~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月19日 (土) | 編集 |
まあタイトルどおりなので……苦手な方はスルーして下さい。
仕事は何とかひと段落です……が、この2週間ほどイレギュラーでやってた力仕事が終わっただけの事で、自分の仕事が滞りまくりorz
ともあれ3連休だ(バタリ)

しかも今週なんか、上司が2年目のぺーぺーでもやらねぇだろみたいなミスをしてくれて、それのフォローを私にさせる前提で話を進めたりしていたので、久々にキレキレ。
ただでさえ休みももらえないのに、外からの依頼は断っておいてオマエの尻拭いはさせるのかよ!!
的なことをわりとこのとおりに言ってみた。ものを投げたり蹴ったりしなかっただけよしとしてもらいたい。

その晩は家でも1人で暴れており……
もーダメだ。この人はダメなのは知っていたがもう本当にダメだ。
どうせこの人との関係もお前が引き寄せたんだとか言うんだろうが、知るか!!
こいつを私の人生から消してくれっていうかむしろ私をあの職場から消せー!!!
ぐらいのことを「おもちゃ屋の前の子供」状態でごろんごろんしながら訴えたりしてみた。

「まあまあ……大丈夫。明日にはなんとかなるよ」
なんとかってなんだよ?(`・ω・´#)イライラ
「『どういう形で願いが叶うのかは天に任せましょう』って言うだろ?明日のお楽しみだよ」
やっぱし交通事故にでもあって手足がかたっぽとか鬱病になるとかしないとなのかな……
(´;ω;`)そこまでギリギリにならないとおいらはコトを動かせないのかな。
「そんなことさせないってば。病気で学びを得るっていうチャレンジの仕方を選ぶ場合もあるけど、今はもっと簡単な方法があるんだよ」
毎回言うけどウソクサイんだよ。
「私が言ったことがウソになったことある?『アレがヒーリングで治る』って言ったのも治っただろう?」

『アレ』というのは、以前唇の端に血豆みたいなのが出来まして……
血豆かと思って針で血を抜こうと思ったら、抜けなくて却ってハレてしまった。
ぐぐったらそれっぽい症状を見つけて、名前は忘れたけど
・原因は老化
・取り除くには切除するほかなく、自然治癒はしない
と……老化老化老化orz
でもヒーリングで治るっていうからちまちま手を当てていたんス。そしたら、核みたいなのは内側に残っているけど、外からは見えなくなりました。
まあ、言ったことがウソにならないというのも、それはそれでまたウソクサイと思っちゃったりするわけですが……
メタさんもご苦労なことです。

んで、ひつこく「明日、明日」というので、以前にも日付指定で「この日に解決する」と言われたことが解決したりしたこともあるし、金曜日には山羊座で満月だし各種星占いで「イイコト」が書いてあるしというので、ひとまず受け入れることにしましたが。
どーもやっぱりウソクサイのでカモワン先生に聞くことに。明日ホントに仕事は解決するんでしょうか?
どんな並びだったか失念しましたが、おおっ、全部正位置だよ。しかもこないだ「仕事したくない」って寝転んでいた手品師が起きている。過去の手品師の視線カードが斎王→悪魔。悪魔は、「吊るし」同様「縛られていた」のカード。それを斎王が「そんなこともあったわねー」というかんじで見ている?
現在だか未来だかに太陽。
うーん、なんかすごいいい並びだじぇ(忘れたけど)

その後もう一度引いたら、運命の輪の右に法皇逆位置。法皇は逆位置ながらも運命の輪を見ている。
「運命の輪のハンドルは、一見ネガティブな関係の年輩の男性が回す」
か?更に言うならスピリチュアリズムに欠けていそうな相手、か?
法皇の逆位置をカモワン本で見ると、「権威を笠に着る」「ビジネス:スタッフを使いこなせない」とある。
あのおっさんがアブラ手で運命の輪をまわすんだってさ。だから感謝しなさいってか?

そんなこんなで翌日会社行ったら、結局尻ぬぐいの話はなしになってました。まだ「解決」と言い切れるほど解決していないし、納得もしてないけど……(そいつは「しょうがないから俺がやるよ」的な態度なので。そうじゃないだろ。オマエがやるのが当たり前なんじゃ)。

で、KYOKOさんがわかりやすく解説してくれていたので、「ホ・オポノポノ」のフレーズを唱えてみたりしていました。
そうすると、何となく胸のつかえというか、緊張感がほぐれる感じがする。いいねぇ。ちょっと続けてみよう。
先週の筋トレ週報に、
貴方ががんばってきたことを
誰かが認めて、声をかけてくれるようなのです。
褒めてくれるのか、
チャンスをくれるのか、
話を聞きに来てくれるのか、
多分そんなところです。

とあったんだけど、あー、私に声をかけてくれる相手は「私」だったんだな。と思ったりしました。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。