~ ウキウキ☆RaiseMeUp 内なる炎を燃やす魂実験房 ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月10日 (土) | 編集 |
主な「飛び」先。
※フィクションです(笑)

●宇宙ステーション
じぇいどさんのブログから名称を拝借した、別次元の(見えない)存在とバーチャルリアリティを介して交流するための異種交流場。
高次の存在が物質界に「降りて」くるのは(その逆も)リスクがあるので、中間地点にこういう施設を設けたんではないかと……。
各存在は「アバター」のような仮の姿で出てくると思われる。例えば天使族は普通の人間っぽい服装、翼のない状態、など。見る者の状態によって違うかも。

●執務室
宇宙ステーション内にある、各存在と面会する部屋。存在によって部屋の様子が異なる。
「アンジェリーク」の影響と思われるので同じ呼び方で。

●宇宙図書館
いわゆるアカシックレコード。人類の過去から未来までの全ての歴史、各個人の魂の青写真等が記録されている。
高い塔に本棚がつまった状態。柱は金、床は白と黒の市松タイル。
最近は受付でキーワード検索すると奥の小部屋に通されて該当する映像をスクリーンに再生してもらう、という形式が多い。

●ヒーリング・テンプル
レムリアのヒーリング寺院。円形の広場で周りをレムリアンシード(水晶)の柱が囲んでいる空間。
ここへアクセスしてからヒーリングをすると効果が高い(気がする)。レムリアンシードのグリッドを通してアクセスするが、グリッドなしでも行けないことはない。
「レムリア」の単語にビビッと反応する人、レムリアンシードに惹かれる人ならアクセス可能と思われ。

●どでか水晶の洞窟
師匠と対面するための空間。
水晶の鉱床の最奥にあり、大きな水晶(アースキーパー?)がある。
入ってしばらくは光が溢れて何も見えない。

●天界
雲の上に色素の薄い人たちが住んでいる、ステロタイプな「天国」イメージな空間。
今のところ自在には行けない。
ライトブルーのクリスタルグリッド(アクアマリン、セレスタイト、ラリマー、アンハイドライトorセレナイトなど)がゲートになるらしい。

●闇の花園
天界と対極にある場所。闇の中に一面花畑がある。
関連記事

●オーバーソウル
天界より更に上にある場所。光しかない。
今まで体験した情報をダウンロードして自分の記憶領域を軽くしたり、新たなプログラムをインストールしたりバージョンアップしたりする。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。