~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年03月11日 (日) | 編集 |
この時のワークで「クリアリングしたあとは最新版のダウンロード」という手順でやるといいかんじ、というのを書いたのですが。

現実面にうまいこと現れる場合とそうでない場合がある。

そうでない場合の時、もう一回クリアしてダウンロード……でいいもんか?
それをしょっちゅう繰り返すのがいいことなのか。どうもそうではない気がする。
根本まで掘り下げていないからってことかな。
それとも目に見えない程度に進行しているってことでいいのかな。

てなことを思っていたら、昨日遠隔ヒーリングをセッティングしたあとでフトンに入った時、みしゅろんがもそもそっと、

みしゅ自分の世界に現れるものはすべて自分の意識が作っている……という捉え方は間違いではないんだけれど、一部それだけでは説明のつかないことがあってね……

うむ、さすがガイドKINである。仕事するねぇ。ほんで?

みしゅ自分以外の存在からシナリオを書きかえられちゃうことがあるのね。

なんと。困るじゃん。

みしゅ自分の中に、その、他の存在からのアクセスポイントを作られてしまって、シナリオを書き換えられてることがある。
この前の(2/29の)記事で、ぽのぽのすると胡散霧消するって書いてあったでしょ?あの胡散霧消しちゃう場合っていうのは、外から書かれたシナリオだったりするのね。

あのー、職場のイメージも胡散霧消していたんですが……(笑)
それって何かアレだね、コンピュータウィルスみたいよね。
その存在の名前を聞き出そうとしましたが、言っちゃうとバレちゃうから……みたいなかんじでもごもごしていました。そういうもんか。
で、そういう外から書かれたシナリオが出てきたらどうするか、っていうのを聞いたはずだったんだけど、

朝起きたら忘れていたorz

しかたないので宇宙ステーションのラドみしゅ部屋へ行って、みしゅろんに聞いてみました。これこれしかじかで、こういうシナリオっぽい時はどうするんだっけ?
そしたらワイヤー巻き巻きしながら、
「え、ボキそんなこと言いましたっけ(しれっ)」

てめぇ(▼皿▼〆)
と思ったら、なんかしきりに目配せしている。ああ、ここでその話したらばれちゃうのね。めんどくせぇな……
目配せで部屋の隅を指し示すのでそちらを見ると、ラドりんが本棚の前で手招きをしている。

ラドみしゅ部屋の様子は、この記事で描きましたが、本棚に天井の高さくらいまである本というのがあって(「レイ」の人がアカシックから勝手に借りてきてるという説が)、その本を開いて衝立みたいにして隠れている。そこに入ると結界されるらしい。
本のページの間に潜ると、ラドりんが分厚い本を持っている。そーじろーさんが隠し持っていた、緑と臙脂の革張りの表紙の本やんかいさ。
「こりがシナリオ本なのね。」(宇宙ステーション版ラドりんなので「だス~」ではない。)
この本がそうだったのか。てか人生が本一冊に納まるって、どんな浅いシナリオなの。で、どうしようか?
「『自分以外の存在からシナリオが守られるように』っていう意図をしてちょんまげ。」(「だス~」でこそないがやっぱりどっかなまっているっていうか、ふざけてる?)

で、そのように意図して本を光に返しました。
本が表紙からページからバラバラになって帰っていって、また表紙とページバラバラ状態で戻って来て、自動的にぴっちり装丁されて、終了?
何か、そう意図するだけで、こちらがあーしてこーしてと指図する必要はなく、必要な対応は上でやってくれるらしい(アクセスポイントの処理とか。削除したんだか統合したんだか不明だけど)
いざ本を開いてみると、以前はまるで読めなかった本の内容が読めるようになっている。
辞書みたいに人名が書いてあって、肩書きとか、人生でどんなことしたかとか書いてあるんですけど……
(゜Д゜;)
自分のとこ読んでみたら超意外な肩書き書いてあったよ。えーっと……保留。
享年○歳まで書いてあったけどそこは自主的にモザイクを入れました(笑)

そのあとでぽのぽのしてみると、対象が胡散霧消するというイメージはなくなっている。
これでようやっと「自己責任」においてワークする、ということが成立するのかな。
うーん。(-_-。)ややこしいぜ。←といいつつそれを面白がっているんだから世話ない。


こんな具合で、本を読みかじっただけで半端に使っていた、シータヒーリングのワークなんですが。
ついに今週末習いに行くことになりました!\(^o^)/
と言っても、自分用以外に使うつもりがあまりないんで、だったら本で独学でもいいんじゃないかっていう話もあるんですが……
たまたま会社の休日とぴったり合う日程のセミナーが、地元であったもんで。(そんだけw)
独学と、習った場合の違いの検証も、独学をやってみないとわからんことですので、意義はあるかなと思いまして。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。