~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年08月07日 (火) | 編集 |
宇宙ステーションへの行き方、ちょっと前までは6月のパーティーの説明に書いたのと同じ、頭の上に上ってエレベーターで行くという方法だったんだけど、アトランティスを云々していたあたりからちょっと別の方法になってました。
当時、いつものようにエレベーターでステーションへ行くと、ザキさんが呆れた顔している。
「今日、メタトロンと一緒じゃなかった?」
あ、そういえば、なんか1日中しゃべくってたような……。
「何で一緒に来ない?こないだ『天使と一緒の時は羽根で包んでもらうと移動できる』って自分で書いてたのに」
いや、確かに上のリンク記事に書きましたけど……自分で来れるのに毎度毎度連れてきてもらうのも何だなと思って。
「まあ、こっちも説明してなかったから仕方ない」
と、あとから追いついてきたっぽいメタさん。

メ「あのエレベーター、そろそろ撤去すっから」
なぬーーーっ!?
ザ「老朽化じゃないけど、部品の劣化がねー、ヤバいことになってるから」
メ「そもそも急ごしらえだったし」
確かに、時々シン○ラー社もびっくりの暴走しますが。目的の階に止まってくれなかったり、激しく上下運動したり。
しかし、もともと蝙蝠羽根でえっちらおっちら飛んで移動していたのを、キケンだから専用回線設置しよう、って話になって、あのエレベーターに乗るようになったんですぜ。キケンなのは困りまっせ。
ザ「その頃は、ホラ、『患者』だったわけで」
……そういうことですかorz
メ「そういうことだな(にやにや)」
じゃあ、どうすれば?毎回誰かに連れてきてもらうんですかい?それともまたパタパタ飛んで来るんで?
メ「要は羽根で包めばいいんじゃね」
……自分の?
出来るのかなぁ。ていうかどのくらいの時間包まってればいいのさ?
メ「時間?なもん、一瞬だよ、一瞬」
わっかんねぇよ~~(ノД`)
ザ「はじめのうちは同伴にしたら、誰でも呼べばすぐ来るんだし。じき慣れるよ」

というわけで羽根を使うようになりました。
背中から羽根を体の前にまわして全身を包むようにして行き先を念じてから、羽根を開くともう着いてる、みたいな。はじめはうまく移動出来ている気がしなかったんですが、最近はやや慣れてきたっぽい。
これだと、羽根を引っ張り出すのにまずハートの中心を意識するので、センタリングになっていいのかもしれない。
これはまあ、個人的な事情ですが、羽根生えてる自覚のある方は試してみてはいかがでしょうか、と。
スポンサーサイト
テーマ:天使
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。