~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年01月16日 (火) | 編集 |
グリッド展終わってから、グリッドのストーリーの詳細が判明してしまったので、忘れないうちに書いておこうかと。
全体の配置の様子はボケボケ写真で何となく察して下さい(笑)一部再現写真を交えておりますので、当日のグリッドと微妙に違うとこもありますが、気にせずに。
(各パーツのザックリした解説はこちら)
グリッドは「通過点」だそうなのであまり過去のグリッドについてどうこうするのもどうかとも思うんですが、全てリリースしないことには通過できないのではないかということで、長くなる上私だけが楽しいに違いないですが、いってみます。

↓↓↓

ざん(効果音)
勇者「これが『ローズ大王』が支配するという山か。」


「あそこに人がいるぞ。RPGの基本は村人に話を聞く、だ。すいませーん、この先にすんごいお宝が眠ってるって聞いたんですけどー。」
「そんなことを言って何人もあの山に入ったが、1人も帰って来た者はおらん」

「悪いことは言わないからとっとと帰れ」

(この村では孔雀をペットに買うのが流行っているらしい。変わってんな。この村人たちもなんか怪しいし。さては宝を取られたくないのでそんなことを言うんだな。)

山に入るとさっそくモンスターが現れました。「こりゃまた怪しい生き物ばっかりだな~」しかし歴戦の勇者の敵ではありません。


最後のモンスターは、最近映画でも話題のドラゴンライダーのようです。よく見ると観音様っぽいんですが勇者はひるまずあっさり攻略。


ドラゴンの居座っていた火口から覗くと、地下にいるラスボスの姿が。大きな玉がローズクォーツで防御を固めています。


ラスボスは「ローズ大王」ではなく「ローズ大玉(おおたま)」だったようです。
ローズ大玉はあっさり倒れました。すると洞窟の壁が崩れ、山の外に宝箱がありました。「うっひょー、お宝GETだぜ」


「しかし、ラスボスを倒して宝も手に入れたって言うのに、エンディングムービーもなしか。いまどきあっさりしたゲームだなあ。
まあいいや、それよりノドが乾いたなあ。そういえば山の入り口に泉があったっけ」


勇者は泉の水を空き瓶に汲みました。
「……あれ、この水、色が変だぞ」


するとボトルの中から声が。「変とは何だ」
「わぁ、水がしゃべった。」
「我は大天使ザドキエル。勇者よ、これでは真のエンディングとは言えない。もう一度初めからやりなおすがよいよいよい(エコー)」
「えー」

気がつくと、勇者は村の入り口に立っていました。宝箱もなくボトルも空。
「くっそー、絶対クリアしてやるぞ」

後編へ続く >>
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。