~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年02月13日 (土) | 編集 |
次回のラドりん漫画は「メタしゃんとあたス」の予定~。
やっぱりというかなんというか、長い(笑)ので2~3回くらいに分けるかな。


ごくごくたまーにですが、
「宇宙ステーションやクリロズやその他『上』のイベントに行ってみたいと思うけど、いつも『記憶のお持ち帰り』出来ないし、そもそも自分の守護とか過去生とか感じたことないし、私は『上』と繋がっていないのかなー」
ってなことを伺うことがあって、そういう時は私としては自分個人の体験を語るほかないのですが、
万人が宇宙ステーション的なところを訪問する必要とか、ましてや他者と共通の体験をする必要があるかっていうと、全くもってそうではない
と前置きした上で、
グラウンディングとセンタリングが必須課目ですよ
と申し上げることにしています。


具体的には、基本的なエネルギーワークを日常的に行うということです。

宇宙ステーションへの行き方なんてのも載せておりますが、ここで前準備としている「グラウンディング」と「オーラの境界強化」、これを本当はイベント前にやるんでなくて、日常的な日課とすることをおススメしたい。

これでなくても自分の好きなのでいいんですよ。
瞑想、座禅、レイキ、シータの第7層へ行く瞑想、
石が好きな人は石持って「エネルギーを感じる練習」でもいいし、オーラソーマのポマンダーやクイントエッセンスを本や動画のとおりに真面目につけてみるとかでもいいし、ウォーキングや土いじりがグラウンディングにいいならそれで……と思うのなら、土いじりながら「土に『ありがとう』」しながらとか、要は
不可視の「気」や「エネルギー」というものに思いを馳せる時間
天と地との間に居る「エネルギーとしての自分」に思いを馳せる時間
を作る、ということ。

本を買ったり習ったりはしたくないという方には、手前味噌ながら「愛の循環」というテキストを用意しております(笑)
別所でいうところの「エネ交」と多分同じようなものなんですが、「愛」と言いきっちゃうところがミソとなっております。「愛」なんて……私辛党なので……と引いちゃう方に敢えておススメしたいのであります。

別に一生修行し続けるとかそんな意気込みじゃなくても、ちょっと練習してみようかなーくらいでいいです。
数週間もすればなにかしら変化が出てきて面白くなってくるので。


そんなエネルギーワークとかヒーラーでもないのに必要なのか?と思われるかもしれませんが、エネルギーというものは例えば水が1つ所に溜まっていると濁るように、エネルギーも滞留すると濁る。
現代人は頭を多く使って体は動かさないという生活のため、頭にエネルギーが滞留する傾向にあるのではないでしょうか。なもんで意識して頭を空にしてやると。
スポーツや肉体労働で集中して頭をカラに出来ればいいですけどね~。
あと、何かについてずーっと考え込む癖のある人とかも、その内容に関わらず、リセットする習慣はあったほうがいいと思います。

意識を向けるだけで、滞留していたエネルギーは動き始める。
エネルギーの流れが良くなれば、ひとつのことでいっぱいだった頭の中に、別のインスピレーションの流れる余地が出来る。
内なる導きだとかに気づきやすくなるわけです。
意識を向けていれば、オーラの境界線も強化され、外からの不本意な影響は受けにくくなる。
このへんのことはみゃみゃさんちにわかりやすく書かれてますので、この分野に触れようという人は必読。
グラウンディングについて
ヒーラーになるには


そんなんしなくても自然とアストラルトラベル出来るようになった人も居るとは思いますが、そういう方はエネルギーワークというものを介さない、別の下地があった結果だと思っています。
で、ナチュラルに「飛べる」ようになった人ってたいてい「私おかしくなったんじゃないか」とか悩んだりしますよね。
私は宇宙ステーション行くようになった時「ワークの結果だぜーへっへー」とかヘラヘラ面白がっていましたが(笑)
意図的にやった結果ならコワくはないわけです。


で、1日15分程度、その手のワークが継続出来ないという方は、
アストラルトラベル、チャネリング、ヒーリングの類には携わらない
のがおススメですよ。

だってたまたまうまいこと見えるようになったとして、見えるものが「上で楽しくお茶会~」とは限らないじゃないですか。
戦争中やぐちゃドロ愛憎劇中の過去生とか出てきて対処出来なかったらどうしますか?
私がブログに書いてあるやつは楽しいのを寄り抜きして書いてます。つっても私もちゃんとヒプノとかしてるわけではないので、あんまりぐちゃぐちゃな過去生は知らないですけど。(知らなくて済めばいいですが)

あ、ちなみにそういうぐちゃドロが出てきても、冷静に「守護天使を呼んで持ってってもらう」とか「創造主の光に返す」とかすればいいんで、恐れるこたぁないんです。
アレはいいビジョン、コレは悪いビジョン、という区別はないですから。ただ自分が見ていて心地良くないものは返却しちゃっていいわけです。
でも自分がグラウンディングもセンタリングも出来てない、自分と守護存在の区切りもわからない、ヒーリングっぽいことなんか何も出来ないわ~ってな状態だと、そういう冷静な対処が出来ますかね?ということです。
(むしろ、ぐちゃドロが出てきてくれたら、返却する機会を与えられたということで「おっしゃあ!」とかほくそ笑んだりしますけど、それも度が過ぎると「ぐちゃぐちゃを見ないとクリアリングできない」という思考パターンにもなりかねず、あまり大歓迎するのもどうか……まあ、出てきたものはジャッジせず、ということですな)


そもそも、『上』のイベントとか、守護存在とお話とか、ビジョンが云々とか、全て「自身をクリアリングするの手段」ですからね。
手段を目的にしない、というのも大事なこと。
敵もいないのにかめはめ波撃てたってしょうがないですからね。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。