~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月27日 (金) | 編集 |
ちょっと発見が。
むかーし参加した石グリッドのワークショップで、グリッドの読み方の法則として「右側にある石が過去に携わったこと、左側にある石がこれから着手することをあらわす」という説明を受けました。
「タロットは逆だった気ガス」と漠然と思いつつ、深くは考えず、そういう流儀なのだなと思っていました。
で、先日みゃみゃさんに石チャネリングのお話を伺っていたとき、「送る手は右手で受ける手は左手だっていうけれど、『愛を送る練習に』という石は左手に持てと言うし、『回路を調整します』という石は右手に持てと言う、一見逆のように思えるのだけど」というようなお話があり。
なじぇゆえに石の時は逆っぽくなっちゃうだス~?と改めて思ったのですが。

わかったよ。
石のグリッドは「クライアントの体に並べるもの」として、「石の下にある人体からの視点」で見るんだ。
実際に体に並べなかったとしてもそのように作用するんだな。

なので、向かって右側の石は左手で「既に受け取っている」エネルギーであり、左側の石は右手から「放出しようとしている」エネルギーなのだな。

そういえば昔、石のエネルギーを気功っぽく感じるのにやっきになっていろいろ握り比べていた頃、石のエネルギーを感じようとするときは右手に石乗せて左手をかぶせるようにし、逆に石に自分の名前を名乗ったりするときは、左手に乗せて右手をかぶせて言葉のエネルギーを送るイメージをしていた。
最近そういうことをあまり一生懸命やってなかった……
だから「エネルギー送りたい石を左手」だったんだなと。

たいしたことじゃないけど、自分としては「ウォーターーー!」くらいの(笑)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おぉ!
「ウォーターーー!」なかんじなのですね。
記憶と体験がつながったような(^-^)
なるほど~。わたしも基本は左で受けて右で出すというかんじでやってます。
実地のとき、仰向けになってるクライアントの右足首を左手で持ち、左足首を右手で持って、左手でクライアントのを受けて不要なものを落とし、必要なものを右手から送ってぐるぐる循環させるんですが(仰向けだと自然にこうなりますね)、これがちょうど、グリッドを見てるようなものかしら~。

ウォーターーー!(笑)
2009/02/28(Sat) 09:05 | URL  | KYOKO #-[ 編集]
右と左
楡居さん、こんにちは。
私、ずっと、受ける手が右手で、出す手が左手だと思ってました。
前に心臓が左から血液送り出すので、気みたいなものを送り出すのもそれにあわせるとか聞いたことがあって。
普通は逆なんだって気付いて私もウォーターーー!ですv-221
2009/02/28(Sat) 14:39 | URL  | みぃ #QMnOeBKU[ 編集]
No title
>KYOKOさん
つながるのに若干時間がかかります(笑)
「愛の循環」もやってるとそんなイメージになりますね。左心房~右心房、相手の左心房……みたいな?

>みぃさん
ほほ~、心臓に合わせて…というのは初耳でした。
気功?とかだと左で受けるらしいのですが、個人差もあるかもしれないですし、うーん。
チャクラの回転の方向も、右回転が正しいとか、右だったり左だったりするとか、人によって主張が違ったりするようですし……
私も初めのうちは左手ではなんも感じなかったのですが、慣れてくるとわかるようになりました~
2009/03/01(Sun) 00:04 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
おー。そんな秘密が!
私もそれはちょっと気になっていて、
以前もセラフィムブループリントのエネルギーを石に入れる時
テキストには「利き手で」と書いてあったけど
左手の方がしっくりくるんですな。

大竹しのぶになったつもりで、
ウォーターーー!
2009/03/01(Sun) 16:31 | URL  | みゃみゃ #-[ 編集]
No title
>みゃみゃさん
うぉーたー!!(笑)
左手に乗せつつ、上にエーテル体の右手(?)を被せる……とか
あるいは、正面から誰かが向かい合って右手を……とか
そういう風に特にイメージするでもないけど、そういうことになったりしているのでしょうか。
2009/03/01(Sun) 23:52 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。