~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年05月16日 (金) | 編集 |
5/17の遠隔ヒーリングですが、せっかくヒーラーが4名いるので役割分担を~という話になり、私がとっさにでっち上げたテーマが

「ライトボディにおけるトーラス構造的エネルギー循環の活性」

っつって…

何?(°_°)


トーラスのエネルギー循環の様子は、この記事に貼ってある動画がわかりやすいかと。


えーと話せば長いのですが、無理矢理手短にしますと、
長いことスピをやっていながら
「ハートを開く」
ってことがわからなかったのですよ。

ハートを開きましょう☆とか耳タコで聞くんだけど、具体的な方法が一切見つけられなかったのですな…。

んである日、あまりの閉塞感で潰れかけて、
ハート開くやり方おせーろやゴッルァァァ(゚Д゚#)
っつってキレたところ、
胸とみぞおちの中間あたりに、「ハートの核」のようなものが現れました。

昔、ミカンを入れる赤いネットをクルクル丸めて、リンゴを作って遊んだじゃないですか。
(このたとえ何歳まで通じるかわからんのだが)
あるいは、ソックスを足首までクルクル丸めた時のドーナツ型。(これも世代限定か?)
あれが胸の中心にありました。
ハートチャクラとも、心臓とも、微妙に違う感じ?

その、リンゴだか靴下だかを、延々とクルクルし続けるってーと、状況は何ひとつ変わっていないのだけど、閉塞感がスパーっとなくなって、みょーにスッキリしてしまった。


このリンゴ的靴下的なものが、先の記事のトーラス動画と同じ動きをしていたのであります。
ネットで何となく「トーラス」を調べていたらリンゴが出て来たので
ハァ!?(゚Д゚)
ってなったw


私の感覚では、人体には大小2つのリンゴ型が確認されるようです。
小さいのはハートの中心、大きいのは体の外側のいわゆるオーラと言われる部分を覆う形。
大きいのは、ドンドン広げて行って地球や太陽系や銀河系や外宇宙パラレル宇宙その他の領域まで含めることも、可能っちゃ可能のようです。

2つのリンゴは両方ともハートの中心を起点に無限に循環しており、その起点となる部分はいわゆるゼロポイント。
ゼロポイントを通過するドーナツの穴部分には天と地を結ぶ柱が通っている。

つまり、この、トーラス的循環がイメージできれば、グラウンディング及びセンタリングもできちゃってるというわけ。


ちなみにその、初回にハートでトーラスぐるんぐるんが起こった時は、ひとしきりぐるんぐるんしきったあと、ハートの核の部分が紫色のブラックホールになりました。

ほしたらトーラス=ブラックホール?説に言及する記事もあったり…

その後色々と検索しましたが、スピ的には「スライヴ」でトーラスが取り上げられていたそうですね。
無限循環ということでフリーエネルギー技術的にも云々…とか。
しかし、あたしゃ幾何学的物理学的なことは、ようわからん…(´Д` )

ともかく、エネルギーの流れはこんなんなっていると思ったらいいのかなってことで。
それも、こういう風にエネルギーを回す!っていうんじゃなくて、
こうなっているのを見る(観る?)
っていうのが良さげかな。
自然と「こうなっている」とわかる、っていうか。
それを称して「トーラス循環の活性化」と言ってみるテスト。

当日はそんなことをイメージしてブッダはん呼んでみようかと思います。
お申し込みは17日22時まで、⇒みゃみゃさんブログの告知記事 にて。


時には逆ギレも有効ということで…(それはどうか

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。