~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年07月21日 (月) | 編集 |
昨夜珍しく眠れなかったのだけど、その時ちょっと気づいたことがあったのでメモ。

うちの両親のあるあるでよく漫才みたいなことが起こるわけでして、
母「(アナ雪はまり中の為)メイジェイがTVで……」父「名人?何名人?」
母「堺雅人が……」父「堺正章?」
っつっていまいち話が通じなくて、妹となんなんだろうあれは、って笑いながら話していて、
「知ってる単語に変換しないと気が済まないのだろう」
ということになりました。まあ個々の文化の違いとかあるからそれはそれで良いのですが。

それを昨夜思い出していて、あっ、と思ったのでした。

会社を休んで何をやってるかっていったら、家事をやるか、家の周りをウォーキングするか(あやしい)、YouTubeはしごかくらいのものでして、YouTubeの中でも、人の声がするのが好きなので「スピリチュアルTV」をBGMっぽく流していたりします。(2時間とかあるから真面目に視聴するには長い)
で、いわゆる「覚醒者」っぽい人がゲストに出てきてインタビューする番組とかがあって、なんかいらっとするなと思ったら、ホスト役の人がたいていゲストの言葉を言い直すんですよね。たとえば、
ゲスト「かくかくしかじか、な体験をして……」
ホスト「それは何々教でいうところの○○みたいなことですか?」
ゲスト「よくわからないけど、そうかもしれないですね~」
てなかんじ。
もしかしたら○○とは似ているだけで違うものかもしれないじゃない?
あと、視聴者がUstreamのチャットに書き込む質問も
「ハートを開けば幸せになれるということですか?」
とか、ゲストの言葉を全然反映していない質問だったりして。

はいキタコレ。これ父やスピリチュアルTVへの苦情ではなく、私へのメッセージです。

初めて聞く言葉、よく意味のわかっていない言葉を、自分の中の辞書のそれに置き換えてしまったら、成長はない!
相手の体験についてインタビューを聞いているのだから、その相手の体験を自分も知りたいはずなのだ。
改めてその言葉を、自分で体験しなおせ!

ということなのです。
やり方はたぶん、「かくかくしかじか(相手から聞いた言葉)という体験を私にわかるように最高最善に見せてください」
みたいなのでいいんだろうと思い、今まで引っかかっていた言葉についてオーダーしてみました。
結果はまだ不明ですがとりあえずメモ。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。