~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年07月19日 (日) | 編集 |
ちょっと血なまぐさい話をします。
男性諸氏&嫌いな方はスルー推奨で。






よござんすかね?

生理がね。←こういう話です

初潮の時からかなり重かったんですよ。生理痛っていうのは幸いないんだけど、とにかく量が。
エネルギーワークに手を染めて以来、周期についてはずいぶん整って来たし、以前は期間中丸1日眠くて動けなくなったりしていたのもずいぶん楽になってはいたんですけど。
採血するとたいてい貧血で、内臓に異常とかはないので、生理が原因でしょうっていう診断になりまして。
鉄剤飲んでるとまあ数値は上がるんですが、飲み続けると胃だか心臓だかに負担になるって言うし。
治療するにはピルで一旦止めるという話で、でも毎月ちゃんちゃんと来ているものを止めるっていうのもちょっと抵抗がある。

どうもその辺に関する「思考パターン」がありそうだという気がしていまして。
Oリングで「古い血は定期的に全とっかえしなければならない」を聞いてみたら「Yes」だったのです。
そういえばエネルギーワークの始めたての頃の「浄化」のイメージって、
「全身から血をびゅーびゅー吹き出してスッキリ」
みたいなのが多かったのです。

ほんの数年前に聞いた話ですけど、生まれた時に「前置胎盤」だったらしくてですね。
それも分娩直前に判明したので無理くり自然分娩で出てきて数日間血を吐いていたそうなのです。まあ飲んだ分を吐いていたのであって、出血していたわけではないので至って元気だったのですが、それが血に関して若干バーストラウマ気味になったりしていたかな?と。
でも、その時周到に検査したりして、帝王切開して、止血剤とか使われていたら、肝炎になっていたという可能性も時期的にはあったわけですし、そういう意味でホントについていたなぁと思うわけです。

そのバーストラウマ云々はさておいても、なんか「毎月全身の血をとっかえなきゃいかん」みたいな思考パターンがあったようなので、とりあえず
「子宮内膜を排出するのに必要な分の血液はきちんと使い、必要以上には出血しない」
「老廃物は血液に溜め込まず、日々の排泄でちゃんと外に出す」
というように自分に言い聞かせてみました。

そしたら、ここ3ヶ月ほど生理が軽いのですよ。
初めの月は「たまたまかな?」と思っていたのですが、明らかに以前よりラク。
今までは昼でも夜用ナプキンとタンポンを併用したりしていたんですが、今月はタンポン使わなかったし。
おお~、まさかと思っていたけど効いてるんではないかい??
この調子だと布ナプキンの使用率も上げられそうだし、そうすればもっと体調良くなるかも。
あとは数ヵ月後の人間ドックの結果ですな。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。