~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年08月26日 (火) | 編集 |
会社との調整もろもろの都合で、社会復帰が1ヶ月延期になりました。
そろそろ、全然違う話題を…。
ちょっと血なまぐさい話ですが、よければ続きをどうぞ。





生理用品なんですが(そういう話です)
生理痛は幸いにしてないんですが、量が多くてね。
婦人科でホルモン剤処方されたこともあって、飲むと量は少なくなるんですが、微熱が出たり卵巣が腫れたりして、副作用があるのと、心療内科受診の前に、症状の原因として疑わしきを排除ということで、その薬はやめさせてもらいました。
そしたらホルモン治療前よりひどくなった(´Д` )

セルフヒーリングでもいろいろやりましてな、毎月そんなに内膜つくんなくていいよとか言い聞かせたりw

布ナプキンにすると量も少なくなるよと教わったんですが、私にはなかなか使いこなせなく…
みゃみゃさんからもいろいろ教わりましたが、うーん。
布ナプキンで量が少なくなるのって、吸収剤を体に取り込まなくなるからとかいう説もありますが、結局体が経血コントロールモードになるからじゃないかと(トイレでまとめて出すっていうやつ)
量が多いうちはケミカルナプキンと併用せざるを得ないし、ケミカル使ってるうちは布ナプキンの恩恵には預かりにくい。

漢方薬も、薬剤師さんにすすめられたやつをしばらく飲んでみましたが、3~4瓶飲んでもよくわからないので休止。

なんかねーのかよと、ある日ネットをさまよっていたところ、
経血カップ
なるものを発見。なんですのそれは?

曰く、
・膣にシリコンのカップを入れてそこに経血をためる?
・トイレで取り出して、洗って、また入れる?
・もれないし、タンポンと違って血が粘膜に触れないので、ナントカ症候群(調べて書けよ)のリスクも低い?
・半永久的に使える?
・欧米では50年以上の歴史がある?
・使ってるうちに経血量も減ってくる?

なんですのそれは!!
コップに血を溜めてトイレでジャーっととか、
なにそれこわい(´Д` )

……と、思ったのですが……
しばらく考えて、試す価値はあるのではないかと……
ちょっと前の記事だと、iHerbとかで個人輸入しないと買えなかったとあるのですが、今はAmazonでも買える!

Amazonで扱ってるのは、割と元祖的なのかな?「ディーバカップ」というのと、アジア人向けに改良を加えたという「スクーンカップ」というのがあり、スクーンカップを購入しました。

で、先日恐る恐る使用してみました。

感想としては、
・確かに漏れない
・1日目はほぼナプキンいらず
・2日目、3日目の、量が多い時は、流石にこれだけじゃムリ
・2時間おきにトイレにいければ、失敗はなし
・ペットボトルに水を入れてトイレに持ち込み、洗い流して入れ直すといいかも

ということで、私的には
これはいいものだ
となりました。
当然、フィンガータイプのタンポンを入れられない人だとムリですけどね。
あと毎回手が血まみれになりますけど…(´Д` )

プロモーションの動画で、水泳してるシーンなんかもあったりするくらいなので、お風呂も余裕です。
タンポンもお風呂入れるといいますけど、カップだとシリコンだから、体を洗った後、湯船に入る前に入れてザブン、というような自由度があるわけです。
お風呂から上がる時にバスタオルを汚さないようにとかいう気遣いも無用。これはかなりのストレスフリーさです。

これが、なんで、日本で大々的に製造販売されないかって言ったら、そりゃあ、ナプキン売れなくなったら困るからでしょうねぇ、っていう……

というわけで、私としてはえがったえがったというお話でした。


…ちなみに、このスクーンカップ、注文した日がスーパームーンだったって、あとから気づいたっていうね……( ̄▽ ̄)




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。