FC2ブログ
~ 内なる炎を燃やせ 燃焼系人生ワークブログ ~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月17日 (水) | 編集 |
また宇宙ステーションに立ち入りづらくなっていて、行けない時はせいぜいセルフヒーリングをしております。

新しいステーションの構造は、
・入り口に青い狛犬(ケルビムということにしてある)
・入り口を入ると白い石の地面の広場(でかい)
・正面に銀色のでかい建物、右側に川
・建物の中に工場、旧ステーション(極東学園)、セッションルーム他いろいろ

青い狛犬に挨拶をして広場に入り、なんとなく建物の外にある川で泳いでから(禊ぎ?)建物に入ることにしています。
泳ぐといっても浅いところで横になって頭から足へ向かって水が流れるに任せるだけなんですが、川は真ん中あたりが急に深くなっていて、流れも速くて危険なので、1人で入ってはいけないと言われている。
たいてい入り口を入ると、誰かしら広場に居るので、その人をつかまえてざぶざぶ水浴びしてから建物に入りますが、ざぶざぶしてる時点で寝落ちすることもしょっちゅうorz

先日、好奇心から師匠改め修羅さんと一緒にその真ん中の深いところへ潜ってみたら、なにやら洞窟っぽいところへ出てしまい。洞窟を抜けると山あいの草原に出ました。少し先に街だか村だかがある。
ここへは以前来たことあるような……。と思っていたら修羅さんが
「必ず迎えに来るから……」
とか言っている。
ん?何ですと?
迎えに来るから…って、まるでここに放置するみたいじゃないですか。

そしたら、やっぱり放置するつもりらしい。じりじり後じさっていく。
え~、統合云々とか言って胸の中に入って来た時、これからはどこも行かないずっと一緒だ、って言ってたじゃないですか。
「ずっと一緒だよ、体は離れていても」
なんだよそれ~!?
去っていく修羅さんの背後に、修羅さんよりさらに背の高い男性が付き添っている。
メタさ~~~ん(´;Д;`)
メタさんは一度こちらを振り返ると、修羅さんを促して2人一緒に消えてしまった。

その場でべそかいていると、いつの間にか目の前に初老の神父さんがいて
「お帰り、よく戻ってきたね」


[続きを読む...]

2007年08月13日 (月) | 編集 |
これの続きです。

さて、彼女の生を最期まで見終わったあとで、宇宙ステーションに行ってみると、メタさんの部屋で朝ご飯食べていました。何となく全身光っているように見える。
膝に例のローズクォーツをのせていて、返してくれる。
「あれから(死んでから?)ここにいて、何日経ったのやら」とのこと。
うーん、なんだかな(汗)
ともかく行くとこへいっとかないと……ということで、朝ご飯が終わってから「光に帰る」儀式で、オーバーソウルへ帰ってもらいました。本当は今の自分と統合してもらうといいのかなと思うんだけど、師匠も何度も光へ帰っていたし、本人の意志も確認できていないし、とりあえず帰ってもらった。

その後、ケルビムさんに呼ばれて、ケルビムさんの部屋へ。
ケルビムさん……と仮に呼んでいるわけですが、うちにある水晶の中に居る存在だとかで、それがものっそいインクルもクラックも少ない石なせいか、透明でぷるぷるした、でっかい寒天のような(笑)外見をしている。
「愛されないことを選択している、というのがわかったかな?」
ハイ、でもそれは彼女の生ではベストな選択だった。わかってしまえば選択しなおせばいいんですよね?
「では、どうする?」
もちろん、選択しなおします。
というわけで、契約書を燃やしたり、新しく「愛されることを選択」する宣誓をしたり、それっぽい手続きを。

ケルビムさんの部屋を出ると、廊下に彼女が立っている。
統合してくれるらしい。わーい。つか、展開はやっ!
「相手がしずく型の鉱物になって、それをハートの中に入れる」というのがパラレル自分との統合の儀式らしい。アトランティアンの時は光に帰した時点で水色のしずく石になったのだけど、この場合どうすればいいかな?
とりあえず愛の循環をしてみると、彼女の外見が伸びたり縮んだりして、ペアシェイプカットのアメシストに変身。
ヒトによって石の種類違うんですか。ハートにそれを押し込むと、全身に霧のようにぱーっと広がっていく。

若干よれよれしつつ(笑)メタさんの部屋へ。
メタさんは仕事机の前にどっかり座ってて、机の向かいにある椅子を指して「そこすわんなさい」と言う。えええ、何の面接ですか。
「俺、『契約担当』だって知ってた?」
ん?そうでしたっけ??
今ググったら確かに書いてありました、「契約の天使」とも呼ばれる、って。
……案外覚えてるな自分(笑)
めんどくさげに紙の束をファイルしながら、
「契約書回ってきたよ。確かに受理した」
さすがに仕事が速いな、こっちのヒトたち。
「ハイ、仕事の話終わりー。寝よ寝よ」
メタさんに添い寝されながら二度寝しました。


……この文章量見ると、停滞期間終わったのかなってかんじですが、まだ本調子じゃないですね~。筆のすべりがいまいち。
この記事も一回消えてるしorz
他にもザキさんやメタさんといろいろ話した内容とか、書き留めておきたいんだけど。
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
2007年08月12日 (日) | 編集 |
最近は何となく、停滞時期というか、ガンガンいこうぜというかんじではないかんじですな~。
「光の息吹」のエナジーアラートを拝見したら、かなり自分の状態と重なるかんじで、納得。

が、ここ数日は、カマエルボトルを始めたせいか、@みどりんさん&綾音さんのヒーリング受けたのがきっかけだったか、自動的にワークが始まっております。

まず、先日のケルビムさんの話。「何のためにステーションに通っているか」の答えが「愛を忘れないため」だったわけですが、その時
「もうそろそろ愛されることを選択してもいい」
と言われる。
なぬ?
選択してないっすか??

次に、普段から天使ズの気配がめっきり濃厚になる。
メタさんはわりと普段からうろうろしているけど、「会話するならステーションで」派のザキさんまで。
イクイリブルアムの切り替え時期の特徴かもしれないかな~。
金曜日あたりは1日いろいろ話をしていて、ハートがぱりぱり開いてちょっとしんどくなっていたけど、気持ち的にはシアワセだったりして、なんやら複雑だったり。

で、3日ほど前突然、「愛されることを選択」について考えていたら、
「他人から愛されようが愛されまいが関係ないし。私は私が愛するし私が守る」
という言葉がぽこっと浮かんで、その直後
「あー普段天使と思っている存在も私の中にいる存在なんだな、今のはその存在の言葉だな」
とか思った。
実はある人とややモメて1週間ほど顔を合わせても会話なし、という状態だったんだけど、そのあと会った時には急に優しく接されてびびったり。
その時は、インナーチャイルド関連かな?と思っていたら、実はそうでもなく……。

それと過去生モノ。
ステーションの七夕祭りで出てきた「第三の目が開いててもいいことなかった」と言う女性。
その人は以前教わった過去生のヒトではないかと思ったんだけど、なんでかステーションに行こうとすると風で飛ばされたりメタさんに連れてかれたりして、彼女のところに行かされていた。
ので、なんとか話をしようとするんだが、向こうにしてみたら得体の知れないモノなわけで(笑)

[続きを読む...]
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
2007年06月26日 (火) | 編集 |
嫌な夢を見て起きて、逃げるように宇宙ステーションへ行ったはいいけど、ここもなんだか不穏な雰囲気な上、待ち構えているのが鬼教官ふぉんふぉん(^^;)
ふぉんふぉん…そろそろその役割分担ことわった方がいいんじゃないか……?
で、こないだの旧職員室だった大部屋のドアを開けると、床が消えていて、遥か下方に海面。えーと…これやっぱりアトランティス…?
聞く暇もなく後ろから突き落とされる。ひぇえええっ、と咄嗟に背中の羽根が開いて上昇。いつのまにそんな技を。
例の水色の塔のそばをふよふよ飛んでると、上空に天使が女性を抱えているのが見える。あれはメタさんがアトランティアンを連れ出したとこだろうか。
すると津波が起こって塔を飲み込もうとしている。アトランティアンの肉体はまだ塔の上のはず…本当にあの状況で助かったりするもんだろうか。
でも、アトランティス系の情報を見聞きしても「痛み」とか「悲しみ」とかを感じないのは、その瞬間に魂はその場にいなかったからなのかな、と思う。

次の瞬間、宇宙ステーションの一室に居る。
ベッドに寝かされていたアトランティアンの女性がちょうど目を覚ましたところ。
貴族の寝室のような、壁や柱が金ぴかに塗られた内装。眼がチカチカする。アトランティアンが不思議そうに部屋を物色するのを、私は斜め上からの視点で見ている。
確かにいきなりこんなとこへ連れ込まれたら痛みだの悲しみどころじゃないなぁ。
部屋の脇にある扉を発見、開けようかどうしようか迷っていると、扉の外から「入りなさい」の声。
扉を開けるとメタさんの部屋で、今生の自分がいる……。
ってことは、これはラドりんの視点だスかね~?

そこで回線がぷっつり切れて、イメージも強制終了。くっそー、いつもいつもいいところで~。
で、目を開けると普段どおりの自分の部屋なんだが……目をつぶろうとするとやっぱり不穏な空気~~。人の顔がいっぱい出てきたり、床から手が伸びてるような気がする。
ヤバいよヤバいよ~。金縛りとかはないのであくまで内的なアレなのだろうが、よろしくないですぞ~。
色々手段を講じてみるも、芳しくない、というか落ち着いてアファメーションとか唱えられない。もう一度宇宙ステーションへ避難してみる。おっ、行けたっぽい、誰か居る…と思ったらそいつが真っ黒い魔物に変身して襲ってくる。
うにゃ~、もうダメぽorz
すると、すんでのところでメタさんが上空へ引っ張りあげてくれた。

上空でホバリング中のメタさんにしがみついたまま話をする。
うー、メタさ~ん、私何か憑けちゃったんですかね~?
「エゴが最後の抵抗をしているな。スキルを取り戻したら、あんなことやこんなことがあるかもしれないぞ、おっかないぞ、ってな」
ぐはぁ(´Д`)んもー、人間の意識のなんと厄介なことよ。
「紫の炎を使いなさい。私ごと燃やしてもいいから」
えええ……
んじゃお言葉に甘えまして……と、ブンブン棒で紫の炎を自分に向かって起こす。
うはー、メラメラ燃えてます。熱くないけど。メタさんには火はつかないみたいで、ホッとする(ネガティブなものだけを燃やす炎らしいので)
しばらく燃やしていると、どこかで「Congratulations!」という機械っぽい声が。……むむ?もう浄化できたのか?

いつの間にか宇宙ステーションの廊下に立っている。
茫然としてると、アトランティアンの女性がやって来た。
「カイラースの祝福を」と言ってこちらに両手を広げる。すると両手の間から水色の光がぶわーっと広がって、何か音楽が流れてくる。
メロディアスな、とても美しい曲。ちゃんと日本語の歌詞もついて、男性の声で歌ってるのが聞こえるんだけど、歌詞の内容はもちろん忘れましたorz
カイラースって……チベットの聖地じゃないですか!?って、この人に言っても通じないか……?

「もう時がありません。そろそろ肉体に帰らないと」
……帰るの!?アトランティスはもう沈んでて、肉体がどうなってるか、これからどうなるかわかんないのに。それでも生をまっとうするんだね。
思わず彼女を思いっきりハグする。ガンバレよ~(´;ω;`)
……いや、おいらもがんばらねば。何をどうがんばるのかわからんが、とにかくいろいろやってみるさ。

……てなかんじで、ようやっとアトランティスについてはひと段落ではないかと。
封印されたスキルがホントに手に入るのかどうかは、まだこれからですが。
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
2007年06月24日 (日) | 編集 |
昨日は夜になって頭痛と目の奥の痛みで眠れなかったっス。
しまいには吐き気もするし……。
「古い魂」ボトル開けてみるか、エナジーレスキューか、と思いつつ、棚まで動くのもしんどいし。
横になっている方がキツいみたいなので、座椅子に座ってMAP。
2時過ぎになって何とか眠れたっぽい。

翌朝はなんともなし。
うーん、エネルギーシフトのたびに頭痛は勘弁して欲しいな……。
宇宙ステーションへ行こうとしても、うまくいかない。MAPの後はいつもちょっと繋がりにくい。回線をリセットして再調整しているのかな?
以前「MAPするとステーションと繋がらなくなるんだけど、やんない方がいいのかな~」とふぉんふぉんに聞いたら、
「だらだら繋げっぱなしよりは時々リセットする方が、運用としては健全だ」
とか何とか言ってたので、まあ、いいのかな~。


さて、夏至のアトランティスワークの続きです。


目の前に現れたミカエルと思しき天使に言う。
さあ、バッサリやっちゃって下さい。この生を切り離して浄化すればもう「無駄な仕事」に悩む必要はなくなる。
↑この辺のヤケのヤンパチなかんじは、このアトランティアンの気分なんだろうな~。
「そうもいかないんだな~」
次の瞬間、天使の右手に小さい石がじゃらじゃら踊っている。あれ?あれは私の体に埋めた石じゃなかったっけ……??
「これで今回の生は終わり、だと思ってるようだが、そうとも限らないよな?」
ええ~……だって大陸沈没が先か自分が日干しになるのが先か競ってるんですぜ。
「確かに、この大陸の役目は終わりだが、この塔はかなり高さがある。この先端が水面に届くまでには時間がかかりそうだし、地面の上に居る者とは異なった条件にあることは確かだ」
ねーよヽ(`Д´)ノ
と思いつつ、実は「故郷がなくなったあと別の国で目覚めて茫然とする」という図も、ちらっと見たことがあったり……。それがこの生の続きなのか定かでないわけだが……。
「そう簡単に終わってもらっちゃ困る。さあ来なさい」
いつの間にかその天使の腕の中にスッポリおさまっている。もしかして肉体から抜けたのかな?
ところで……。おたく、もしかしてもしかしなくても、ミカエルさんじゃない……??
「名前が必要なのか?(口の端でニヤリ)ミカエルと思いたきゃ、思っていればいい」
その返事は……もういいです、ようわかり申した……。


……と、ここで、宇宙ステーションに戻ってきた。
目の前にレミエル、その後ろにミカエルが立ってて「斬るもんなかったから、出番なかったよー^^」と言ってニコニコしている。
「あなたは、過去でも今も、無駄な仕事など何ひとつしていないよ。この世の中に無駄なものなど何もない」
そうだといいけど…というか、理屈としてはそうだと思うんだけど、それに関する感情の方を斬って欲しかったわけで。
「それは、あなたがこれから、無駄でなかったことを確認すればいい」
ふごー。
背後に気配を感じて振り返ると、やっぱりしっかりメタさんがいるし。

その晩は宇宙ステーションのメタさん部屋にお泊りして、翌朝。
そんで、あれからあのアトランティアンはどうなって、このあと私はどうすれば……?
「ふむ。つまり封印されたスキルをどうするかだな。スキルを手に入れて、どうする?」
えーと、今度は地球や宇宙と調和するために使います。
「それが聞きたかった。(部屋の外に向かって)入りなさい」
すると、女の人が若干おどおどしつつ部屋に入ってきた。細身で、長い黒髪で、薄い水色のワンピース。あのアトランティアンだ。
メタさん……ここへ連れてきちゃってたんですか。
改めてみると、あの水色の塔を擬人化したみたいな人だな~と思った。

……で、その後、その人と会話したり、何やらいろいろあったはずなんだけど……
覚えてねぇ~~~~~ヽ(゜皿゜#)ノ
バッチリ寝落ちです。ハイ。
3回にも渡って引っ張ったくせに、まだオチがついておりません。むぉー。
どうも、あの「体に埋めていた石」が、「封印」だったんではないか、という気もするけれども……。


ところで、ユーリさんの記事拝見してビックリ。こんなところに被験者が(爆)
何なんだろう、共通のビジョンを体験するって言うのは、どこかの集合無意識へアクセスしているんでしょうかね~?
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
2007年06月22日 (金) | 編集 |
今夜は夏至のエネルギーをお借りして、何やらワークする…というか既にしているらしい。昨晩、日付変わる直前から、上のヒトたちやけに張り切っていたような。
で、今日は朝から腰が痛かったorz
腰にブロックがあるあるとは言われていたんスが、今まで自覚症状一切なかったのよね。ついに来たか~。痛みがあれば対処する気にもなろうというもの、よしゃよしゃ。
と思ってたら夕方にはけろりと痛みがなくなってしまったんですが……。


てことで、前回の続き。
……さて、宇宙ステーションに着きました。ザキさんは普段のスーツ姿に戻っている。
廊下を歩きながら、「誰か、サポートを呼ぶといいんじゃないですか。誰にします?」
ほへ?
えーと……多分、「スキルを残さないとこの仕事が無駄になる」っていう感情をリリースするのがいいんじゃないかと……。となるとやっぱりバッサリぶった切り系?となるとミカエルさんかねぇ。
「他には?」
何、他にだと??うーん……天使の役割分担なんか暗記してないからな~…。
多分、しまってあるものを浮き上がらせることになるんだろうな。となると闇のヒトの管轄か。となると(なるとなるとってうるさい)レミエルさんくらいしか思い当らない。それともミカエル呼ぶんだったらルシ様にすべきか?自在に呼び出せるほど、まだ親しくない気がするんだけど。

以前書いたようにこの施設は実際通っていた中学と同じつくりで、ザキさんは職員室にあたる大きめの部屋の扉を開けた。職員室だったはずが、小さめのテーブルと椅子が数脚あるだけで、がらーんとしている。
で、ミカエルとレミエルが待機していた。
椅子に座らされ、レミエルが額と後頭部に手を当てる。


抜けるような青空、足元を見ればエメラルドグリーンの海、海からにょっきり伸びた水色の透明な塔の先端に寄りかかっている。
というか、はりついている?
体内に石を埋め込んで塔の先端にはりつけになるのが何の効果をもたらすのやらさっぱりわからんが、とにかくそうやって最期をむかえることにしたらしい。人柱とか生贄のつもりか?何か理論的なアレにもとづいた術なのか?さっぱりわからない。
日差しが強い。太陽の光線がうんにゃら…とか考えていそうだけど、やっぱりわからない。
視点だけ当人のもので、思考は現在の自分なのか?意味ねぇ。

すると眼の前に金の鎧の天使が現れる。
来た来た、ミカエルさんだ。ささ、一思いにバッサリやってもらおうか。
もうどうせこの大陸もこの生も終わりだ。


……まだ続きます(連載!?)
テーマ:自己啓発
ジャンル:心と身体
2007年06月22日 (金) | 編集 |
最近は「22を越えてゆけ」に書かれた方法も追加して宇宙図書館を覗いてみたりして、どうも「水没した文明」がらみで何かネタが残っているようなフシがある。

宇宙図書館のつくりそのものは、以前から何となく見ているのと大きくかわりはないんだけど、ちょこっと詳しく見えるようになった気もしなくもない。
図書館には「ガイド」がいて案内をしてくれるんだけど、私のガイドは、黒くて長いソムリエエプロンをしたカフェのギャルソン風な青年。しかし顔をよく見ると、目玉がでっかくて、ぐるぐる2色の渦を巻いている。
キモい。
何星人?思わず「今日は案内は結構です」とか言ってしまった。
背の高い本棚の間は通路になっていて、ところどころ泳がないとすすめないほど浸水していたりする。やっとこさ目当ての本のありそうな棚の前に着くと、ぐるぐる目のギャルソンがニッコニコで布張りの本を差し出してくれる。むう。
しょうがないので一緒に壁際のベンチに座る。本は挿絵と文章で構成されていて、字は読めないけど、必要な箇所をギャルソンが要約して読み上げてくれる。

そういえば「22~」には「転生しても目の奥の色、声の印象、指先から出る光は引き継がれるので、登場人物の見分けはつく」って書いてあった。
宇宙ステーションでニセモノを見分ける時に目を見るというのはあながち間違いではないんだなぁ、と思って読んだのだった。
で、ギャルソンの目の奥を見てみる。緑とピンクのぐるぐるの奥に、紫色の炎がめらめらしている。
……なーんだザドキエルさんか。

で、その「水没した文明」、面倒なので仮にアトランティスだとしましょう。「個人の本」によれば、
・ある高官の下で石を使って仕事や研究をしていた
・挿絵によるとけっこう無茶な人体実験とかしていたっぽい
・アトランティス末期、高官(というよりは、小役人という印象)から文明の崩壊を食い止めるよう言われる
・が、もちろんどんもならない
・(なぜか)命令に背けないので無駄な仕事と知りつつ研究を続ける
その辺がどうも現在のとある仕事(というか、その仕事に臨む上での心境)にも影響を及ぼしているような。確かに、あまり有効に活用される気がしない仕事なんだよな~。
このアトランティスのマッドサイエンスクリスタルワーカーは、無駄な仕事のために他人を実験材料にするわけにもいかず、最後には自分を材料にするわけだ。このあたりのイメージは以前見たことがある。額や胸に直接石を埋める手術を助手にさせたりしていた。
で、水色の塔のてっぺんで沈み行く大陸を眺めつつ海の藻屑~、というシナリオ。

しかしストーリーがわかったところで具体的な策が出てこなきゃねぇ。
ザ「この本はあなたが検索しに来ることを知っていますから、解決策も書いてありますよ。えーなになに、『仕事としては無駄骨だが、自分のスキルの肥やしにはなる』と割り切っていた、とありますね」
うは~、割と今と共通の思考回路だな~。でもこの人の場合これで一人生終わりなわけだからスキルも何も……
「つまり、未来の自分=あなたが、この人の得たスキルを活用できれば、晴れて解決となるのでは?」
うーん。なかなか無茶言いますね~orz その、スキルについての記述は?
「この本には書かれていないようです。おそらく封印したんでしょう、この図書館のどこかに、自らの手で」
また無茶な。それこそエリア#13とか行かなきゃなのかい!?あたしゃ幾何学図形やら数字のパズルやらは苦手じゃよ…。そんなに話大きくされてもな~。私はただ何であの特定の仕事だけがこんなに億劫で面倒でやりたくないのか探りたかっただけなんですけど……。
「まあまあ、過去生の『事象』は変えられなくても『感情』は書き換えが可能なんですよ。経験あるでしょう?」
まあね、師匠との過去生書き換えはまあまあ上手く行きましたな。
「封印を解くヒントをもらう、直接レクチャーさせる、今のあなたと統合させる……どうやるにしても、直接会う必要がありそうですね。
ここでは何ですから、ステーションへ行きましょう」
と言ってザキさんは巨大な天使姿に変身。おおー、天使バージョンだ、初めて見た。
でもって宇宙ステーションへ移動。通常次元間の移動はエレベーターか階段の昇り降りなんだけど、天使が一緒の時は翼で包んでもらうと一瞬で移動できる。


……続きます(^_^;)
テーマ:自己探求
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。