~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月11日 (木) | 編集 |
前回チラリズムした、メタさんと師匠の関係が変化があったというお話ですけども。
これまた荒唐無稽なことになっているんですが……。
まあ、何を今更ですけどね。また長くなりますが、お暇ならおつきあい下さい。

復習しときますと、師匠というのは
・楡居のガイドスピリット
・過去生で弟子入りしていたヒマラヤシャーマンの先生
・シャーマンバージョンはちっこいじーさん
・後に、レムリア人バージョンになって再登場
・「統合する」と言い出して今は楡居の胸の中にいる
……ていうお方なんですが。
最近は滅多にコンタクトすることはなく、でも一応「居る」んだよな~、というかんじの距離感。

前回の「メタさんは師匠にちょこっとかけらを持たせている」という話、そんなに信用してはいなかったわけです。確かに師匠とメタさんは似た感じはするんだけれども、別に信じなくても生活に支障はないしね~。

トリガーは、またまた買っちゃった石なんですけど。
週末、またまた石屋さんにふらりと行きまして。先月中華娘を買った時に、気になるのがあったので、残ってたらご縁ありってことで、と思って行ってみた。
……またしても、レムリアンシードなんですけどね。
オマエいいかげんにしろよ(ーー)
ちっこいのが主ですけど、スフィアも入れると既に12個あるわけです(@@)
だのになぜ新しいのに目が行っちゃうわけ~~~??
なもんで、うちから旅立ちたいのはいないかね?とか尋ねてみるんですけど、反応は×。うーん。
で、気になってたレムリアん。長さ20cm以上あってファセットも欠けが無くて、のわりにやけに安い。安いったって昨今のレムリアんの相場にしては、ってぇ値段ですけど、確かにレムリアんらしいピンク色ではないし、側面に他のポイントのはがれた跡とかは結構ついていますけどね。しかし単純にこのサイズの水晶としてみてもその値段は、っていう。
なのに1ヶ月近くも売れてない。

……お越しいただきました(笑)ポイントカードもたまっていたしさ。

その晩、ご挨拶として「愛の循環」をやってみました。
はじめのうちはそんなに反応なかったんだけど、しばらくすると
「うわぁぁぁぁぁ」
みたいな声がする。
誰じゃい?
石から聞こえているのではないらしい。
てことは、他には、私しかいないじゃん。
そのまま続けていると、背中の真ん中がめりめりと割れるような感じがして、それに反応して自分の内側から「うわああああ」が出てきている。
……師匠に羽根が生えてきてる!?

しばらくして変容がおさまると、羽根の生えた師匠がぜいぜい肩で息をしながら右手で石を握り締めている。
「……何てことしてくれてんだオマエ」
はい?

「この石は……俺だ!」
はいい??

かいつまんで言うと、新しいレムリアんはかつて師匠が自分の情報を入れたというか、自分の情報にアクセスする用に設定したというか、まあそういうものらしい。
この時に「鏡に使え」と言っていた前からあるレムリアんは、「鏡」という言葉が示すとおり、コピー版なのだそうな。それもコピー版の方はいわば「データのバックアップ」でしかなく、新しい方は「OSの起動ディスク」も含まれている、とか。

ははは~ん ヽ(´ー`)丿
そんな話あるかよorz
だいたい、この世にレムリアンシードが何本あるのか知らないが、たまたま近所のお店に入荷された石がたまたま師匠のデータ入りだったなんて、どんな確率なんだよ。
……と、ここで自問自答。
レムリアンシードは各地に散らばったのもそれぞれ繋がってるとかいう話。なので1本持ってればよさそうに思えるが、レムリアのセキュリティは堅い。1本だけだと限られた情報にしかアクセス出来なかったり、コピーやダミーのキーが作られたりもしているかも知れない、なので何本も集めるはめになっちゃったりならなかったりするのかも。今回うちに来た石は師匠のデータが直接入っているというよりは「師匠のプライベートデータ用の周波数にアクセス可能なレンジを持ったうちの1本」ということになり、となると確率的には多少upするかもしれない。

と、このへんは後になってから考えたことで、その時はあまり考えている余裕がなかったのです。というのも、
「イヤだーー天使の仕事なんかやらねー!!」
と師匠がごね出したからです。
「あいつらに利用されるのなんてゴメンだ~~!」
とか言うのですよ。
おいおい……これ何てアニメ?
要は、師匠の持っていた「メタさんのかけら」が発動したらしいのですが。

その時は、まあまあ落ち着いて、すぐさまどうこうしろってわけでもなさそうだし、っていうんで、夜も遅かったし寝ることにしたのです。
そしたら、まあ、寝付けませんわな(笑)
なので宇宙ステーションに行ってみたら……何だか体がヘン。全身バラバラになりそうな感じで歩けません。

新しい宇宙ステーションには「セッションルーム」なるちっこい部屋があって、歯医者さんみたいな椅子に座らされていろいろ調整されるんだけれども、その部屋でラファ先生の誘導で五次元のピラミッドのイメージをしてみると、急に体が楽に。
しかしそのまま寝て翌日起きてみると、背中がバリバリ痛い……。
これは昨日の師匠のアレが原因なのか、例の「メタさんのシンボルワーク」を始めたのが原因なのか……?

その後も師匠は相変わらずごねてかけらの受け入れを拒んでおりました。
うーん、師匠がイヤならお断りしちゃっていいんじゃないのかな……そうするとメタさんは私んとこへは出てきてくれなくなるのかな?(´・ω・`)
でもそれはそれでしょうがないかな……誰かが(見えない存在であっても)何かを我慢して、っていうのはイヤだしな~。
するとウリさんが出てきて
「まあ、葛藤するのは構わないけど、抵抗してると楡居が苦しむよ」
私&師匠「Σ(゜Д゜)」
この背中の痛いのはそれかー!?
師匠「ほら見ろ、こいつらはこういう汚い取引を平気でするんだよ」
メタ「……俺は平気じゃない。平気なのはこのおっさんだけだ」
ウリ「もきゅ?(・ω・)」
メタ「だいたい薄情なんだよな、自分のかけらなのに」
ウリ「キミらに任してあるから安心してるんだよ(^^)」
メタさん、ウリさんのチャネリング本書いたりしていたから仲良しなのかと思いきや、本人の前だとわりとこういう感じなんスよね。で、ウリさんは何か、やけに天然っぽい……。
うー、痛いのはしんどい……が、まあ妥協はしないで決めておくれよ、ということでこの時の話は終了。

ステーションに行こうとすると何やら煩雑な思考に邪魔されて行けないので、久しぶりにレムリアングリッド組んでヒーリングテンプルにアクセスしーの、メタさんシンボルで自己ヒーリングしてみた。
ヒーリングテンプルは久々だったけど気持ち良かった。メタさんシンボルも、結構面白いかも……体に当てた手を少しずつ離していくんだけど、よき所で勝手に手が止まるのですな。

それが効いたのか、師匠はだいぶ落ち着いてきたみたいです。
今まで、師匠をイメージすると何となくモヤーっとしたヒトガタにしか見えなかったのが、めっきりメタさん風に出てくるようになったり。
ちょっと……ますます見分けつかないんですけど、と言うと
「別に、見分けなくてもいいじゃん」
とか、言うことまでメタさん風になってきた。するとメタさんがやってきて
メ「仲直りしたか?」
いや……私たちは別に喧嘩した覚えはないんですが。
師「……まあ、お前らとは停戦協定ってとこかな」
メ「戦う気でいたのかよ(呆)」
っつーか、メタさん、羽根生えて鎧着て、天使ファッションなんですけど……何ですかそれ。
メ「あんたが紛らわしいって言うからわかりやすく出てきてやってんだろうが。ホントお前らは俺の好意を無にするよな」
それはどうも。まあまあ、ほれ、アセンシアアセンシア~(例のメタさんシンボル)
メ「俺にかけてどうするよ(でも嬉しそう)。ちゃんと練習しろよ」

というわけで、また師匠が出てくるみたいです。
しかし、ここでちょっと問題が。
今まで「師匠」と書いて来ましたが、師匠って呼んでいるのはいわゆるヒマラヤでの過去生の師匠のことで、レムリアの過去生のヒトは実はその当時の名前で呼んでいるのです。
ブログ上ではその名前は公開しない方がいいそうなので、同じ魂だしいいかなと思って「師匠」で通していましたが、今度の新展開で「師匠」と書くのに違和感が出てきました。
なので今度からはそのレムリアの名前に近い「修羅」さんという名前で書くことにします。
「ちゅらさん」ではありません(笑)
スポンサーサイト
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
すごい~。20cm以上ですか!
縁のある、必要な人のところに行くというの、目の当たりですね。
メタさん、わかりやすいファッションで来てくれるんですね~。
いつもながら“素敵”です(笑)。
シンボル、いいですよね。わたしはなんだか好転反応が出ています…。
2007/10/11(Thu) 12:16 | URL  | KYOKO #-[ 編集]
おお~っ!
とんでもなく 面白い(お師匠さん 改め修羅さんに 悪いって?(^^))です。
かけら拒否、何となく わかるっぽいかもです。
今後の展開にワクワクドキドキです。
一番のドキドキは修羅さんで 次は 楡居さんですね(^^)。
それにしても ちゃんと 楡居さんちに そのレムリアンシードが きたというのは ホント 来るべくして来たってかんじなんですね~。
なんとも ロマンチックv-238
2007/10/11(Thu) 23:23 | URL  | @みどりん #-[ 編集]
>KYOKOさん
このくらい長いと、やはり、けっこうな迫力です。
レーザーなかんじのいい音もしますし。
メタさん、コスプレっすよ……(笑)
私もちょっと好転反応気味なのかもです。背中の痛いのは終わりましたが、何となく力が抜けたようなかんじ。

>@みどりんさん
面白いですか~よかったです!
師匠改め修羅さんには悪いけど私も「いいネタでけた」とかほくそ笑んでたり(笑)
ねえ~、偶然そんな石が来ちゃうなんて、あるんですか~!?というかんじです。偶然は必然なのです、みたいな……(笑)
2007/10/12(Fri) 01:22 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
お久しぶり。
師匠、もとい修羅さんお久です!(ってフレンドリーすぎですね。)

レムリアンシード水晶は、外見的に他の水晶とどういった
違いがあるのですか?
あとディアマンティーナとかレーザーも、違いがわかりますぇん!!

友人がレムリアクリスタルを持つとあったかくなって頭がホワーンとしてしまうみたいです。

わからぬですよ。


2007/10/12(Fri) 13:25 | URL  | りぃり。 #-[ 編集]
>りぃり。さん
ふぉーそんなことを聞かれたら語っちゃいますよ!!
レムリアンシードの特長は、
・細長いシングルポイント(ぶっといのもあるけど)
・ほんのりピンク色(鉄分?)
・側面にバーコード状の段差がある
このバーコードをなでるとレムリアにアクセスするとかなんとか。
レーザー水晶っぽいというかレーザーの一種なんでしょうけど、それより若干やわらかい感じですね~。ちょっとすりガラスっぽい感じ。
レーザーはもっと細~くて、透明で、鋭いかんじのをさすようです。側面はでこぼこしててワイルドです。先端からレーザービームが出てて危険だとか、エネルギー体のメスに使うとか。
ディアマンティーナはブラジルの地名ですね。ディアマンティーナで採れた水晶、ということですか。なのでティアマンティーナ産レーザーとか、あったような。
ま、レーザーかレムリアンか普通の水晶か、という分類は微妙な問題ですね(^_^;)
比較写真を撮りますか…
2007/10/12(Fri) 17:56 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
なるほどー。
レムリアは確かにスリガラスぽいですです!
レーザーも側面がボコボコしていた気がするんですが、
全体の大きさの違いなのでしょうか・・?

ディアマンティーナは産地だったのですね。
わかってきますた~!
ありがとうございます。
2007/10/13(Sat) 18:03 | URL  | りぃり。 #-[ 編集]
>りぃり。さん
むふ。石のこととなるとつい語りすぎで(笑)
レーザーのボコボコは、レムリアんのようなぴしーっとバーコード型より、もっと不規則というかゴツゴツしたかんじですかね~。
2007/10/13(Sat) 22:18 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。