~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月09日 (木) | 編集 |
最近木でワンドを作っています。
石も好きだけど木も好きなんでね~。
在庫が集まったら持ち主をゲリラ的に募集しているので、チェキしていただきたいと思うわけです。

作例↓

右2本が自分用。やたら長いです…。

私の場合、の話しかできないんですが、ワンドの使い方について。
あまり石と変わらないですがね。同調して、プログラミングして、起動する。石の使い方はPCにたとえられることが多いけれども、そんなかんじ。

まず握ってみる、もしくは木目など眺める。握り心地がいいとか、見ていて飽きないとか、とりあえず気に入れば同調できたと判断。
さらに、自分のワンドになってもらうために気を込めるとかします。自己紹介みたいな。実際自分の名前を言ったりしてもいいし。気を込めるには握って目を閉じてじーっとしてるとか、手や指で本体をなぞるとか。一番良さげだったのはヴォーゲル水晶でなぞった時。ヴォーゲルもワンドなわけですが、これはじょうご?ろうと?みたいな使い方が適しているらしい。
気がよくわからないという方は、湿布のCMなんかで血流が良くなって全身めぐっているような図があるっしょ。あれを思い浮かべて、自分の手からワンドへ何か流れているとイメージすればいいと思う。
レイキしている人はレイキしてもいいかもしれないし、一緒にMAPしてもいいかも。
プログラミングといえば自分の願望を込めるとか、使う目的を込めるとかだと思うんですが、私はこのワンドは何が得意かな~っと探りを入れて、それが何となくわかったらそのとおりにしてもらう、ということが多いかな。
あとは、対象に触れるか向けるかして「浄化して」とか「活性して」とか。おいしくない水をおいしくするとか。(木のワンドは水にじかにつけない方がいいかも。コップの上からでOK)
私が良くやるのは、ワンドを下向きに持って「グラウンディングさして~」とかやりますね。水晶でもできるけど。

____________________

なぜワンドや石が必要なのか。
ワンドや石がヒーリングしたり、魔法を使ってくれるわけではないのですな。
私の場合は単に、あった方がやりやすいというだけで使っているのですが。一般的な解釈としては石は増幅しワンドは方向づける、というかんじでしょうか。
道具があれば出来る、ということは、なくても出来るだろうと思うのですな。
レイキに熟達するとシンボルを使わなくてもよくなる、というのと似たようなことで。

先日、ヒーリングテンプルを、レムリアングリッドなしでやってみた。自分に。
キツかった(^_^;)腰がバキバキいいました。
何だろう、私の場合、石があると効果がやわらかくなる…らしい。
そういえばシルバーバイオレットフレイムのアチューンメントの時も、綾音さんが石を使ってくれた時は穏やか~で、石なしの時はガツーンと来てました。
あくまで、私の場合なんで、本気に受け取らないで欲しいんですけど。

要するに、ワンドや石を使うと、「我」が入らない、というのかな。「我」は「エゴ」か。
ヒーリングの場合、「私がやってやるぜ」とか「こうなってこうなれ~」みたいなのを入れずに、上にお任せ~なのがいいんだけど、どうしても無意識に入ってしまうらしい。
それを、「ワンドでこうやるんだよ」とか「シンボルはこうでマントラはこう、するとこうなるよ」とか言われると、あ、そういうものなのね、と潜在意識が納得して、自力で「ああなってこうなれ」にならないで済む…のだと思う。

原稿描く時や、アクセサリーやワンド作る時も、MAP開いたりエンジェルカードをそばに置いといたり、LBRPしといたりすると調子がいい。
天使も本来呼ばなくてもそばにいるものだと思うけど、私はこういうもの造り作業しているとガッと根詰める方で周りが見えなくなりがちだったりするんで、無意識に一人の世界というか、結界作ってるのかも、呼んでおかないと皆さん入ってこれないのかも、という気もしている。

てことは、相当、エゴが強いんですなorz
スポンサーサイト
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。