~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年09月17日 (火) | 編集 |
今日は気分を変えてMagical Mermaids and Dolphinsでやってみます。

「mother healing」
「time to move on」

メタ「なぜこのカードを?」
え、気分を変えようかな~って。
メタ「このカードは女性性に強く訴えかけるカードだ。
あなたは以前からことあるごとに、女性性を使うのがカギだ、というメッセージを受け取っているよね」
はあ…そうなんですけど。
メタ「使えているかい?」
ないですね。
メタ「このカードを選んだということは、そろそろ女性性があなたに訴えかけようとしているんじゃないかな?」
ムーブオンっちゅうてますからね。

メタ「2枚のメッセージを要約すると、母親との関係において古いエネルギーを手放しましょう、と言ってる。」
母親とは仲良い方だと思いますが…
メタ「それでも、完全にオープンな関係かというと、」
ではないですね。
メタ「隠し事のない関係にする必要はないが、それでももっとオープンになれば互いに心地良い関係になれる部分もあるんじゃないか?

母親と娘というのは、近しい分、お互いの女性的なというかメスの部分を、見たくなかったり、見せたくなかったりという、複雑な心理が働く微妙な関係だ。
その、わだかまりがちなエネルギーを手放して、個々の女性同士という関係に近づけることが、あなたの女性性の解放への一歩になる、ということだ。

そのためには『(古いものに)さよなら、と告げるだけで良いのです』と書いてある」

なるほどねぇ…
しかしそううまく行くんでしょうか?
メタ「そこは『お任せ』するんでしょ?ガイドブックのこのカードのとこにも書いてある、計画をせず、恥ずかしがらず、心配もせず、あずけましょう、ってな」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。