~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年01月08日 (月) | 編集 |
1.7「2006年から2007年の流れを感じるグリッドワークショップ」@tian
の、2回目。
前回のグリッドは「2006年の自分」だったわけですが、今回は年越しを経て、2007年の自分を表現するグリッドということで。
私のグリッドはこんなんなりました。



前回と照明が違うので赤っぽい写真になりました。

前回のグリッドを踏まえつつ、クリスマスグリッドのエッセンスも若干入りーの、というかんじ?
前回タンブルが多かったのが、カチ割り系になった、かな。左上の水晶玉が右のに比べて内側にずれているのは、意図したわけではなく、人がいろいろ移動するのでたまたまずれただけ。
手前の左右にルース用ケースにレムリアンシードとカイヤナイトを立ててある。立てる予定はなかったんだけども……ちょうど、利用できそうなケースを持っていたので。これがまた、神殿のゲートっぽい怪しいかんじになってくれました(上からの写真だとわかりづらいね)。

つうかね……多いさ。石が。
大勢名乗りをあげてくれるのは嬉しいんだけど、梱包したり、持ち運んだり、片づけたりが大変なわけさ。
ネタ紹介は今回はやめとこ。

葉子さんのコメントがまず「本性が出てきたね」って(笑)

原則として、手前にあるもの=自分の最も取り組みたいもの、奥というか上にあるのが目標とか目指したいもの、として、一番手前のアメシストの玉は「今までやってきたことを完成させたい」ってことらしい。
前回はアクアマリンが多かったけど、今回はアメシストが多くて、アメシストは「ものごとをやり続けていく」ということ……だったかな?(汗)なもんで、何かを始める用意は充分ある、と。
縦のラインを指して、「アドベンチャーゲームみたいに、これからいろんな扉を開けていくところだねー」とのこと。

今まで「こんなん持っていたらこの星でやってけんわ」と思って隠し持っていた宝箱を開けてみた、という状態。
開けてみたら、エジプトあり、キリスト教あり、なんか宇宙くさいのあり……
(キリスト教は十字石=スタウロライトだと思うけど、どれがエジプトを指すのか聞くのを忘れたorz)
グリッドにも、過去-現在-未来を表すのから、現在だけを切り取ったシンプルなものからいろいろあるけど、このグリッドは過去がいっぱい入っている。そこからどの扉を開けるか、選びたい放題。

……だいたい、こういう内容。
選びたい放題か……。その、どれか選ぶっていうのがなかなか難しいんスよね、と言ってみると、
「いきなり最高到達点へ行かなくてもいいから、まずは一番やりたいこと、一番おもしろそうなことをとにかくやってみればいいの、どれか選んでみれば次の選択肢が自ずと現れるから」
ということを、師ジェーンアンのお話も交えていろいろ楽しく話していただく。
頭で考えるから選べないのであれば、「ガーッと運動してみるといい。となると、やっぱりベリーダンスかな」
あう。やっぱりベリーですか……。
前日、tianの新年会で、オーナー清美さんたちのゴッデスが乗り移ったかのような舞を見たあとでは「わたすもやるます~」とはなかなか言えないものが。
tianのお教室は平日なので通えないしな~。しかしマジでやる気になればどっかで線が繋がるだろう。

他の方のリーディング中、体が勝手にフラフラ揺れはじめる。
別に体調が悪いわけではなく、レイキのアチューンメント時とか、ヒーリングとか受けると、体が揺れちゃうのよね。対面だとそれが顕著らしい。自発功みたいなもんか。現象そのものはクンルンネイゴンで慣れているんだけど。
エネルギーを体が受け止めようとしてそうなるのか、抵抗してそうなるのかはわからず。
何か石、と思って自分のグリッドから右上のクォーツ(トルマリン入り)を持ってきて握るも、揺れが止まらないので、頭の上に乗っけてみると、揺れが治まった。
なもんでその状態でお話を聞くことに……
笑いが取れました(笑)

念の為言うけど、こういう場だからそんなことができたんであって、普段いきなり頭に石乗っけて仕事したりとか、そういうことはないですから。

しかし、このクォーツ、不透明なカチワリで、水晶っつうより石英というかんじで、今までワークしようとしてもいまいちノリのよくない石だったけど、頭に乗っけていたらちょっと透明感出てきて虹も増えてきたような気がしたんだけど、気のせいかな?


このWS自体はこの2回で終わったんだけど、WSの参加者は1/13、14の「Crystal Teller展」で、グリッドを展示することになっております。
Crystal Teller展はtian主催で何度か行われたグリッド展で、今までは店内で開かれていたんだけど、今度のはtian近くの洋館を借り切って行われるそうで……つまり「元町洋館巡り」みたいな一般の人も入れるとこでやるそうで、
うひー(@_@)
なんスけど……。でも、やりまっせ!
なのでお近くの方は見に来て下さると嬉しいです~。

個人所有の石を、生で見れる機会ってあんまりないですから、きっと楽しいと思うよ。何せ皆tianの常連だから濃ゆいのが見れると思うし。
(あ、でも手に取っては見れませんけど……触りたくなったら作者の方とお友達になって下さい)
ほんで、石がほしくなったら帰りにtianへどうぞ、と(笑)横浜は石屋さんは他にも、はしごできるほどありますから。

※Crystal Teller展の詳細はtianのお知らせページをご覧下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おいしそうな石達。
え、これら全部楡居さんの石だったんですか~!
すんごいたくさん持ってるんですね。
事前に構想を練って梱包していくんですか?
そう考えるとこのグリッドは絵と同様、芸術作品ですね。
大きなキャンディーみたいな石(ピンク)かわいい。
このグリッドの解説をまた聞くことができるんでしょうか。
2007/01/08(Mon) 01:02 | URL  | りぃり。 #-[ 編集]
>りぃり。さん
うぉ、すでにコメントが(汗
すみません、途中でupしちゃってました。続き書きました~

そう、前回のも今回のも私のです(^^ゞ
構想は……私はほとんど何も考えずに石だけ持ってって適当に置いてます(笑)キッチリリハーサルして来る方もいましたよ。
大きいピンクのはローズクォーツですね。

グリッド展のはまさに「石のアート作品」になると思います。
2007/01/08(Mon) 01:21 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。