~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月28日 (水) | 編集 |
最近手近に置いてあるのはもっぱら「アトランティスカード」で、このカードもなかなか面白いですね。
まだあまり回数ひいてないのですが、もうちょっと馴染みたいところだと思い、パスワーキングというほどでもないけど、ちょっとまじめにカードに向き合ってみようと。

と、いうつもりでひいたカードは「POOLS OF ENERGY(エネルギーのたまり場)」
原っぱにエネルギーの渦が出来ていて、ヒーラーっぽい人が手でエネルギーを受け、もう1人の人に流している、という絵柄。
ガイドブックは見ずに、しばしカードの絵を眺めて、目を閉じる。

……と、エネルギーのたまり場へ続いているけもの道がボーっと現れてきました。
けもの道のどんづまりにそのエネルギーの渦があるようです(カードの絵もそんなかんじ)。
渦の中に踏み込んでしまうと上空へ飛ばされてしまう(笑)ので、絵のようにして、手でエネルギーを受けるようにすると、エナジーチャージ!出来るらしい。

そうやってしばらくチャージしていると、上空に何やら黒っぽい影が。
たまり場を占拠しようとしている黒っぽい存在がいる模様。
しょうがねぇなぁ……。
ハラん中に燃えている(まだ燃やしているらしい(笑))炎をろうそくに移して、そいつに持たせてみる。
オーラの黒くなった部分が炎で炙られて浄化されるらしく、だんだん黒さが薄れてきました。
ろうがどんどん溶けて手にくっついてしまい、手を離すに離せず、「あっつ!ちょっとーー!!」とか騒いでいるのを尻目にその場を去ってみました(笑)。

で、なぜか急に会合っぽいシーン。
長老っぽい人を中心に数人が集まっていて、こういうことがちょくちょくあるようだと、たまり場に何かしらの守りをほどこさないと……という話になり、「じゃあ定期的に火をともしときますよ」とか言ってみたり。


なんか変な展開になったなーと思いつつ、ガイドブックを見てみると……

「アトランティスの最後の実験が確定した時、最高神官は、人々が自分のエネルギーを高めたり、自分のビジョンを実現する手助けにするための、高周波のエネルギーのたまり場を作りました。
その後、紫の炎(バイオレット・フレーム)が市民に提供されました。これは、イメージしたり呼び出したりでき、特に人間関係で起こる否定的なものを変容できます。」


ええええええ(゜Д゜)何その炎シンクロ~~
えーとこのカード引いたのは初めてで、絵柄は見ていたけど、解説に炎うんぬんとか書いてあるの知りませんでしたyo。
てか、ハラで燃やしている炎は黄色いんですが……黄色は紫の反対色で(補色というやつですね)これはこれで意味深に思えてしまうま。
たしか辻麻里子さんの「22を越えてゆけ」で、夢の中では色は反転されるみたいなことが書いてあったよな……

おもすろかったのでまた別のカードでやってみようっと。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。