~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年12月17日 (土) | 編集 |
ラドみしゅ人形をひとにお見せすると「羊毛つついたらこれになるの?何がどうして!?」というような反応をいただくこともあります。
最近じゃ書店にも羊毛フェルトの教本など出ていますし、フェルティングもメジャーな手芸になりつつあるかと思うのですが、ご存じない方はご存じないわけで(当たり前)

なので今回はちび天の作り方をご紹介したいと思います。どんどんぱふぱふ~~

いやその……みしゅろんの「そろそろなんかやれ」的視線を感じるこの頃なもので……
みしゅは働き者だからな……(´・ω・`)






材料と用具です。
11121701.jpg

道具は「フェルティングニードル」という専用の針を使います。太いのと細いのがあります。
本当は安全の為、ホルダーにセットして使うのですが、面倒なので針のままです……。よい子の皆さんはホルダーをご使用下さい。ハマナカとかクローバーなどのメーカーから出ています。
スポンジの上でちくちく羊毛を刺して絡めていくわけです。手芸店では、専用のブラシが台になったものを売っています。スポンジはカラーボックスの蓋に乗せています。必ずこうした針が貫通しないもの(テーブルとか)の上で作業をするようにして下さい。スポンジを手で直接持ってやったりすると100%手に針が刺さります。
というかどんなに気をつけていても何回かは手に刺さります。特に小さいお子様のいるお宅では針の保管や取り扱いには十二分に注意をして下さい。
あとは当然羊毛が必要です。これも手芸店に行くといろいろ売られています。
色は肌用、髪用、服用、目と頬紅用が必要です。
キットを買えば道具は一式ついて来るので、あとは好みの羊毛を買い足せばOK。

フェルティングで人形を作る場合、大きさによってはワイヤーなどで芯を作りますが、うちのは小さいので芯なしでどんどん丸めていきます。
というか、ただただ丸めてくっつける、ほぼこれだけです。感覚としては粘土細工と一緒です。


まず顔から。羊毛を適当に取り出します。
11121702.jpg

手が美しくなくてすみません。
羊毛の量は、足りなければあとから付け足せるので、少なめに。
今回、ちび天としては少し大きめに出来上がってしまったので、この写真の量だとちょっと多かったかもしれません。

太い方の針で、ざくざくと丸めます。
針で外から内へ毛を入れ込むようにして、ぷすぷすと刺していきます。
11121703.jpg

数分もさしていれば、大体こんな風にまとまってきます。
11121704.jpg

髪の毛を用意します。今度は平べったく、ざくざくとまとめます。
11121705.jpg

この段階であまり真面目に固めてしまうと、顔と接続する時に、毛と毛がからまってくっつくのですが、接続用の毛がなくてうまくくっつけられなくなってしまうので、適当に。

丁寧にやるなら毛束を作って、1本1本植毛するように埋めていってもいいかと思います。

饅頭のように、顔を髪の毛で包んで……
11121706.jpg

細い方の針に持ち替えて、顔と髪の毛を貫通するように刺していきます。
11121707.jpg

もしも顔も髪の毛も固めすぎて、余分なはみ出し毛がなくなってしまったら、間に羊毛を少量足してあげればOK。

ここで要注意なのは、後頭部から顔の正面へ向かって針を刺してしまうと、髪の毛の色の羊毛が顔の表面へ出てきてしまうので、なるべく顔をこちら側に向けて作業をするといいかと思います。
髪の毛の方へ肌色の白い毛がはみ出してしまっても、後頭部にはあとから天使の輪をつけるので、あまり気にしなくていいからです。

髪の毛がついた状態です。
11121708.jpg

目の色の羊毛はもうほんのちょこっと、ゴミみたいな量です。これは針でまとめるまでもなく、指でぐりぐり丸めておきます。
11121709.jpg

ゴミみたいな量だけど刺す前はちょっと大きく見えます。
11121710.jpg

大きく見えますが刺してしまえばほとんど顔の中に入り込んでしまいます。
これも、足りなければ継ぎ足せばいいので、少しの量から初めるようにします。

頬紅も同じように刺していきますが、頬紅はぼかしたいので、あまり丸めずに毛のまま刺していきます。目よりも更にちょこっとです。
11121711.jpg

実はピンクの羊毛を切らしてしまって、赤を使ったんですが、ちょっと濃いですね……

上から淡い色をちょこっと重ねてぼかしてみました。ちょうどよくなったかな。
11121712.jpg

頬紅はコピックのようなアルコールマーカーで着色してつけることもあります。
↓ラドりんのほっぺたはマーカー着色です。
0707317.jpg

これで顔部分ができました。
画像の撮影時刻を見ると、ここまで出来るのに30分くらい。
ただ、この段階ではまだ羊毛は固まりきっていないので、このあと胴体や天使の輪をつけると、形はまた変わってきます。
なので、目は最後の最後、完成間際に入れるのが正しい。
ここで目をつけたのは完全に先走りです……(´・ω・`)。
悪い見本を載せてどうするんだ、と思いつつ、せっかく撮影したし結果的には無事完成したから最後まで載せてみることにします。


胴体編はその2に続きます。






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
最近辿り着いて、勉強させていただいております^^

このお人形、どうやって作るのかなと思っていました。
うわ、楽しそう!手先が器用なのですね。

実はワタシ、先ほどハンズオブジーザスを申し込ませていただいた者なのですが、
返信いただいたのが物凄く早くて、自動返信かと思いました…(もしかしてそうですか?)。
どうもありがとうございました^^
2011/12/17(Sat) 22:33 | URL  | 虹 #7RkLIYAQ[ 編集]
いらっさいませ~
>虹さん
ありがとうございます~~
楽しいですよ。手に針さえ刺さらなければ(^_^;)
ハンズオブジーザスも、ありがとうございました。
返信早かったのは、たまたまです(笑)
2011/12/17(Sat) 23:56 | URL  | 楡居 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。