通じないか……?

「もう時がありません。そろそろ肉体に帰らないと」
……帰るの!?アトランティスはもう沈んでて、肉体がどうなってるか、これからどうなるかわかんないのに。それでも生をまっとうするんだね。
思わず彼女を思いっきりハグする。ガンバレよ~(´;ω;`)
……いや、おいらもがんばらねば。何をどうがんばるのかわからんが、とにかくいろいろやってみるさ。

……てなかんじで、ようやっとアトランティスについてはひと段落ではないかと。
封印されたスキルがホントに手に入るのかどうかは、まだこれからですが。
スポンサーサイト
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
謎の呟き。
今朝、この一連の記事を頭で反芻しながら身支度を整えていたら、誰かの独り言が降ってきたのです。
「あの時は誰も人のことを気に留める余裕がなかった…」。
どちらさんですか、と聞いてみたけどそれっきりで、返事はありませんでした。ドラマチックなこと妄想しようと思ったら幾らでも出来そうで、思わず溜息です…。
2007/06/26(Tue) 11:08 | URL  | 綾音 #mQop/nM.[ 編集]
濃ゆいっす
>綾音さん
もう何が出てきても驚かんとか思ってましたが…これどこからどこまで本採用したもんかと迷いますね。面倒なんでとりあえず記憶してる分はひととおり書いとけって勢いです。
余裕…なかったでしょうね~。
2007/06/26(Tue) 12:13 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
虚無感とか無力感とか寂寥とか、そんなものすら抜け落ちてて、ただ呟いてて、こっちが聞いてるとか関係ない人のような気がしました。
脳内妄想でも自分が癒されることが第一義なので、見たまんまでいいとは思うけど、大丈夫か自分と自問したくはなりますね、たまに。

今、自分のかけら容認がじりじり近づいてるんですが、往生際悪く抵抗してます。楡居さんの通られた道をしみじみ見返して、溜息をついてます (=_=)コレキビシーデスネ…
2007/06/26(Tue) 17:34 | URL  | 綾音 #mQop/nM.[ 編集]
〉綾音さん
「癒し」というのも時に厳しさを伴いますなー。と最近とみに思うようになりましたよ。
で、厳しいとこばっかりほじくってもいいことないわけですが…
バランス、ですねー
2007/06/26(Tue) 18:55 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可